« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月30日 (土)

天浜線

高校生時代の最寄駅、掛川始発の天浜線。
一度も乗ったことがなかったので、1日乗り放題券を購入して、にわか鉄ちゃんに。
さすが超ローカル線、時間の流れが緩い。
さほど美しくもない、故郷の景色をぼんやり眺めながら、西へと向かう。
天竜二俣で途中下車、天浜線の車両基地を外から見学。蒸気機関車時代の扇形庫と転車台が、現役で使われている。この車両基地見学ツアーが、普段開催されていると言うから、次回は必見。
直虎ゆかりの井伊谷を抜け、奥浜名湖が車窓に現れると、短い旅もクライマックス。
何にもない知波田の駅に降り立ち、帰りの列車を待つ。全線ヂーゼルなので、電車とは呼べない。悩んだあげく、列車あたりが呼びやすいか?
帰りは、井伊谷の最寄駅、金指で下車し、龍潭寺ではなく、湖北五山宝林寺を訪問。(龍潭寺は三年前に拝観済み)
普段は有料で拝観できるのだが、今日は新年の準備で伽藍のみ、外から見学。
仏殿と方丈は重要文化財に指定され、どちらも美しい屋根を持つ建造物です。普段なら、堂内の貴重な仏像を拝観できるのに、残念です。
金指で再度乗車し、のんびり揺られて掛川駅に戻りました。
車で実家近くに差し掛かると、凄く綺麗な夕焼けが。そう、子供の頃、夕焼けの記憶はこの朱色。
実家からは西の山並みが低いので、水平線近くの強烈な朱色が見えるんです。関東からだと、西の高い山並みが邪魔して、この朱色はなかなかお目にかかれない。
18年しか居なかった故郷の風景を堪能した1日でした。

Pic01_6

Pic02_5

Pic03_4

Pic04_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月29日 (金)

田貫湖から富士の夕暮れ

あまりに綺麗だったので、1時間半くらい、日が暮れるまで、ずっと富士山を眺めてました。
こんなに長く富士山を見たのは、生まれて初めてです。

Pc293328

Pc293282 Pc293341

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東光寺

武田氏ゆかりの、雲峰寺、甲斐善光寺、武田神社を巡ったが、一番印象に残ったのが甲斐善光寺の隣にある東光寺。
その仏殿は織田氏の焼き討ちにも、甲府大空襲にも焼けることがなかった重要文化財。簡素でとても美しい檜皮葺きの建物です。
そして仏殿を囲むように造られた心地よいお庭。
本堂の裏手には、有料で県指定の名勝、東光寺庭園もあるのですが、それよりも仏殿を囲むお庭のほうが心地いいほど。
とにかく住職様の心遣いが滲み出るような、そんな境内です。
惜しむらくは、仏殿の薬師如来と十二神将が近くで拝観出来ないことと、本堂が鉄筋コンクリート。もうちょっと考えて欲しかった。
それでも、寒いながらも穏やかな冬の日、静かに心ゆくまで、堪能させて頂きました。

Pic01_5

Pic02_4

Pic03_3

Pc293229

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柳沢峠と塩山下小田原上条伝統的建造物群保存地区

久し振り、と言っても30年ぶりくらいになるのだが、国道411大菩薩ラインを抜けて甲府盆地に来ました。
就職して暫く、この道を通って埼玉から静岡の実家に帰郷したもの。と言っても走るのは大抵夜中にすっ飛ばして帰ってたから、記憶も殆どないのだけど。
年末、さらに少し雪があるためか、この道がすこぶる快適。殆ど車も走ってないから、自分のペースで快適ワインディングを堪能しました。
冬枯れのこの時期でも、美しい森を抜ける道ですから、新緑や紅葉の時期は、さぞ綺麗でしょうね。
おまけに高速代かからないし。
埼玉の家から甲府盆地まで、3時間ちょっとで抜けられるから、これは盲点でした w
写真は、塩山下小田原上条伝統的建造物群保存地区です。

Pic01_4

Pic02_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月27日 (水)

大宮盆栽博物館

もう30年以上前から知ってたんですけどね、今回が初めての訪問、大宮盆栽美術館と盆栽村。
巷では、BONSAIとしてワールドワイドに有名で、毎年世界盆栽大会も開かれるとのこと。
最近日本庭園で何かと観ることの多い庭木の一形態ですから、その美しさと技巧には感動です。
ほんの数十センチの木にも関わらず、その風格は実に見事。下から見上げると、老齢な大木そのもの。
原則撮影禁止で、撮影できるものはほんの一部なのが残念。
駐車場が2時間まで無料なのと、観覧料が300円(JAF割引で200円)なのが嬉しい。
近くには盆栽四季の家もあったりして、民間の盆栽園を見て回るのも楽しそう。次回は新緑か紅葉の時期に来てみたい。

