2014年12月20日 (土)

シルクスクリーン5日目

三週目でやっと完成。今回は桜の花で失敗してしまった。(っ´ω`c)
スクリーントーンを刷るのは、随分馴れたけど、細かい所はまだまだだ。シルクスクリーン、奥が深いな。
10730967_377231209119658_3523300668
 
1507687_377231192452993_17379186703
 
10432957_377231165786329_4824154001
 
10850098_377231132452999_6031863166

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 6日 (土)

シルクスクリーン3日目

本日も引き続き版画工房で、シルクスクリーン作品作り。
今回は5色なので、5版のマスクを作成しますが、今回は特殊なマスク塗料で塗利つぶしてマスクを作成。
今回はマスクの作成のみで終了です。
10847427_371488759693903_3373387363
 
10710422_369238839918895_8157532383

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月15日 (土)

シルクスクリーン2日目

版画工房2日目。
今回はスクリーン作成から、刷りまで。
ブラックは、プリンターで作成だけど、赤はマスキングをカッターでカット。
刷りに少しコツが必要ですが、まあ納得の仕上がり。
やっぱり厚みのある紙に、インクの匂いはいいものです。
次回はどんなデザインにしようか、楽しみです。
11151
 
11152
 
11154
 
11155
 
11156
 
11157
 
11158
 
11159
 
11153
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 8日 (土)

シルクスクリーン始めました

今日はアート三昧で、版画工房フジ・グラフィックスに弟子入り。
全部で9回のコースで、シルクスクリーンを学びます。
作品も何点か作る予定です。
今日はシルクスクリーンの作品解説、作品作るのが益々楽しみになった。
11081
 
11082
 
11083
 
11084

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 8日 (日)

オートジャンボリー2012 埼玉栄マーチングバンドパフォーマンス

埼玉自動車学校で開催されたオートジャンボリーに行ってきた。
特に今年は次女が今年入部した埼玉栄のマーチングバンドのパフォーマンスがあるので格別。
なんせ今年の四月に入部したばかりなので、見るのは初めて。
スッゲ~、超カッコイイ~。
さすが全国大会グランプリ、しびれる。
娘は入部したてなので、ちょっとしか出ていなかったが、これからが楽しみ。
ちなみに娘のパートはフラッグだ。
中学の時やっていたクラリネットを続けなくて、少し残念に思っていたのだが、これならし方あるまい。
特にこのマーチングバンドは、大会の他に各種イベントにも参加が多い。
これからまた娘の追っかけで、忙しくなりそう。

070801

070802

ここに写ってるのは娘じゃないよ。
これからこんなパフォーマンスができるように、練習練習。

070803

この後ろの方で、ちょこっと写ってる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月16日 (土)

オートモービル・アート連盟作品展

週末の雨を利用して、市ヶ谷で開かれている「オートモービル・アート連盟作品展」に行ってきた。
雑誌のカーイラストレーションの表紙は、良く目にするが、それらの原画を目にするのはあまりない。
というわけで、貴重な機会に、原画のカーイラストレーションをガン見してきた。
写真撮影OKということなので、気になる作品を、カメラに収める。

061601

カーイラストレーションといっても、超リアルから、ゆるゆる系まで。
3DCGもあれば、スケッチ風にサラッと流したものまで。
どれをとっても魅力的な作品ばかり。
当然今描いているカーイラストレーションの参考とするべく、イラストに数センチの距離まで寄って、しっかり見てきた。
特にヘッドライトの描き方には、興味深々。

061602

車のプラモデルのプロトタイプや、ペーパークラフトも。
ペーパークラフトは、エプソンのサイトに上がっているので、これで梅雨時の余暇を過ごしてはどうだろう。
特にF1はかなりリアルだった。

アート鑑賞のあと、少し東京の街をぷらぷらするつもりだったが、すぐにでもイラストを描きたくなったので、さっさと帰宅した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

武蔵野美術大学オープンキャンパス

大学受験生の親として、今年は忙しい。
そして子供が3人もいれば、いろいろ行事が重なって大変だ。
嫁さんは次女の部活(マーチングバンド)の発表会に行くというので、私は美大志望の長女に付き合って武蔵美のオープンキャンパスへ。
武蔵美はかなりハードルが高く、入るのは難しそうだが、見学しておくのにこしたことはないだろう。
志望は日本画科ということで、日本画科のアトリエや作品を中心に見学。

061001

午後からは、日本画の講師によるワークショップに参加。
実際に日本画で使用する岩絵の具を使って、団扇に絵を描くという貴重な体験。
前々からいつかは日本画を描いてみたいと思っている私にとっても、興味津々。
絵具を自由に選んでいいよと言われたので、ちゃっかり10gくらい?2000円の高級絵具を使っている長女でした。
確かに乾いてからの高級絵具の感触は、安い絵具と全然違う。
結局少し時間をオーバーしても、真剣に作品を仕上げる長女だった。

061002

しかし関東の美大はどこも家から遠くて大変だ。
往復5時間かかったので、家に着くころはへとへとだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

MAUでアートな日(武蔵野美術大学)

昨夜娘が突然、「武蔵美で卒業・終了制作展が開催されているって」と言いだした。
あまりアートに関心のない嫁さんにではなく、私に誘いをかけたのだから、これは行かねばなるまい(嬉)。
そんなわけで午前中のFF21の役員会を途中抜け出して、昨日に続き長女と二人に武蔵野美術大学に向かう。
しかしこの武蔵美、鴻巣の我が家からは非常に行きづらい。
いづれのルートを使っても、片道2時間はかかってしまう。
結局2時半過ぎに、ちょっとお疲れ気味で、武蔵美に到着。
展示の終了は5時だから、急いで回らなけりゃいけないな。

展示されている学科はたくさんあって、とてもじゃないが回り切れそうもない。
娘の希望で、建築や工業、空間などのデザイン科を中心に回る。
さすが有名な武蔵美、作品のレベル高~。
中には思わず欲しくなるような、惚れ惚れする作品もあったりして、見ているだけでかなり楽しい。
最近作成したカーポートに取り入れたいデザインのヒントも見つけたり、創造意欲もかきたてられる。
娘と言えば、熱心に解説までじっくり読んでいて、かなり真剣なまなざしを作品に向けていた。
何か創造のインスピレーションでも涌いたかな。
これまた昨日のカフェに続き、アートに共通の趣味がある娘と過ごす時間は心地よいな。
5時過ぎまでたっぷりアートを鑑賞し終わったら、もうくたくた。
近くのカフェで少し休んで、長~い家路についたのでした。

そうそう今日は次女の高校受験の日でした(^_^;)
試験は首尾よくいったのかな・・・?

012201

入ってすぐに目に入るのがトリケラトプス?をイメージしたオブジェ。
圧巻です。

012202

素敵な椅子のデザイン2つ。
カラフルなほうはスポンジに切れ目を入れて変形させただけ。
白いほうは、完全な折り紙。
どちらもデザインのレベル高!

012203

金属パイプを曲げただけのベンチ?これ庭に欲しい。

012204

恐ろしく完成度の高いバイクデザイン。このセンスに脱帽です。

012205

なんかあるだけで生活が楽しくなるオブジェ達。
このカップで飲んだら珈琲も美味そう。

012206

グロ、エグ!と不思議なデザインオブジェ。

012207

思わず欲しくなるフォトフレーム。
大首絵はアニメーションで、時々動きます。楽しい!

012208

へ~白っていう漢字は、頭蓋骨の色なんだ。
もう5時か、まだまだ見足りない。
朝一で来れば良かったか、残念~(。>0<。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

ヴェネツィア展

100401

今日は年に一度の健康診断。
結局春から5kg減の61kg。といっても標準体重だけどね。
自転車を始めてから、毎年こんな感じで春と秋では4~5kgの体重変動。
もちろん食事ダイエットは必須で、ここのところずっと夕食のご飯(米)抜き。
それでも体重下げ止まり、このまま普通の食事にしたら体重増えるんだろうな。
おまけにやっぱり今年も脂肪肝。
酒もたばこもやらないのに・・・・。
今年はこのまま体重維持で、来年の自転車シーズンに備えたい。
スキーのほうは、ちょっと控えめに。

健康診断が早目に終わったので、先日の富士トリコローレで知った、江戸東京博物館で開催されている、ヴェネツィア展に行ってみた。
イタリアは塩野七生の著書を読んで以来の憧れの地。
といっても家族5人でイタリア旅行は、ちょいと金銭的にもきついので、子供たちが巣立つまでは行けそうにない。
せめて車やこういったイベントでイタリアを味わおう。

人気のイベントらしく、平日というのに随分人が訪れている。
最初に塩野七生の『海の都の物語 ヴェネツィア共和国 ヴェネツィア共和国の一千年 正・続』を読んで、こんな街が千年も続いたのかと驚愕だった。
そして展示作品は、美しい絵画と工芸品の数々。
といっても、正直がっかりというか仕方ないのか。
やはりヴェネツィアは、街そのものが世界遺産で、こういった展示だけではその魅力は伝えきれないのだろう。
もっともそれだからこそ、さらにヴェネツィアに行きたくなったのだが。
退職金の最初の使い道は、やっぱり二人でイタリア旅行かな・・・あと10年か。

それまではストリートビューで我慢するかと見たけど、航空写真だけ。
そうか、ヴェネツィアは車が入れないから、写真撮れないんだ。orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 2日 (火)

空海と密教美術展

073021

上野国立博物館で開催されている「空海と密教美術展」に行ってきた。
阿修羅像展でもそうだったが、最近の仏像ブームで会場は大賑わい。
当然年配者が多いのだが、それでも若い女性や若いカップルなども
随分来場している。
当然入ってすぐは大混雑で、展示物を見るのも一苦労。
最初は空海にまつわる書籍関連の資料展示が多いので
その辺をサラッとすっ飛ばして、今日の目的である東寺の仏像展示を目指す。
思ったとおり、まだ開場して1時間あまりとあって、東寺の仏像たちの周りは
案外人が少なく、かぶりつくように見ることができました。

073020

それにしても、東寺の仏像曼荼羅はなんと素晴らしいことだろう。
仏像のある空間が、まさに3D曼荼羅。
光の加減から、かなり幻想的な雰囲気を醸し出す。
イケメン仏像として有名な「帝釈天騎象像」、確かにイケメンでした。
そしてやはり、四天王の武神はかっこいい。
素晴らしい肉体表現は、とても1000年前の表現とは思えない。
「持国天」の表情に惚れ惚れ。
「増長天」の横を向いたポーズが決まっている。
どちらも斜め下から、顔を眺めるのが、一番のお気に入り。
実際、お寺で拝観するときは、こんな角度じゃ無理だからね。
隣の部屋の醍醐寺、「五大明王像」の展示も、素晴らしい。

これらの仏像の造形は、仏というより鬼神のフィギュアだね。
集めて並べたら、たまらないかも。実際売ってるし。

一応この後最初に戻って、空海関連の展示資料を見学。
密教美術、今回の展示で益々興味津々。
この秋、ちょっとまとまった時間がとれそうなので、京都・奈良へ
仏像巡りでも行ってみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