« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月26日 (火)

日高巾着田の曼殊沙華

とにかく混んでいるということで敬遠していたんですが、ちょくちょくお邪魔している場所、一度くらい花の時期に見物に行ってみるかと、日高の巾着田に曼殊沙華を撮影に。
平日でも凄い混雑、車での見物はおすすめしませんが。
曼殊沙華はピークを過ぎていましたが、これだけの群落があるとなかなかの迫力でした。
もう一つ、今まで懸案になっていた人気のお店、阿里山(ありさん)カフェで昼食を。涼しくなってテラスでいただくカレーと珈琲、いいですね、とても気持ち良かった。カレーもフルーツ系の少し甘酸っぱい好みの味。でもカレー1100円とアイスコーヒー500円とちょっとお高め。まあ観光地価格ということで、オーガニックにこだわりがある人向け。
巾着田の古民家と高麗神社の高麗古民家にも。今は萩の花も満開。金木犀のかおる田舎道をポタリングした一日でした。

Img0

途中土手のサイクリングロードも曼殊沙華がいっぱい
 
Img2

阿里山カフェ、女性中心に大賑わい。それにしても凄い人の多さ。
 
Img3

店内は意外と狭く、もっぱらテラス席。
セルサービス、店員が多くてちょっと意外。
屋根のない席は、時々毛虫が落ちてくるとかで注意とのこと。ま、無事でしたが w
 
Img4

林のなかは鮮やかな朱色
 
Img5

最盛期は過ぎていましたが、まだ綺麗な個体もありました。
 

Img6

木漏れ日に映える
 

Img7

小川には羽黒イトトンボが乱舞
 

Img8

そば畑の向こうには古民家と日和田山
 

Img9

入り口は萩の小道
 

Img10

古民家の重圧な屋敷
 

Img11

それにしても屋根が巨大だ
 

Img12

屋敷の中を見学できないのは残念
 

Img13


 

Img15

高麗の古民家
 

Img16

古民家の中にはすすきが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

光前寺

南信の名刹光前寺。
地元遠州の早太郎伝説の早太郎はここから来たのか。
杉の大木に囲まれた美しいお寺。
苔むした参道を進むと、江戸時代に再建された均整の取れた本堂が現れます。
左手には、池の向こう岸に三重塔。杉木立の合間から見えるその姿に息をのみます。
お参りをした後は、国の名勝に指定された庭園と本坊内部の仏様を拝観。
お茶のおもてなしもあり、美しいお庭を独り占めで鑑賞させていただきました。
信州の山里で、幽玄なひと時を堪能。味わい深いお寺です。

 

P9200577

 

P9200578

 

P9200584

 

P9200587

 

P9200589

 

P9200592

 

P9200607

 

P9200608

 

P9200625

 

P9200630

 

P9200631

 

P9200637

 

P9200638

 

P9200639

 

P9200641

 

P9200642

 

P9200643

 

P9200646

| | コメント (0) | トラックバック (0)

杖突峠から伊那谷

乗鞍岳ヒルクライムの翌日は、諏訪から伊那谷を巡るルートを走ってみた。
母校の大学がある安曇野松本平は、しょっちゅう走っているが、お隣の伊那谷は高速道路で通過するくらい、ほとんど訪れることもなかった。
諏訪湖スタジアムに車を置いて、まずは杖突峠に向かう。峠の入り口までは通行量の多い走りにくい道しかなくて、少々うんざり。平地の割に人家の多い諏訪湖周辺は、自転車には向いていない。
杖突峠に入ってしまえば、時折トラックなどの通行があるものの、総じて車は少な目、道幅に余裕もあるので、なかなか快適な登りを楽しめる。峠までは標高差500mほどあるが、傾斜は緩やかなので、のんびり登っていれば、そのうち峠に到着。
峠の直前に展望台があるが、なんか有料?ぽくて景色を見るだけなのにせこい雰囲気がいまいちだったのでスルー。
峠を左折してゴルフ場方面へさらに100mほど登り、少し下ると千代田湖という小さな池がある。30年ほど前に両親と一度来たことがある思い出の場所。ひっそり忘れられたような雰囲気がとてもいい感じ。湖畔の無料のキャンプ場、今度と泊まろうか。
そのまま高遠方面に下ると、棚田のある雰囲気のいい集落が現れた。高遠周辺は、信州の旧い面影が色濃く残る街道で、立派な古民家も多い。
高遠に着くと、高頭城址公園を散策。桜の時期じゃないとひっそりしてますね。進徳館を見学のあとさらに駒ケ根市まで南下。
中央アルプスを右手に見て、高台ののんびりとした道を走るのはとても気持ちい。
そろそろお昼なので、その場で検索して見つけた高台のカフェ「きりの実」で軍鶏のつけ汁そばをいただく。高台のお店で、中央アルプスを眺めながらのお蕎麦は、美味しかった。吹く風がさわやかで気持ちいい。
昼食の後は、天竜川まで100mほど下り、300mほど登り返し光前寺へ。ここで、一時間半ほど見学して、諏訪への帰路を走る。
伊那谷の西、中央アルプスの山麓をのんびり走るつもりだったが、道が狭い割には交通量が多く走りにくい。
安曇野だったら、いくらでも走りやすい脇道が見つけられるのだが、河岸段丘で谷の多い複雑な地形、脇道に入ってもすぐに行き止まり。
泣く泣く元の道に戻り北上、のんびり景色も堪能できない残念な道でした。
辰野から有賀峠を越える道に入ったのは5時近く。夕暮れ迫る峠道を急いで登って、スタート地点の諏訪湖になんとか日没前にたどり着けました。
ツーリングのあとは、とにかく温泉。諏訪湖畔にある片倉館で、豪華な千人風呂を堪能一日を締めくくりました。
伊那谷は景色最高なんですが、伊那谷の西側はもう少し走りやすいルートを調査しないとだめですねえと、少し反省する一日でした。

ルートはこちら、獲得標高1900mと意外と上り下り多かったみたい。
http://www.bicyclemap.net/map/mymap.php…

Img1

諏訪湖畔をスタート。
お世辞でも綺麗とは言えない湖面ですが ^^;)

Img_2355

山上にひっそり佇む千代田湖

Img2

高遠、藤澤の集落。
この辺りの棚田は趣があります。

Img3

高遠、藤澤の集落。

Img4

 

Img5

 

Img6

高遠周辺には立派な古民家が多く健在。

Img7

今はそばの花が満開。もうすぐ新そばの季節。

Img8

高遠城址公園、高遠閣。

Img9

 

Img11

高遠城址公園、進徳館

Img10

 

Img12

伊那谷は黄金色に染まって

Img13

カフェ「きりの実」。
なかなか美味しいそばでした。
ソースカツどんも名物なようで、なかなか評判の良いお店のようです。
高台にあるので、景色を堪能できる嬉しいお店です。

Img14

軍鶏のつけ汁そば。
この白っぽいそばが美味しいのです

P9200595

早太郎伝説が残る光前寺。
光前寺については別スレッドで。

Img15

片倉館、豪華なお風呂でした

Img16

片倉館、千人風呂の入り口。
まるで博物館のよう。

Img17

浴室は撮影禁止。
お風呂も豪華でした。ちょっと大きすぎる湯船かな w

Img18

詳しくはこちらで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

乗鞍岳ヒルクライム

今年の夏の課題で、ヒルクライマーの聖地、3度目の乗鞍岳を計画していたが天気がいまいちで、なかなか実行できない。
昨年大河原峠のヒルクライムは、練習不足で散々な目にあったから、今回は練習充分、準備万端、あとは実行するのみ。
ということでやってきました台風一過の最高の一日。
コースはヒルクライム大会と同じ、観光センターの十字路に朝9時過ぎに到着。さすがに聖地、平日にも関わらず多くのローディーが準備をしていた。
早速支度をして、10時ジャストにスタート。今回はミラーレス一眼とか、ハイキング用の簡易シューズまで持った重装備なので、登りもマイペースでのんびりモード。
最初は斜度もゆるくて、気持ちよく登っていけるのがこのコースのいいところ。天気はピーカン、はるか先の乗鞍岳が青い空に映えます。
途中、歩いているサイクリストがちらほら。登り20kmほどで2時間近く登りっぱなしだから、準備してないと結構きついかも。私の自転車は登り用に組んであるからな、つるしのギアで来ちゃうと痛い目にあいます。
三本滝のレストハウスゲートから、一般車両は通行止め。静かなサイクリングを堪能できる幸せ。ここが聖地たる由縁だ。
このあたりから斜度も少しきつくなり、位ヶ原山荘あたりまで少し厳しい。
位ヶ原山荘を過ぎれば、展望もひらけ絶景の中をひたすら登っていく。ここをひと踏ん張りして、大雪渓下の駐車場に到着。
ここをもう少し進んだところで、穂高連峰を背景に記念撮影。マイペースで登ってきたので、1時間45分くらい。
昨年の大河原峠と大違いの、余裕で楽しいヒルクライムでした。
畳平の駐車場まで移動して、飛騨牛カレーを食した後、靴を履き替えて摩利支天までトレッキング。
少し標高をあげるだけで、穂高連峰の雄姿がせりあがってくるようで、なかなかいい感じである。
摩利支天でのんびりしたら、駐車場まで引き返し下山。
気温は15℃くらいか?下り始めるとさすがに寒いので、途中位ヶ原山荘で珈琲をいただく。
風が少しあったが、最後までいい天気。青空に浮かんだ乗鞍岳を振り返って、今日も一日楽しかった。やっぱりここは最高だね、日本一のサイクリングコース間違いなし。