しかしなんだね、最近絵面が茶色い。

盆栽博物館

Pic01_3

Pic02_2

盆栽四季の家

Pic03_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月25日 (月)

古民家カフェ「たまりんど」

今日も小川のたまりんどで店主の阿部さんとカフェ談義。
いろいろ難しい面はあるけど、移動カフェオーナーとして、いろいろ勉強させてもらいます。夢はやっぱり、古民家カフェ・・・・。オーナーになれなくても、古民家カフェには興味深々。
これから庭で焚火カフェを試してみるとか。寒いこの季節だから火は恋しい。そんな遊びもいいのではないでしょうか。
今日もフレンチプレスでいただく珈琲、美味しかった。
フレンチプレスは珈琲オイルのコクや甘み、最後に残る粉など、珈琲の旨味を余すことなく味わえるんですよね。是非美味しい珈琲を味わってください。

Pic01_2

25734261_887931551382952_5859531737

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月23日 (土)

行田散策と日和カフェ

最近何かと巷をざわつかせている隣街へ。
こんなイベントに嫁と長女と行ってきました。
https://www.facebook.com/events/772033946301786/

「牧禎舎」は昭和初期の旧足袋・被服工場と事務所兼住宅を改装した施設とのこと。
古い工場の雰囲気を、うまくリメークした心地よい空間で、個人クリエーターの方々のアート製品展示や軽食の販売です。
一日だけのカフェ・・・ということで期待したのですが、珈琲を販売してましたが、落ち着いて食べる席がない。
簡単なゲームでぐるぐる一通り作品を鑑賞。個人で展示販売するのもなかなか難しい・・・・と同業者のようなものだからいろいろ考えちゃいました。
お土産は十万石饅頭の陸王コラボ商品。なかなか手に入れるのが難しいようですので、ラッキー。

家族連れなので、落ち着いてランチできる、近くの「日和カフェ」へ。
外観はボロ屋(^^;)なんですが、中は綺麗に改装されてます。そのギャップに驚かされたというか、う~むとうなってしまいました。まあ中のディスプレーは・・・・・ですが。内装だけでこれだけ演出できるのは、いろいろ参考になりますね。
いただいたグリーンカレーぴりりと辛くて、美味しかった。

近くの足袋と暮らしの資料館閉まってたのは残念。興味深い古民家もちらほら、次回もう少し行田も探訪してみよう。

Pic01

工場の中はフリーマーケットでなかなかいい感じの空間です

Pic02

日和カフェ、中は和みの空間

Pic03

次回は中を見学したい

Pic04

こはぜやとコラボ商品の陸王十万石饅頭

Pic05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月21日 (木)

世田谷ものづくり学校

minne の初級セミナーに参加。なんでも申し込んで参加できる確率は25%程度の狭き門だとか。平日ということもあって、男性の参加は私一人、まあそうだよね。miineのユーザーの93%は女性。
とはいえ母数が40万人もいるので、男性向けの作品も、それなりに売り上げをあげているとか。
商品の価格付け、商品の写真撮影のコツ、説明文の書き方とか、まあいろいろ役立つ情報を仕入れた。
で、その次が会場の旧池尻中学校を改装した、世田谷ものづくり学校内にある、FabLab世田谷の見学。
2~3年前からFablabには興味を抱いていて、何件か回って見てるのだが、こちらも案内してくれるというので、見学の合間に状況を聞いてみた。
Fablabといったら、やっぱり3Dプリンターなんだが、あまり稼働率は高くないようだ。私も興味はあるけど、利益に直結するような商品が思い浮かばない。今は随分安くなったから、手を出そうかどうか悩み中。会員登録したから、今度ワークショップにでも参加してみよ。
やはり需要が高いのがレーザー加工機。trotecのCO2レーザー、いいよね~。こちらは100万円超クラスなので、ちょっと手が出ないけど。金属にイラストや文字描けたら、かっこいいのだけど。車のイラストやシルエットの金属キーホルダーとか作成してみたい。などなど、やってみたいこといっぱいだ。
見学の後は、学校の教室の片隅にあるカフェで、オムカレーをいただきました。校庭を見ながらまったりカフェランチもなかなかいいものだ。

Img1

Img2

Img3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月17日 (日)

大谷の巨大地下空間

ランチの後は、大谷の巨大地下空間へ。これは凄い、感動しました。
巨大神殿を連想させる石の宮殿はとても幻想的で荘厳。
通常非公開の石のチャペルも今日は解放。
特別開催のデジタル掛け軸の、刻々変化する光の芸術に目が釘付け。なんでも100万通りのパターンがあり、同じパターンに巡り合えるのは1000年後だとか。

P1_3

P2_3

P3_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京屋茶舗

本日お知り合いになった方の紹介で、素敵なカフェに来てます。
これなら、自信もって娘を誘えるな。
次回FMMミーティングの後は娘とここでお茶しよう。

外見はちょっと大きな民家?に見えますが、中は凄く居心地の良いカフェにリノベーションされてます。
古民家の柱を多用した濃い茶色の室内、大きな窓と赤々と燃える暖炉。
外には雑木林と心地よさそうなテラス。これだけツボを押さえられるとは。
特に居心地よいポイントは、古材をふんだんに使った室内と、ちょっと薄暗い照明。古民家ではないけど、古民家に来たようなインテリアは、不思議と心を落ち着かせる効果があるようです。
個人的な好みでしょうか、明るすぎる室内は、一人でお茶するのはちょっと浮いてしまうんですよね。室内に溶け込むような、ちょっと薄暗い室内が好みです。
二階があるようだから、次回2階に席をとるのが楽しみ。
いただいた、グリーンカレー、カレーはもちろん、トッピングされてる野菜が美味しかった。ドリンクは黒豆ほうじ茶。
メニューは全体的に、ヘルシー志向のオーガニック系。お茶にはこれくらい軽い感じがいいのかな。

P1_2

P2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月15日 (金)

カフェの榊(さかき)

カフェはやっぱり平日がいい。
本日お邪魔した、なんでこんなところにカフェがあるの?カフェの榊(さかき)さん。
むかし道のトレッキング、行きは本日CLOSEの看板が出てましたが、幸運にも帰りはお店開いてました。
廃道とは言いませんが、車ではちょっと入りにくい旧道のかたわらにあります。
冬の平日ということもあり、先客の2人と入れ替わるように入ると、楽しくカフェ談義。
いきつくところは、やっぱりこういうところで飲む珈琲は美味しいよねってこと。
ちょっとこれから約束があったので、30分ほどでお邪魔しましたが、居心地よくて、ほんと後ろ髪ひかれました。あ、珈琲の写真撮り忘れた。
かわいい感じの女性マスターとおしゃべりしたい方は、この時期はおすすめ。
お店が開いているかは、要確認です。

P7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥多摩むかし道

奥多摩むかし道。奥多摩駅から奥多摩湖を結ぶ、全長11kmほどの古の道。
穏やかな冬晴れの一日、静かな古道をチャリで巡る。紅葉のシーズンは随分と賑わったというが、今日見かけたハイカーは4グループのみの、静かな静かな道。
山全体が冬枯れだから、紅葉は見事だったろう。
自転車担ぐ、細くて急な山道もあるから、その時は歩きが良さそう。
道に沿って、懐かしい古民家が点在し、ハイライトは急な斜面に現れる中山集落。いい感じで古い山上集落が残っている。
少し進むと眼下に光る奥多摩湖、ここで短い古の旅も終わりです。

P1

P2

P3

P4

P5

P6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月13日 (水)

冬のカフェ巡り

寒いけど、自転車乗らないと~。
と、すみれ食堂のランチをモチベーションに、ライド開始。
10時過ぎれば、寒いのはたいしたことないけど、風がね。20kmそこそこで1時間以上走るのはしんどい。
きのこクリームソースのとろとろオムライスは安心のお味。最近自分でもオムライス作るから、じっくり観察しながら味わいました。まあこの美味しさは、出せないけどね ^^

Img01

カフェたまりんどの阿部さんの紹介で、薪ストーブのある隠れ家カフェ、ウッドキャンパスさんにお邪魔してきました。
比企丘陵の、のどかな丘に立つおしゃれなカフェ。
駐車場には、カングーが停めてあるじゃないですか。このカングー、オーナー様の車で、将来は移動カフェやりたいんですよね・・・と。もちろん移動カフェについて、いろいろ話してきました。
近くにそんなカフェ好きの女性がいて、移動カフェやこの辺りの古民家カフェについて、楽しく歓談。
自転車乗りが好んで走るような場所に、カフェがあると嬉しいですよね。田舎に隠れ家カフェ、このムーブメント、来てると思います。
この冬は、近場のカフェを探訪しながら、まったり自転車乗ろうと思います。そろそろ、比企丘陵、イラストチャリカフェマップでも、自主作成しようかなあ。

Pic01_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »