2013年9月14日 (土)

Panaracer RACE Evo2 L と A

やっと仕事も一段落ついて、自転車で走る時間ができた。
と思った3連休の初日、また最高気温32度かよ・・・・。
あまり走る気しないけど、日曜日と月曜日は台風の影響で雨予報。
気が向かないまま、走り出すとやっぱり暑くて、だらだら走るだけ。
そんなブルーな気持ちに追い討ちをかけるように、バシュ!プシュルルル~とタイヤがパンク。
まあ田舎道をダラッ~と走っていただけだから、慌てもせず日陰に入ってパンク修理。

091403

がしかし、よく見ればサイドカットで完全にタイヤは逝っちゃった。
最近のパンクのパターンはこればっか、パンク即タイヤ買い替え。
そんなわけで、前回(6月中旬)リーズナブルで高性能という、Panasonic RACE Evo2 L を買ったのだが、L = light という軽量モデルのため、やはりサイドは弱かった。

091401

091402

091404

L=light と A=all around と迷ったのだが、ツールド美ヶ原を控えていることもあり、L にしてしまった。
実質販売価格の割に、性能は良かったのだが、普段使うにはやはりちょっとヤワすぎる。
結局ここから引き返し、本日の走行距離60km。
最近全然走れていないから、体重は増える一方、この三連休も体重オーバー気味は解消しそうもない。

仕方がないので、いつものショップでタイヤを買おうと店に行ったが、そこの店には Panaracer RACE Evo2 は置いていなかった。
仕方がない、ネットで買うか。

対価格性能比と評価コメントを見ると、やっぱり同じタイヤにするとして、あとは L か A か。
結局こちらのサイトを参考にして、今度のタイヤを決定。
やはりサイドカットを避けたいので、サイドにも対パンクベルトが入っている、RACE Evo2 Aに決定。
最初から、参考サイトのようにわかりやすい説明があれば、絶対 RACE L じゃなくて RACE A を買っていたのに。

早速アマゾンで Panaracer RACE L Evo2 を購入。
2本で6,544円送料無料、いくら高性能でも自転車タイヤとしてはこれくらいが妥当だと思うのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 7日 (日)

FF21、ニュージャージデザイン

Pic01

Pic02

オーダーしていたオリジナル・デザインのジャージが出来上がった。
結局18人のメンバーが、このジャージを購入。
シンプル&クリーンで、イベントはもちろん普段から着てもらえるジャージができたんじゃないかと思う。
やっぱり自分がデザインしたジャージが、できあ上がるって嬉しいものだ。
早くこのジャージでトレイン走行といきたい。

このオーダージャージは、Champion System で作成しました。
手頃な値段で作成でき、なかなかお値打ちだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年2月 1日 (金)

ニュージャージオーダーしました

FF21で作成を進めていたニュージャージ、本日注文しました。
一応倶楽部非公式ですが、18人もの方々に希望をいただき、念願のジャージ制作までこぎつけました。
正直今のジャージは、自転車のイベントには、ちょっと似合わないかな?とあまり着ませんでした(^_^;)。
今回のジャージは、イベントに着て走ることを目的に、皆さんの意見を聞きながら作成してますので、FF21軍団をイベントで見られることも増えるかと期待してます。

013101_2

013102_2

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年9月23日 (日)

ジャージデザイン2

ジャージデザイン第2段。
メンバーの意見を参考に、前回のデザインをアレンジ。
梅丹本舗チームジャージキャンペーンロゴを入れてあります。

デザイン1、ストライプ
Design01
デザイン2、インパクト
Design04
デザイン3、マルティーニストライプ
Design08
デザイン4、ブーメラン
Design09

茶々丸さんのリクエストに答えて、kai さんカラー

Design0901
デザイン5、チェッカー
Design05
デザイン6、ロゴの試行
Ff21logo2

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2012年9月14日 (金)

ジャージデザイン

最近FF21にも新規会員が増えて、ジャージを追加オーダーすることに。
この際新しいデザインにするか?ということでちょっとデザインしてみました。

まずはFF21のロゴ。
いろいろイベントなどに出ると、他のチームジャージなんか見るわけですが、やはりかっこいいロゴは印象に残る。
というわけで、ちょっと頑張ってみた。
以前のかもめのイメージから引きついで、鳥の羽をデザインしてみる。
FreeFlight21のフォントは、インパクトを20度傾けてスピード感を出す。

Ff21logo

デザイン1、割とオーソドックスな色分けデザイン。
Design01
デザイン2、クラシカル、普段も着やすい?
Design0201
でざいん3、シンプル
Design03
デザイン4、インパクト
Design04
そのほかリクエストがあれば、いろいろデザイン考えてみます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)

勘弁してよ、ミシュランPro3

タイヤをチューブレスから、クリンチャータイヤ、ミシュランPro 3にして一週間、まさかタイヤがこれほど弱いとは。
あっさりサイドカットで、お亡くなりになってしまいました。
まあネットとかで、性能はいいけど耐久性はないとか言われてますが、まさかこれほどとは。

090803

交差点でなんの気無しに側溝を通過しただけなんですが。
パンク修理後、パンクした場所をよおおく観察したんですが、段差とか突起とかは一切なし。
側溝にしてはやけに丁寧に、段差を埋めるプレートまである。

090804

これを曲がりながら通過しただけなんですが?
別に流していただけだから、スピードもバンク角もたいしたことがなかったはず。
結局150kmほど走っただけで、タイヤは終わってしまった(T_T)。

在庫処分で3000円だからいけなかったのか、3000円だからまあ仕方ないのか微妙。

昨年の7月からサイドカットが続く。
コンチネンタルGP4000Sで2回、ミシュランPro3で一回。
結局昨年から1年間でパンク4回中3回がサイドカットとは・・・。

やっぱりトップグレードのレーシングタイヤって、サイド弱いのか?
まあサイドペラペラだからな。

というわけで、とりあえず今回サイドカットしたタイヤの代わりとして、スペシャライズド TURBO PROを装着。
ショップの兄ちゃんに、ぶつくさ泣き言をいったら、まあこれがおすすめとのことでした。
どうせタイヤの性能の違いなんて、たいしてわからんのだから、ミドルグレードでもいいじゃんということ。
練習用なので、性能はともかく耐久性はいいはず?

それにしても1000kmやそこらで、サイドがスパスパ切れる高級タイヤってどうよ。
なんか高級タイヤ購入する気がもはや萎えた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

ロードバイク用チューブレスタイヤと格闘その2

ADDICTで出かけようとすると、なんだかタイヤがフニャフニャ。
タイヤを調べてみると、小さな尖った石がタイヤに突き刺さり空気漏れ。
チューブレスタイヤなので、完全に空気が抜けることはなく、スローパンク。
ということは、一応チューブレスという特性は生かせたわけだ。
走行距離もそろそろ4500kmくらいだし、富士チャレンジ200kmも近いので、そろそろ替えようと思っていたのでちょうど良いタイミングと言えなくもない。

早速チューブレスタイヤを購入・・・とも思ったが何しろ普通に買えば1本7000円。
その前にほんとにチューブレスを買うべきか、ググってみる。
とやっぱりヒットしました、ツーリング途中でパンクしてひどい目にあった話。
以前タイヤをローテーションした時もかなり難儀したからな。
パンクしにくいとは言え、結局パンクしたし。

090201

乗り心地やパンクのしにくさを選ぶか、いざパンクしたときの扱いやすさを選ぶか、迷った挙句結局クリンチャータイヤにすることに。
いつも利用している海外通販サイト、wiggle でcontinental grand prix 4000sが3786円。
確かに wiggle は安いけど、購入してから届くまでの日数がけっこうまちまち。
早い時と遅い時があって日数が読めない。
9/22のチャレンジ200に合わせるには、少し不安だったので、国内サイトを調べてみる。
特価でMICHELIN PRO3 Race が2980円を見つけたので、これに即決。
タイヤ2本、チューブ2本で合計7700円、翌日の午前中には届いた。

日曜日の倶楽部ランが中止になったので、ゆっくりタイヤを交換することに。
しかしここからがタイヤとホイール(WH-7900-C24-TL)との格闘。
まず今まで装着していたチューブレスタイヤが外れない。
シーラントでタイヤがホイールに完全に接着されている。
どうあがいても、ホイールからタイヤが外れないので、カッターで切り離す。
なんとかタイヤを外すことができたが、ホイールにはシーラントのカスがびっしり糊状にこびりつく。
ホイールから丁寧にかすをそぎ落とすのがまた一苦労。
そのあとタイヤをはめるが、案の定なかなか固くてはまらない。
チューブレスタイヤ用ホイールなので特性上、リムが少し大きいようだ。
結局これもビートを丁寧にセンターの溝に落とし込まないといけないらしく、普通のホイールに比べて作業時間はかかるし、力もかなり必要。
タイヤレバーを使って無理やり装着、ここまで1時間くらい、ふ~疲れた。
結局この手続きをもう一回繰り返して、タイヤ装着完了。

確かにチューブレスタイヤの乗り心地は良いし、パンクのし難さも判る。
しかしそれ以外に、値段は高いし、取り付け取り外しはいろいろめんどくさいし、時間がかかり力も必要。
えてしてパンクってのは、山の中とか日暮れまじかとか、あまり余裕のないとき起こるもの。
ほんと、ツーリングの途中でパンクしたら、泣くな。
正直チューブレスタイヤ、ホイールの選択ばかりは後悔している。
店の人の勧めで、その時選択肢になかった、チューブレスタイヤをホイホイ取り付けるのはちょっと考えもの。
これから購入する場合は、自分でいろいろ調べて、どちらが自分のスタイルに合っているかを考えたほうが良さそうだ。

チューブレスタイヤでひどい目にあったということではないが、自宅で2回交換してあまりにも欠点が目立った。
やはり自転車は安心して乗れるってことが一番大切なことだ。
その点チューブレスタイヤのイマイチ感は残念だ。

翌日MICHELIN PRO3 Raceで30kmほど朝練。
乗り味もgood、以前のチューブレスタイヤFUSION3とあまり変わらない。
乗り味については、ホイールの性能が大きいようで。
あとは前後で100gほど軽量になっているからか、なんだかちょっと走りが軽くなったような気がする。
坂道に行ったら、もっと違いがはっきりでるかも?

結局チューブレスタイヤで、一年で1回パンク、チューブレス以前でもパンクは1年に1~2回だから、そんなに変わらないかも。

ロードバイク用チューブレスタイヤと格闘その1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月 7日 (月)

ロードバイク用チューブレスタイヤと格闘その1

自転車を購入して約半年。
そろそろタイヤのローテーションを行わないと。
しかしこのタイヤ、チューブレスタイヤで一度も外したことがない。
パンクなんかした時には、はじめてはかなりてこずるということなので、ちょうど良い機会だ。
雨で汚れた自転車の掃除が完了した後、作業開始。

タイヤをリムから外す時、いきなり手間取る。
予想はしていたが、思った以上にタイヤのビートワイヤーが硬くなかなかリムから外せない。
悪戦苦闘してもなかなか外せないので、WEBで調べてみると、一旦すべてビートをリムのセンターに落とすとはずしやすいとあった。
そして何とかタイヤをリムから外すことに成功した、ふうう~やれやれ。

次に厄介なのがタイヤのシーラントが液状で、タイヤを外す時当然こぼれて回りが汚れる。
出かけた先では当然ウェスもないから、これはかなり難儀しそう。
まさかウェスを持ってロードバイクもないだろうから、ティッシュを携帯するくらいしか、対策はない。

シーラントを丁寧に拭き取って、前後のタイヤを交換。
さてやっぱり問題になるのが、タイヤをリムに装着する時。
ビートのワイヤーはとっても堅くて、手だけじゃ絶対無理。
薄めた石鹸水やビートワックスを、リムとタイヤの接触部分に塗るとやりやすいとか書いてあるけど、これは変な話。
ツーリング途中のパンク修理に石鹸水だとか・・・・あり得ない。
というわけで、さっさとタイヤレバーを使って、ビートワイヤーをリムに落とし込む。
チューブがあるわけでもないのだから、クリンチャーより気を遣わなくて済むと思うのだが。
(その後WEB等によると、空気のシール部を傷めないように、レバーは使用厳禁だそうだ。
でもレバーなしで取り外し私には無理。)

最後までビートを落とす前に、シーラントを適量チューブに流し込んで、2~3回タイヤをぐるぐる回し、完全にビートをリムにを落とす。
シーラントがないと、チューブレスタイヤは空気が抜けやすいということなので、汚れてめんどくさいけど、シーラントは必ず入れなければならないらしい。

さてまたまためんどくさい、空気の充填。
普通に入れると、チューブじゃないわけだから空気漏れて、いっこうに空気が入って行かない。
これはたいてい、バルブの付け根のところに、しっかりビートが落ちていない事が原因。
あとそれ以外のビートは、リムのセンターにしっかり寄せなければならない。
何回か、プシュプシュやった後、ようやく空気が入っていく手応えを感じた。
ときおり、パチンパチンとビートがリムに噛みこんでいく音が響く。

ふうう~やれやれ、やっと前後のタイヤを交換してリムにはめることが完了。
結局2時間近くタイヤをローテーションするのにかかってしまった。
それでも、これで出かけた先でパンクがあっても何とか対処できそうだ。

チューブレスタイヤ、乗り心地も良くパンクしにくくていいのだけど、パンクした後がやはり面倒。
長距離ツーリングには、扱いが簡単なクリンチャータイヤの方が無難のようだ。

■PS
この時のローテーションで、若干空気の減りが早くなったような気がする。
朝空気を入れれば、その日は全然問題ないレベルだが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

快適ローラー生活

カーポートの横に雨よけを付けてみました。
サイドには内側から屋根で余った、ポリカーボの波板を取り付けてあるから
横からの雨もシャットアウト・・・・のつもりでしたが、若干ミスがあって少し雨のしずくがかかります。
それでもこれで雨の日でも、家族に気を使うこともなく、外で快適ローラー三昧。
ライトも付けてあるので、ここ一週間毎日帰宅後ローラー1時間漕いでます。
最も快適にするには、若干の工夫も。

012102

まず寒さは、厚着スタートで克服。
走るわけじゃないので、暑くなれば脱げばいいだけ。
ただちょっと足先の冷たさだけは、克服が難しい。

そして問題なのは退屈さの克服。
これはまずスマートフォンを置くスタンドを作成。
次にYouTubeにアカウントを作り、再生リストに自転車レースの動画を登録。
一つの再生リストが1時間くらいになるようにする。
動画は、tour de france や giro de italia で検索すれば、それっぽいのがいくらでもヒットする。
トレーニング開始前にちゃちゃっとパソコンで登録したら、スマートフォンのYouTubeアプリで再生。
これがお手軽で、ローラートレーニングにはもってこい。
自宅のインターネットにWiFiでつなげるので、動画の再生もストレス知らず。
画質も結構いいのですよ、これが。
今まで、スマートフォンで動画の再生なんか興味なかったから、これは感激ヽ(´▽`)/

特にお勧めなのが、PS-3用のソフト「Le Tour De France」を録画した動画。
こんなの

無線指示を想定したgo attack なんて言葉に反応して、必死に漕いだりして。

Wii だとこんなのがある

早くローラーにセンサーつけて、ゲームと連動するシステム、発売されないかなあ。

今日も雨の中一時間いい汗かいたよ~。
年末年始に増加した2kgもだいたい元にもどったし。
これで今シーズンタイムアップ間違い無し。
いや、多分タイムアップするだろう。
・・・タイムアップすればいいなあ・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月24日 (土)

X'mas present for me

ロードバイクのFELTが以前から不調。
フロントフォークのヘッド部分のベアリングが渋くて、ハンドルとられそう。
というわけで、ショップで見てもらったところ、ベアリングが錆びて固着、完全にお亡くなりになってしまっていた。
というわけで、ベアリングを交換してもらった。
何でも特殊なサイズらしく、一時は年明けか?ということだったが、たまたまショップが間違えて在庫にしていたものがぴったり。
お互い願ったりかなったりで早速交換してもらった。
ならついでに、ロードバイクに乗り始めて以来使っていたシューズもよれよれだったので、新品を購入。
Specialized Expert Road

122404

前からワイヤーで調整するシューズ使ってみたかったんだよね。
それに2万円弱でソールはカーボンだそうな。
シューズカバーを付けていても、簡単に緩めることができるのが超便利。
それに微妙な締め具合の調整がやりやすい。
使用感もGOODでいい感じです。
ショップのベアリング交換工賃もサービスしてもらって、バイクの修理は3000円かからなかった。
カレンダーももらってラッキー。

それと昨日眼鏡が完成したとのことで、JINS のスポーツサングラスをショップで受け取った。

122403

通常度付きのサングラスは、インナーレンズタイプが主流で、レンズが通常のサングラスより大きいものが多く、デザインがいまいち。
しかしJINSのスポーツサングラスは、インナーレンズではなく、湾曲したレンズそのものに度が付いている。
したがって室内では、風景が若干ひずんで違和感があるが、外を自転車で走る分には全然問題ない。
自転車用に設計されたものもあるが、今回はよりレンズが小さくスマートに見えた、一般スポーツ用。
暗くなって走ることもあるので、レンズは標準より若干明るめにしてあります。
価格も20000円弱と、度付きサングラスとしては充分リーズナブル。
これで今より若干スマートに決められるか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)