コースはこちらです
https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch…

Pic1

スタート地点の観光センター前。
平日ですが天気もいいことで、登山者もいっぱい。
自転車も十台以上準備中。

Pic2

スタート地点から少し進んだコーナー。
あの山まで20kmほどを登っていきます。

Pic3

大雪渓から少し進んだところ。
向こう見える峠がこの道の最高地点、標高2716m。

Pic5

ここから見る穂高連峰が、絶好の撮影ポイント。

Pic6

畳平から飛騨側へ少し進むと、これまた絶景ポイント。
まさに天空の路、本日飛騨側は通行止めということで、車は走っていません。

Pic7

向こうから重装備の自転車が登ってきました。

Pic8

せっかくなので写真を撮っていただきました。

Pic9

 

Pic10

お花畑散歩道ですが、もちろん花はみんな終わってました。いまは草紅葉の季節。

Pic11

摩利支天に向けて、作業用車道をぷらぷら

Pic12

まるで本格的登山をしているような風景。

Pic13

摩利支天から、乗鞍岳本峰剣が峰。
バイクで1回、山スキーで2回、自転車で3回来ているけどいまだ山頂へは登ったことがない w

Pic14

北アルプスを背景に畳平を望む。

Pic15

 

Pic16

 

Pic17

 

Pic18

下り開始、紅葉はあと10日ほどか?

Pic19

 

Pic20

 

Pic21

 

Pic22

 

Pic23

 

Pic24

 

Pic27

位ヶ原山荘で、乗鞍岳を名残惜しむ。

Pic29_2

 

Pic30

やはり山で珈琲は欠かせません。
今日のヒルクライムを思い出して、にんまり

Pic31

位ヶ原山荘から来た道を振り返ると、雲が勢いよく流れていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 3日 (日)

九月の倶楽部ラン

倶楽部ランに復帰して2回目。前回グループ走がしんどかったので、今回はセカンドグループで、まったり走行・・・・のつもりでしたが。
空が高い、空気もからっと、ほどほどの暑さで一日気持ちよかった。
目的地の「日本(やまと)の里」で倶楽部ランが終了して解散、どこで昼飯食べる?いいとこ知らない?とばんちゃんが聞いてくるので、前から気になってた、秩父の「にぐるまダイニング」へ。
混雑する12時前に店に入りたかったので、ちょいと飛ばしてお店に向かう。きつ~い坂をひと登りすると、お店に到着。
お店は古かったけど、自慢のハンバーグは美味しかった。高台にあり景色は最高、ちょっとリゾート気分は嬉しかったりする。
お腹いっぱいでしばらく動けなかったから、木陰のテラスでしばし休息。
まったり帰路コースの定峰峠コースに向かう途中、HANAの近くでグループメンバーがパンク。運の悪いことにサイドカット、しかもチューブレスタイヤ。ああ、やっぱりチューブレスタイヤは、パンクするとめんどくさいな。私のホイールもチューブレスタイヤ用だけど、山の中でパンク修理が嫌だから、今はクリンチャーのみ使用。
修理完了後、定峰峠へ。のんびり登るつもりだかったけど、グループだとペースも速くなりがちで、最後にちぎられた。やっぱりスタミナ不足かな~。
定峰峠で皆さんとお別れして、いつものコースで帰宅しました。
なんやらかんやらで走行距離160km、今日もよく遊びました。

Img_2234
 
小さな小さな峠をひと登りして木陰で休憩。
日陰は涼しくてさわやか。


Img_2235
 
今日はのんびり走行のつもりでしたが。

Img_2236
 
円良田湖の釣りも大賑わい。
天気いいからな。
 
Img_2239
 

やまとの里に到着。
内装が少し変わってた。
 
Img_2240
 
やまとの里でかき氷。
これはリーズナブルな250円。

Img_2241
 

ここのせせらぎは、子供が小さなときよく川遊びした。
水もきれいでおすすめです。

Img_2248
 
やまとの里から小一時間、にぐるまダイニングは景色の良い高台にあるお店。
 
Img_2249
 
ハンバーグにビタビタニンニクソース、旨し。
 
Img_2250
 
テラスからは秩父市街が一望。

Img_2253
 

食事後、お店を出ても動けません。
 
Img_2255
 

HANAでパンク修理。空気入れが常備してあって、助かります。
 
Img_2256
 
チューブレスタイヤの修理は本当にめんどくさい。
 
Img_2258
 
修理中は、美味しいジェラート食べて、まったり待機。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »