2015年12月20日 (日)

長崎県黒島

佐世保市を訪れるようになって知った「坂道のアポロン」というアニメがある。
1960年代の佐世保が舞台の、学園&ジャズ漫画。 原作は小玉ユキ、佐世保市が出身ということで、アニメ全般に1960年代の佐世保の美しい風景がふんだんに登場する。
そのアニメの感動のラストシーンが、今回の旅先、黒島天主堂。
「坂道のアポロン」を知らなかったら、黒島へも生涯訪れることはなかっただろう。
黒島天主堂には、相浦から小さなフェリーで50分の船旅。
 
280
 
300
 
冬ということもあり、観光客らしき人影はいっさいなし。
おかげで天主堂にはただ一人、思う存分堪能することができた。
クリスチャンでもない自分が、教会で時間を過ごすことなんて一度もなかったが、荘厳な礼拝堂にたたづむと、自然と畏敬の念を抱かずにはいられない。
感情的には、いつものように一人荘厳な仏前にたたづむようなものである。
残念ながら礼拝堂の撮影は禁止だったので、絵ハガキの写真を記念として購入した。
 
317
 
319
 
330
 
天主堂を後にして、歩いて10分ほどのところにある、この島唯一のカフェ海咲へ。
予想どうり客は自分一人。 外観は食品工場の一角を使用しているので、少し風情はないが内装はウッディな居心地良いもの。
海鮮和風パスタと珈琲をいただきながら、ひとしきりお店のおねーさんと楽しく雑談。
この島の住民の9割はクリスチャンで、毎週日曜日には50-60人が天主堂のミサに集まるのだとか。
あとはこの島の暮らしだとか、もろもろ。
 
346
 
348
 
あまり話しこむと、島を巡れなくなりそうなので、話をほどほどに切り上げ、島の散策を再開。
島の南側は断崖絶壁の上に、開拓村の家屋が点在していた。
昔ながらの防風林に囲まれた古い家屋に、畑が点在するこの島独特の風景が広がる。
そのほとんどが、昭和30年代からほとんど変わっていないのではないかと思われる古民家ばかり。
佐世保市の人には、黒島行っても何にもないでしょうと言われたが、これほど古い集落の風景が残っているところは、日本でもあまりないのではないか。
山上集落を巡るのがライフワークの私には、楽しくてたまらない風景だった。
 
377
 
385
 
403
 
421
 
443
 
444
 
ひとしきり日本の原風景の撮影を楽しんだ後、また小さなフェリーに乗って黒島をあとにした。
今日は黒島で自分らしい旅ができて、満足満足。
「坂道のアポロン」の最終話。興味があれば是非全編見て欲しい。
ちょうど今60歳くらいの人には、感涙ものかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月19日 (土)

九十九島の夕焼け

九十九島に沈みゆく夕暮れ 刻々と変わる夕暮れの表情を追いかけて撮影。
1時間以上粘って海の夕暮れを撮影することは そんなにありません。
これだけ島が多いと 海の見せる表情も豊かで 撮影場所によってその表情は全然異なります。
金色に輝く海から深い紫色の入江まで そのあでやかな色彩に心奪われたひと時でした。
 
まずは石岳展望台から夕日を撮影。
ここで一時間ばかり、日の入りのタイミングを待って待機。
次第に大勢の人が夕日の撮影のために集まって来る。
 
154
 
166
 
178
 
187
 
221
 
展望台から一気に駆け下りて、海岸沿いの集落へ。
海が近いので、その分海に写る夕焼けが、とても綺麗でした。
人家がシルエットで浮かびあがると、なんか郷愁を感じます。
 
234
 
242
 
254
259
 
最後はパールシーリゾート近くまで歩いたころ、完全に夕闇に包まれます。
その前に一瞬見せる燃えるような深い赤と青の世界。
 
262
 
270
完全に日が暮れてから、バスで佐世保市街に戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐世保散策(展海峰)

佐世保に出張中、休日をはさんだので佐世保市街近郊を散策。
まずは展海展望台へバスで向かう。
バス内で、5000円札が小銭にくずれないことが判り、あせったが、親切なバスの運転手さんに、今持ってる小銭だけでいいですよ、一日乗り放題券が500円でお得ですよということで、350円払って乗り放題券を購入。残りの150円は帰りの別のバスで払いましたが、ほんと親切な運転手さんの神対応で、朝からほっこりした気持ちになりました。
まずは展海展望台から、どどーんとこの大パノラマが広がります。
 
004
 
長崎県佐世保の九十九島は、島の密度日本一とか。
この景色はなかなか味わえるものではありません。
 
006
 
展海展望台から、写真撮りながらふらふら歩いてると、なにやら展示会の案内が。
寄ってみると海が見える古民家で、アートな空間が。
なんでもこの近くで、自然観あふれるウッディな家を建築している工務店が、開催したアートな集まりだとか。
本当に最高の偶然、本格的なカレーヌードルを頂きながら、大好きな古民家でまったり、これだからぶらぶら散歩はやめられない。
 
Img1
 
Img2
 
Img4
 
Img5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

ちょっと出雲に立ち寄って(歩)

島根県の松江に出張で三日間行ってきました。帰りに半日ばかり時間があったので、出雲大社までちょっと回り道をしたんですが、平成の御遷宮とやらで本殿を見ることができず、がっかりです。

111901

まずは松江で腹ごしらえ。タクシーの運転手に紹介された八雲庵で、鴨南蛮をいただく。
店で一押しということだけあって、鴨のだし汁は絶品。この味は関東では食べられません。
それにこの風情あるお店といったらありません。
松江城一帯は、旧武家屋敷などの風情ある街並みが残っていて、とてもいい感じでした。

111902

111903

せっかくだからと、一畑北松江線にのって一時間ばかり、出雲大社へ向かいます。
それにしてもレトロな電車でした、車窓にはちょっと物悲しい風景が・・・どっぷり昭和の時代に逆戻りした気持ちです。

荘厳な松林を抜けて、出雲大社に向かいますが、時間も3時を回って少し遅いのか、有名な割にはひっそりとしたものでした。
そして、平成の御遷宮とやらで、本殿周辺は屋根に覆われ見ることができず。
せっかく巨大な神殿を見ることを楽しみにしていたのに・・・。

仕方がないので、お隣の古代出雲歴史博物館を見学。県立の博物館だけあって、展示物はなかなか充実していた。中でも大量に出土した弥生時代の銅剣が圧巻。
古の出雲の国に思いをはせたのでした。

しかし山陰、はじめて行きましたがいいですね。やはり古い文化の香りがする街って素敵です。今度は嫁さんとゆっくり旅をしたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

沖縄の夏休み ホテルで ★★★

今回の旅行はすべて嫁さんにお任せ。
ホテルは3日間、かりゆしビーチリゾート恩納、最後の1日は同系列の那覇市内のホテル。
ホテル滞在はなかなか快適でした。
部屋の窓からは美しい沖縄の海、プールサイドでとる食事はリゾート気分満点。

080501

土日の夜はホテルのアトラクション。
沖縄の民族芸能をアレンジした舞踊は、なんか心もウキウキ。
子ども立ち共々楽しませてもらいました。

080502

今回水中の撮影のために購入した、OLYMPUS μ 795SW。
10m防水で、衝撃にも強い優れもの、今回の海水浴に大活躍。
画質もなかなか良く、これで3万円弱ですから、私的には超お買い得。
マイナス10℃でも撮影可能ですから、冬も大活躍のことでしょう。

080503
4日目の夜は那覇市内のホテルに泊まり、翌朝埼玉の自宅に戻りました。
今年も夏らしい夏休みを過ごせて、良かった~

今年の夏、子供達の心にはどんな思い出で残るだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

沖縄の夏休み4日目水納島、ちゅらうみ水族館 ★★★

昨日のかりゆしビーチの海の美しさが今ひとつだったので、今日は急遽折り紙つきの美しいビーチがある水納島(みんなとう)に行くことにした。

朝一で、水納島に向かう高速船が出る渡久地港へ車を走らせる。
駐車場は既に島に向かう車でいっぱいだ。観光バスも数台とまっている。

行ってすぐに高速艇に乗船し、約15分で水納島に到着。
白い砂が眩しい、海がエメラルドブルーに輝く、まさに映画のワンシーンのような美しい海。
ちょっと日程には無理があるけど、来て良かった~。

080401
(写真は船の上からお隣の伊江島)

080402

桟橋から少し離れたところの砂浜がお勧めという、不確定情報を頼りに、島の反対側へ歩いたが、どうやらそのようなところはなさそう。少し島内を散策して、最初のビーチへ戻る。

080403

夢にまで見たエメラルドグリーンの海、子供たちも大喜びで親としては見せてあげられて良かった~。
魚は見れますか?と地元の人に尋ねたが、少し沖に行かないと難しいかもということで、ちょっとがっかり。しばらく浅い海で遊ぶが、やっぱり魚が見たいということで、シュノーケルセットをレンタルした。
しかしこれが凄い安物で、水中眼鏡から水は入るので、長くつけていられない。シュノーケルも500円で買い取る、単なるパイプ。
正直これではシュノーケリングなんて楽しめないので、そのつもりがあったら絶対持参することです。

080404

まあそんな用具ですが、なんとかだましながら使用して、沖に行ってみる。
少し沖に出ると、海底にはさんご礁がちらほら。そこには色とりどりの魚が泳いでいました。美しいです、見とれてしまいます。
ホントにいるものですねえ、まるでテレビの番組のようです。
いくら見ていても、飽きることはありません。

080405

ひとしきり海で泳いで遊んだら、海のでカキ氷。
これが沖縄の夏なんですねえ。

そして2時には、今度の目的地ちゅらうみ水族館に向かうため、沖縄本島に帰ります。

080406

ちゅらうみ水族館は、港から車で10分程度。
とにかく観光客でいっぱい、建物は巨大です。

080407

大水槽には色とりどりの魚が。当然さっき自然の海で見た魚たちも、この水槽にいました。
そして大水槽の上のほうには、ジンベエサメが悠々と泳いでました。でも2日前に見てましたから、感動は若干少なかったか?

080408

この後、イルカショーや海がめ、マナティーなどを見て過ごしましたが、海水浴の後では動き回るのもけっこう疲れるので、そこそこ見たら、一路今夜の宿、那覇市内のホテルに向かいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

沖縄の夏休み3日目かりゆしビーチ ★★★

沖縄3日目は、ホテルの目の前にあるプライベートビーチでのんびり。
透き通る蒼い海と白い砂浜に感動。

080301

080303

でもとにかく暑い。ちょっと油断するとひどい日焼けになってしまうのでラッシュガードは欠かせません。
さんご礁の残骸?のビーチをはだしで歩くのは痛いので、マリンシューズは必須です。

ひとしきり泳いで遊んだ後は、隣のビーチでアトラクション。
私と長女以外は初体験のシーカヤック。といってもシットオンのおき楽タイプですから、誰でも簡単に遊べます。

080304

そのうち潮が引き始めて、ビーチはあっという間に干潟状態に。
岩場近くに移動したら、先ほどは見られなかった熱帯魚がたくさん泳いでいた。
けれど珊瑚が荒れた磯という感じで、良く見ると痛々しい。
少し白い砂を掘ると、黒い砂が出てちょっとドブの匂いが。
おそらく生活廃水で一時期は相当荒れていたのでは?

080305

一見綺麗な海だが、沖縄の海は意外と荒れている。
明日はちゅらうみ水族館をのんびり見学するつもりだったが、本当に綺麗な海を見るため急遽明日の予定を変更し、水納島行くことにする。

080302

夕食を食べに名護市に行った帰り、海を夕焼けが紅く染めていた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

沖縄の夏休み2日目ジンベエザメと泳ぐ ★★★

夏休み2日目は、ジンベエザメと一緒に泳ぐ、シュノーケリングツアー。
朝からレンタカーで一路、残波に向かう。
約一時間で、ツアーを行っている(有)トップマリン残波に到着。
少し早めに着いたので、漁港で行われている競を見学。
と言ってもとっても小さな港なので、魚も少なめ。
でも色とりどりの魚や、変わった形の魚を見ると、沖縄に来たんだなと実感。

080201

さて簡単な説明を受けて、ジンベエザメが保護されているポイントまで、船で向かう。
今回ツアーの参加者は、スキューバーダイビングとシュノーケリングをあわせて30名ほど。
子供たちも始めてのシュノーケリングにワクワク。
装備をつけたらめいめい海に飛び込む。
海の中を覗くと、そこに巨大なジンベエザメが悠々と泳いでいた。
網に入っているので、直接近づくことはできないが、その迫力は感動もの。
海は果てしなく蒼く、ガイドがジンベエザメにえさを与えると、近くの熱帯魚たちも集まってきた。
子供たちも深い海を恐がることも無く、めいめい勝手に海の散策を楽しんだのでした。

080202

080203

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

沖縄の夏休み1日目首里城 ★★★

羽田から飛行機で那覇空港へ。
やっぱり沖縄は暑い・・・と言っても鴻巣ほどじゃにけど。
那覇空港からまずはレンタカーの営業所へ。
ここで既に3時過ぎ、これから行けるところは限られてるから、まずは首里城見学。
まあ暑いから、夕方からの見学のほうが、多少暑さもしのげて良いみたい。

首里城は壮大な石垣と朱色の建物が印象的な素適なところでした。

0801001

0801002

見学のあとは、高速道路に乗ってかりゆしビーチのホテルに向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄の夏休み ★★★

夏休みの旅行は終わり。
さて子供達は、どんな思い出を残せただろうか?

080101

080102

080103

080104

080106

080107

080108

080109

080105

| | コメント (2) | トラックバック (0)