2017年2月 9日 (木)

Cafe Omnibus

横浜馬車道、Cafe Omunibus、ちょっと用事で寄ったんだけど、いいなあ、このカフェ

16508547_722272474615528_5764128275

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月26日 (月)

鎌倉江ノ島電鉄

実は長女にとって初めての鎌倉。どこを案内しようかと迷ったが、やっぱり江ノ電は外せない。
定番の極楽寺駅で降りて、稲村ケ崎、鎌倉高校前と海を見ながらぶらぶらと。
青空に映える海もいいけど、どこか物憂げな海をぼんやり眺めるってのもなかなか贅沢だと思うのだが。
歩きすぎたので、スラムダンクに登場する踏切は、また今度。
 
Imgp0987
 
Imgp0994
 
Imgp0996
 
Imgp0999
 
Imgp1004
 
Imgp1006
 
Imgp1019
 
Imgp1026
 
Imgp1029
 
Imgp1034
 
Imgp1037
 
最後は小町通りの甘味処でしめくくり、いい旅でした
15665507_696001383909304_1283571936

| | コメント (0) | トラックバック (0)

円覚寺

月曜日は鎌倉にプチ撮影旅行にでも行こうと、有給休暇をとっていた。ダメもとで、アニメーションの学校に通っている長女に、背景ネタの取材に、鎌倉でもいかないか?と誘ったら「行く」という返事。
大学受験で忙しい、三女と嫁さんを残し、ふらっと鎌倉へ。
紅葉はとっくに終わっていて、この時期の鎌倉は味気ないかな?と思ったが、それはまったくの杞憂でした。
修学旅行がないこの時期、鎌倉はつかの間の静寂につつまれる。それがなんとも贅沢なんですね。
禅寺らしく円覚寺は人影まばらに、ひっそりと静まり返り、いつもの賑わいはうそのよう。この佇まいがまたいいんですよ。
紅葉とかに惑わされることなく、一つ一つが絶妙に計算つくされた建物とか木立とか、この配置が際立ちます。
たっぷり資料をカメラに収めて、円覚寺を後にしました。
なんか写真のピントが甘いようです。もう少しカメラを使い込まないと。
 
Imgp0782
 
Imgp0784
 
Imgp0801
 
Imgp0823
 
Imgp0853
 
Imgp0854
 
Imgp0861
 
Imgp0867
 
Imgp0882
 
Imgp0888
 
Imgp0902
 
Imgp0921
 
Imgp0934
 
Imgp0944
 
Imgp0960
 
Imgp0963
 
Imgp0979

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月25日 (火)

鎌倉・円覚寺

雨がシトシト降り続くなか、明月院から円覚寺へ。
こころ静かに北鎌倉を巡ります。
弟が旅立って、もう一週間、明日は初七日です。
11261
 
11262
 
11263
 
11264
 
11265
 
11266
 
11267
 
11268
 
11269
 
112610
 
112611
 
112612
 
112613
 
112614
 
112615
 
112616
 
112617
 
112618

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鎌倉・明月院

それなりに家族のごたごたがあるかなと思って、休暇をとっていたけど何にもなかった。
平日の休み、せっかくなので鎌倉に故人を偲び、お寺巡り。
鎌倉の紅葉も、そろそろ見ごろを迎えたようです。
まずは丸窓で有名な明月院から。
しっとり濡れた紅葉や石畳が、心にしみます。
11251
 
11252
 
11253
 
11254
 
11256
 
11257
 
11258
 
11259
 
112510
お庭にはまだ入ることができませんでした。
しかし今日は人出が少なかったので、この丸窓からの眺めもじっくり堪能することができました。
 
112511
 
112512
 
112514
 
112515
明月院のお庭に佇むカフェ月笑軒。
静かに雨にぬれた紅葉を眺めると、心も落ち着きます。
いつまでも、いつまでもずっとここにいたい・・・こんな日はね。
 
112516
 
112517
あまりにも美しい古都の秋です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月16日 (火)

鎌倉 海蔵寺

今日は遅めの夏休み。
嫁さんが珍しく休暇を合わせて、どこか出かける?っていうものだから、とりあえず鎌倉まで。
嫁さんと行くのは、結婚する前以来だから、実に23年ぶりってことか。
湘南新宿ラインを使えば、鴻巣から乗り継ぎなしで藤沢までいけるので、至極便利。

10687930_338946419614804_1168186899
 
10659089_338946416281471_5068006820
約2時間で藤沢に着き、江ノ電に乗り換えて腰越まで。 FB友達の記事で紹介があった、しらすやで食事。 平日だというのに、既に行列。
でも外のデッキで、海を見ながら椅子に座って待つのは、そんなに嫌じゃない。
約30分ほど待って、室内に案内された。中は開放的で、ゆったりしていて落ち着いて食事ができそうだ。
私はしらすづくし定食(1700円)、嫁さんはきすの刺身定食(1300円)、二人でシェアして食べてちょうどいい分量だ。 しらすはどれも美味しく、キスの刺身は甘みがあって、ぷりっぷり、これまた美味。 味、値段、分量ちょうどいいあんばいで、かなりの満足感、ごちそうさまでした。
 
10668785_338946412948138_6671984666
 
10704317_338946452948134_1491549159
 
お店を出たら、鎌倉高校前駅まで海を見ながら、ぶらぶら歩くが少し暑い。
駅のベンチに座って、海を見ながら電車を待つのは、最高に気持ち良かった。
吹き抜ける風が心地よく、隣の大柄な男性はすっかり眠りこけていた(笑)
電車に乗ってうとうとしかけていると、鎌倉に到着。
ひとりのときは無理でも、嫁さんと一緒ならと小町通りへ。
なんとか、鶴岡八幡宮まで来たけど、やっぱり人混みに疲れた。
それにしても平日だというのに、凄い混みよう、休日は絶対無理。
この人混みに不安を感じたが、今日の目的地、海蔵寺に向かう道には人影まばら、やれやれ、古都の散歩はこうでなくては。
期待した萩野花は今がさかり、山門は萩のトンネルで通行不可能。 寺も風情あふれる、こじんまりとしたもので、初秋の花を楽しむには、まさにうってつけ。
しばし境内を散策したり、写真を撮ったり、椅子に腰掛けて談笑したり、なかなかゆったりした時間を過ごせた。
10604465_338946459614800_8954977581
 
10557718_338946462948133_5893370985
 
10704400_338946469614799_7793948589
 
10631110_338946549614791_4283381350
 
10468140_338946482948131_3799411161
 
10494474_338946479614798_5023263547
10680105_338946526281460_8575753378
ここから少し戻って、亀ヶ谷の切通しを抜け、北鎌倉まで歩いて、今日の散歩は終了。 今回歩いた扇ガ谷は、扇ガ谷上杉家の発祥の地であり、英勝寺や薬王院など趣深い寺もあるので、次回はもう少しじっくり巡ってみたいと思う。
10662166_338946566281456_5275196974
 
10644294_338946569614789_4895347530
帰りは今日の地震の影響で、電車のダイヤは大混乱。結局帰りはいろんな電車を乗り継ぐ羽目になり、4時間かかってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 6日 (土)

さんま祭り

三浦三崎の爺から、さんま祭りのお誘い。
これは行かねば・・・・・。

Img_20140906_180549
新鮮なさんまは、気仙沼から箱買いで直送。
 
Img_20140906_180725
さすが海の男、爺の手さばきは鮮やか。
 
Img_20140906_183635
身はプリップリで肉厚。
 
Img_20140906_185000
ちょっと火の勢いが強いか・・・・
 
Img_20140906_191453
さんまの宴は夜通し続いた。
 
Img_20140907_085923
前日に帰るつもりだったが、結局お泊り。
 
Img_20140907_090947
朝食は城ケ島にわたって。
 
Img_20140907_091756
 
Img_20140907_091531
ここしか開いてないんだよね。
 
Img_20140907_095108
まぐろの漬け丼、美味しゅうございました。
 
Img_20140907_105949
さて帰るか・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月16日 (金)

