2016年11月20日 (日)

カフェ はまぐり堂

大震災の光と影。こちらは光のほう。
石巻市蛤浜にあるカフェ、はまぐり堂さん。
ここも大震災で壊滅的な被害を受けたとのことですが、地元のかたの努力で、見事カフェとして復活。
今ではひっきりなしにお客さんの訪れる人気のカフェに。
古い民家がとても居心地よく、ほっこりします。
当然ここの名物鹿肉カレーをいただきました。
ここに来るために、石巻まで・・・・という価値はあります。
ゆっくりゆっくり流れる時間、一人で2時間近く長居してしまいました。
Pb200131
 
Pb200132
 
Pb200133
 
Pb200136
 
Pb200137
 
Pb200139
 
Pb200141
 
Pb200142
 
Pb200144
 
Pb200145
 
Pb200150
 
Pb200154_2
 
Pb200158
 
Pb200166

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石巻市 大川小学校

大震災の光と影。こちらは影のほう。
せっかく石巻に宿泊するというので、たまたま帰省していた石巻出身の浅野氏とイオンのスタバで合流。とりとめのない話をしながら、以前から何回か話題にあがった大川小学校の悲劇についても話をした。浅野氏は以前からこれは人災だと憤っていた。
自分なり大川小学校の被災について、いろいろ調べるといくつかの疑問が浮かんできた。やはりこれはその現場に立ってみないと、ということで今回は大川小学校の跡地に立っていろいろ考えてみたい。
大川小学校の跡地は時間が止まったまま。日曜日ということもあり、ひっきりなしに見学者が訪れる。
その場に立って、やはり疑問というか不自然な違和感。小学校のある場所は、河の水面より低いくらい。堤防もさして高いわけじゃなく、津波などより洪水の危険が高いくらい。
なぜそんな場所が、地域住民を含め避難場所に指定されていたのか。やはり高台の避難場所が、事前に指定されているべきだったと思う。
そして津波という非常事態なら、やはり山側に逃げることは可能であった。日本人の悪い癖で、周りと同じなら安心してしまう。また協調性を無視しても、自分は助かるという行動を起こさないという特性が、悲劇を招いたのではないだろうか。
やはりこの惨事が愚かな判断によって引き起こされた悲劇であることを後世に語り継ぐためにも、この現場は保存しておいてもらいたい。
 
Pb200168
 
Pb200169
 
Pb200170
 
Pb200172
 
Pb200173
 
Pb200174
 
Pb200175
 
Pb200177
 
Pb200178

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月18日 (金)

松島 円通院

弟の三回忌ということで、母と兄の三人でお墓のある仙台へやってきた。
法要は明日なので、今日は紅葉のお庭で有名な、松島の円通院へ参拝に伺った。
平日とはいえ、天気もいいこの日は紅葉見物の参拝客でいっぱい。
昨年の雨の夕暮れ時に訪問した時のほうが、しっとり落ち着いて雰囲気は良かったかも。
とはいえ、茜色や黄色に染まった境内をみて、母も喜んでくれたみたい。
さすが弟の愛した仙台、松島、見どころはいっぱいだ。
しかしまだ弟の勧めてくれた桜の時期に来てないな、近いうちにぜひ。
Pb180012
 
Pb180018
 
Pb180019
 
Pb180025
 
Pb180033
 
Pb180046
 
Pb180050
 
Pb180062
 
Pb180063
 
Pb180067
 
Pb180071
 
Pb180080
 
Pb180088
 
Pb180095

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 8日 (日)

松島円通院の紅葉

弟が昨年他界して、今日は一周忌、納骨も済ませてきました。
お墓は海が見える高台の素敵な場所、これでやっと落ち着いた。
納骨の後は、松島を見下ろすホテルの展望レストランで食事会。
ここは弟が大好きで、時々家族で食事をした思い出の場所だそうです。
今日は残念ながら雨で、松島も雨で霞んでいました。

食事会の後は、一人円通院の紅葉の境内へ。
いつもなら大賑わいなんでしょうが、雨の3時を過ぎれば、早薄暗くなり、人影もまばら。

しっとり濡れたお庭の紅葉を堪能。 寒冷地らしい燃えるような赤で、京都や鎌倉とはまた一味違う趣が素晴らしい。
茅葺の本堂や池といった演出もぬかりない。
来年もまた紅葉の時期、墓参りがてら、宮城の秋を訪れてみよう。

14218

15021

15322

16524

16625

19331

18529

20637

21741

23447

21440

23749

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 7日 (土)

遠刈田温泉ペンション飛鳥

仙台近辺の宿を探したのですが、どこも紅葉シーズンでいっぱいらしく、残っているのは高級ホテルと、ちょっと怪しげな民宿ばかり ^^;)
ならば少し離れた温泉宿はと予約したのが、遠刈田温泉のペンション飛鳥。
ペンションと言っても、建物はダム湖に沈む古民家を移築した本格派。
客室には囲炉裏はあるし、豊富な温泉かけ流し、食事もおいしいし量もたっぷり。ほんとうにいいお宿でした。それにお宿のお庭といったら・・・・雨でしたが秋を満喫させていただき、ありがとうございました。母も大変喜んでいました。今度は嫁さんと子供たちと一緒に泊まりたいと思います。
白石城
02301
 
03003
白石城下武家屋敷
 
04806
 
05007
 
05808
 
04705
ペンション飛鳥
 
07810
 
13417
ペンション飛鳥の庭で
 
09712
 
10414
 
11515

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月29日 (水)

小樽、札幌

出張の合間に、ちょっと時間を見つけて、小樽と札幌の街を写真撮影。

小樽は札幌から電車で40分くらい、札幌の街は近代的すぎるから、どこかレトロ感たっぷりの小樽の街並みは惹かれます。
またしても夜の訪問だけど、美しい小樽運河の散策は、楽しいものです。
031
 
005
 
012
 
014
 
016
 
022
 
027
 
翌日は仕事が終わってから、しばし札幌市街をぶらぶら。
まずは旧北海道庁舎から。
 
036
北海道大学北方生物園をぐるっと一回り
 
086
 
090
 
北海道知事公館、こちらもなかなか素敵な建物でした。
 
116
 
大通公園に戻って、札幌市資料館を覗いたら、イラストレーターのおおば比呂司の展示スペースがあったりして、けっこう楽しめました。
 
128
 
141
 
143
 
翌日は仕事が終わったら、そのまま千歳空港から帰宅しました。
 
166
 
171
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月23日 (日)

七ヶ浜町・多聞山(松島湾)

弟の葬儀も無事終わり、気持ちの整理もつきました。
葬儀の後、弟が好きだった七ヶ浜、多聞山に寄ってきました。
ここは弟の自宅から車で10分ほどのところにある、松島湾を望む高台。
春の桜の時期は、とりわけ美しいと言っていたっけ。
癌告知から4年あまり、入退院を繰り返しながら、一日一日大切な時間を家族とともに過ごせた日々、短いながらも充実した人生を送れたと思います。
葬儀で読まれた娘の弔辞、あんなに娘から慕われて、弟は本当に幸せ者でした。
家族の行く末は、私がしっかり見届けるから、安心して見ていてくれ。
娘が3人から5人になっても、そんなに変わらないから ww
来年の桜の時期、またここに来ようと思います。
11241
 
11242
 
11243
 
11244
 
11245
 
11246
 
11247
 
11248
 
11249
 
112410

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月16日 (日)

伊達家墓所 瑞鳳殿

仙台の病院へ2歳下の弟のお見舞いに行ってきました。
お見舞いと言っても、弟は末期の肺がんで、もう意識はほとんどありませんでした。
実際にこの目で見るまでは、実感がわかなかったのですが、厳しい現実を目のあたりに見ると、言葉を失うしかありません。
幸い弟家族(嫁さんと、娘二人)はとても仲が良く、長女のボーイフレンドを伴って、うちの父母、兄とみんなで賑やかなお見舞いとなりました。
やさしい家族に見守られ、近日中に旅立つことでしょう。
そうはいっても、今週末には長女の成人式衣装の写真撮影、次女の大学合格発表、義母の癌闘病生活のお手伝い、etc と現実は容赦なくいろんな出来事を伴って過ぎていきます。
そんなわけで、しばらく不安定な気持ちが続きそうです。
すみませんが、このスレは近況報告でして、コメントは控えてください。今コメントされても、気持ちの整理がつかず、うまく言葉が見つかりそうもありませんので。
写真は宿泊施設前の、伊達家廟堂、瑞鳳殿、瑞鳳寺。
父母と供に、安らかな旅立ちをお祈りしてきました。
<追記>
11/19 AM 11:08 永眠しました。
母が看取ってくれました。
11161
 
11162
 
11163
 
11164
 
11165
 
11166
 
11167
 
11168
 
11169
 
111610
 
111611

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月25日 (木)

札幌出張その4

札幌の煉瓦づくりの建物に萌え~。
規模も大きく、その美しさに圧倒されます。
札幌ファクトリーの、ツタが絡まる壁と窓がいい雰囲気。
 
09251
 
09253
 
09254
札幌ビール園。
巨大な煉瓦造りの建物がたまらん。
窓の表情がまたセンス抜群。
 
09255
 
09256
 
09257
 
09258
 
09259
 
092510
 
092511
昼間の打ち合わせの後、もう一度引き返して写真撮影。
 
092512
旧札幌庁舎。美しい建築です。
09261
 
09262
 
09263
 
09264
 
09265
時計台はいつ来ても、地味だ・・・
 
09266
 
09267
さて仕事も終わったことだし、帰るか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月24日 (水)

札幌出張その2

クライアントとの打ち合わせが早めに終わったので、モエレ沼公園に行ってみた。
札幌大通公園から、無料シャトルバスが出ているので、とても便利。
ここはイサム・ノグチ氏が基本設計したことで有名。
普通の公園とは趣を異にする、アートな雰囲気がとても素敵だ。
09241
 
ガラスのピラミッド。
明るい時に見れば、ふ~んといった未来的な建物に過ぎないが・・・。
09242
 
09243
 
なんか巨大古墳を連想させる丘が、この公園の特徴かな。
 
09244
 
09246
 
夜になると次第に幻想的な風景が
 
09247
 
09248
 
092410
 
ガラスのピラミッド、夜になるとそこはまるで宇宙船の内部にいるよう。
092411
 
092412
 
092413
幻想的な夜のピラミッド。
 
092414
 
実は最大の売り、ライトアップした噴水ショーは、場所を勘違いして見損なった(T_T)
 
092415
というわけで大通公園の噴水で我慢するとするか。
それでも充分綺麗でしたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)