三浦半島一周

ちょっと葉山に用事があるのだが、週末出かけるのは渋滞、混雑みえみえで気が重い。
そういうわけで、有給休暇をとって平日の金曜日に出かけることにした。

せっかくなのでこのさい、ロードバイク持って、三浦半島一周でもしてみるか。
湘南新宿ライン+グリーン車を利用すれば、大船まで一本のうえ電車に自転車持ち込むのも便利である。
列車は鴻巣05:45発に乗り込んだ。
051610
グリーン車なので、周りに気を使うこともなく、至極快適に大船駅に到着。
ホームに降りれば、通勤・通学時間帯なので、かなり混雑しており、大荷物の自転車に気を使う。
自転車を組み立てて、まずは鶴岡八幡宮に向かう。
時間帯が早いので、参拝客もほとんどいない。
宮司たちが、庭を掃き清めていて、とても厳かで清々しい雰囲気が漂っていた。
051601
鶴岡八幡宮を出て、次の目的地横須賀港に向かう。
横須賀港と言っても広いので、どのあたりで休息しようかとうろうろ。
休息にはおあつらえ向きな、ウェルニー公園に到着。
116が汎用護衛艦てるづき、153が護衛艦のゆうぎり。
やっぱり理屈なしで軍艦を見ると嬉しくなってしまうのはしょうがないか。
051603
ウェルニー公園は、バラの花が真っ盛り。
平日と言うのに、多くの観光客でにぎわっていた。
051611
港とバラの庭園、異国情緒たっぷりな景観。
背景が軍艦じゃなくて、豪華客船だったら、もっといいのに。
051602  
戦艦三笠、10歳前に一度家族で来たことがあり、それ以来。
40年ぶりのご対面だけど、ほとんど記憶がなかった。
051612
横須賀の海岸通りは、大きなショッピングセンターでいっぱい。
海を見ながら買い物って、なかなか楽しいかも。
久里浜を抜けると、いよいよ気持ちよい、シーサイドストリート三浦海岸。
ここまでは、車も多くお世辞にも快適なサイクリングとはいかなかったけど、ここまで来ると、車は少なめ、なかなか快適な道となる。
051613
三浦海岸から、三浦半島の突端部をしばし徘徊。
こんなところまで入ってくる観光客なんか皆無だから、のんびりとした風景。
間口漁港から剣崎灯台なんてあたりには、どこか秘境の雰囲気さえ漂う。
051604
そろそろお腹が減ったから、三崎漁港で新鮮な海の幸にありついた。
051614
三崎漁港からは134号を使って北上するが、車が渋滞気味で走りにくく難儀した。
正直このあたりまで来ると、自転車で走るのはうんざり。
別に疲れたってわけじゃないけど、自転車で走るにはあまりにストレスが大きい。
051605
本日の目的、葉山御用邸の問い面にある、葉山シャツで開催されている、カーイラストレーションの展示会。
この中に先日お会いした、渡邊明氏のイラストも展示販売されているのです。
古民家風の店舗の二階が展示スペース、じっくり鑑賞させていただきました。
051615
購入したのがこのオレンジのマスタングのイラスト。
後日郵送され、さっそくリビングに飾りました。
051616
葉山から、鎌倉まではあっという間、それから少し渋滞気味な道を通って大船まで。
ちょうどいい湘南新宿ラインの発車まであと15分・・・・でなんとかパッキング済ませ間に合いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 7日 (土)

長谷寺・鎌倉大仏・稲村ヶ崎 ★★

鎌倉から江ノ電に乗り長谷へ。
平日というのに、電車は学生達でいっぱいというか、鎌倉の有名どころは修学旅行の学生であふれかえっている。
まあ観光地なんだからこんなものだろう。

120667

長谷で私を含めて観光客がぞろぞろ電車から降りる。
大部分は鎌倉大仏に向かうようで、長谷寺に向かう人は、意外と少ない・・・・ということもなかった。
拝観料300円を払って山門をくぐれば、やっぱりたくさんの観光客。

120668

ここは現在紅葉のライトアップが開催されているということだった。
しかし紅葉の盛りは過ぎているし、すでに日も陰り初め紅葉鑑賞としてはいまいち。

120669

奈良の長谷寺と同じく、こちらも巨大な十一面観音様がお出迎え。
しかしお堂が新しいせいか、まあそこそこの雰囲気。
高台からの海も眺めたし、プラス200円払って宝物館も見たしぐるっと回って、一応お約束の鎌倉大仏も見ておこう。

120670

鎌倉大仏は40年ぶりくらい、テレビでよく見るせいか、久しぶりという感じがしない。
そろそろ疲れたせいか、さすがに感傷に浸る余裕もない。

120660

ということで海岸に向けてふらふら歩きだす。
もともと海の近くの生まれだから、海は大好きだけどここ2,3年海には行ってない。
娘たちがもう海では泳ぎたがらないので、なかなか来ることもないのだ。

120661

初冬の海は本当に静か。
ウィンドサーファーが数人、初冬の波を楽しんでいた。
今日は比較的暖かな日だから、ウィンドサーフィンも気持ちよさそう。

120662

傾いた日差しを浴びて、海は次第にオレンジ色に。
少し物悲しい雰囲気が何とも言えない。

120663

120671

稲村ケ崎の藤沢側からの眺めが良いということなので、国道沿いにてくてく歩いて、藤沢側に向かう。

120664

稲村ケ崎公園からの江の島側の眺めは本当に良い。
夕日の写真を撮る人たちが、10人ほど集まっていた。
私もそんな一人、4時20分ごろの日の入りまで1時間ほどこの公園からぼんやり海を眺めて待つのもなかなか楽しい。

120665_2

海岸には小さな岩もあって、岩にはじける波もなかなか面白い。

120666

そろそろ日没、オレンジ色から紫色に染まる薄雲が美しい。

120672

日没の写真を撮ったら、江ノ電に乗って藤沢駅へ。
藤沢からは湘南新宿ラインで、2時間余り電車に揺られ帰宅した。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年12月 6日 (金)

長寿禅寺・円応寺・鶴ケ岡八幡宮・鎌倉国宝館 ★★★

北鎌倉あたりを、WEBでリサーチして引っかかった長寿寺。
正式には宝亀山長寿禅寺といい、足利尊氏の館跡に建つお寺。
足利尊氏を遺髪を納めた墓がある。
そして私の琴線に触れたのが、そのお庭である。

長寿寺 紅葉

WEBに掲載されている写真で見ただけで、ぜひこのお庭を拝観したくなってしまった。
紅葉の時期に合わせて、本日の拝観となったわけである。
してそのお庭は、期待以上の素晴らしさ。

長寿寺 紅葉

当然そのお庭目当ての拝観者が大勢訪れていたのだが、それでもこの庭の魅力を損なうことはなかった。
門を入ってすぐ右手に見えるのが、茅葺き屋根の観音堂。
手前には、美しいスギゴケの地面に、楓がさりげなく植えられている。
そして観音堂奥の楓は真紅に色づいていた。

長寿寺 紅葉

観音堂のはまた後でじっくり鑑賞するとして、本堂にあがり、方丈前の中庭をお座敷の中から鑑賞。
ただでさ苔の濃い緑と白砂の対比が美しいのに、本日は楓の濃いオレンジが加わり、その美しさといったら格別だ。
この庭が作られたのは割と最近、平成になってからということで、以前はかなり荒れていたようだ。

長寿寺 紅葉

少し前まで一般公開もしていないお寺だったので、人知れずひっそりとしたお寺だったようである。
数年前春と秋の、金土日の晴れた日のみの公開するようになったとのこと。
一眼レフ禁止であったようですが、今はそれも解禁され、多くの方で大盛況。

長寿寺 紅葉

別に古いだけが価値ではない、新しいお庭だって美しいものは美しいのだ。
華美になりすぎず、そこはかとなく奥ゆかしいお庭が人気の理由だと思う。
要するに庭に品があるのだ。

長寿寺 紅葉

方丈の中庭を鑑賞したあとは、再び表に出て、観音堂へ。
裏手にもみじは、光を透かして一層鮮やかに。

長寿寺 紅葉

長寿寺 紅葉

観音堂と真紅のもみじ、今日一番の紅さかな。

長寿寺 紅葉

竹林ともみじ、この色の対比が素敵だ。

長寿寺 紅葉

尊氏公のお墓、かなり小さい。
調べたら、京都のお墓もかなり小さい。
尊氏公、慎ましい人だったのですね、きっと。

長寿寺 紅葉

長寿寺を出たら11時半、まだ空いているうちに食事をしようと入ったのが、建長寺前の「かまくら五山別館」。
お勧めということで、けんちんうどん山菜寿司セット(1200円)を頂く。
ベタな観光客相手の店でちょっとお値段高めであるが、味は結構好みで美味しかった。
後で知ったのだが、けんちん汁は建長汁がなまったもの、発祥はこの建長寺で出された精進料理とのことである。
量もちょうどよく、お昼も鎌倉らしいものをいただけたと、満足である。

円応寺

腹ごしらえが終わったあとは、すぐ近くの円応寺へ。
ここの本尊は閻魔大王と一風変わったお寺だ。
閻魔大王を中心に、死後の世界を司る十王像がづらりと並び、摩訶不思議な世界を醸し出している。
像一体一体もユニークでありながら迫力がありとても面白い。
この閻魔大王は運慶作という伝承もあるが、あくまで伝承ということ。
素人目からも、運慶の作とはとても思えない。

円応寺

当初源氏山方面の紅葉を楽しむつもりだったが、既に紅葉についてはお腹いっぱい。
それではと鶴ケ岡八幡宮へと向かう。
今年の正月明けに来た時は、すごい人出でとても近づけなかったが、今日はまあそこそこの人出。
お参りしだけして、鎌倉国宝館へと向かった。

鶴ケ岡八幡宮

鎌倉国宝館では、「仏像入門-ミホトケをヒモトケ-」が開催中。
なかでも、十二神将立像が素晴らしかった。
その表現方法は、まるでアメリカンコミックのヒーローのようだ。
やっぱり仏像は元祖フィギュアとしか思えない。
全く見ていて飽きない仏像郡であった。

鶴ケ岡八幡宮

鶴ケ岡八幡宮を後にして、江ノ電に乗るため鎌倉駅を目指す。
しかし鎌倉駅に向かう小町通りは、平日というのにすごい人だ。
途中この通りを歩くのを断念し、鶴ケ岡八幡宮参道に迂回した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)