« 中之条リュウミホさんライブ | トップページ | さいたまクリテリウム »

2015年10月 9日 (金)

ロードスター思いっきり試乗

マツダ車一日試乗キャンペーンというなんとも太っ腹な企画に、遅ればせながら甘えてきました。車は妻子持ちには憧れのロードスター。
こんな時でもないと、二座席スポーツカーには乗れないからね。
まずはとっても低い着座姿勢に、どぎまぎしながらも、そろそろスタート。
目指すは赤城山の北面道路。せっかくスポーツカーを試乗するんだから、気持ちよいワインディングを楽しまなきゃ。
工事中やらなんやらで、のろのろ市街地を走行し、東松山ICから関越自動車道へ。
まあまあ普通に快適です。さすがにアクセルを踏み込んでも、そこは1500、途中から加速が先細り・・・・的にちょっと頼りないかも。
今の車のように、いつのまにか1XXkm/h出てしまう・・てことはないようです。
赤城ICを降りて高原のカフェ、アウルで昼食。
先客は若い女性が一人、のんびり景色を眺めながら昼食中。
そんなまったりとした雰囲気が好きで、自転車トレーニング中、何度か足を運んでいる。
昼食をとったら、いよいよ屋根を開けてのお楽しみ。
さて、どんな体験ができるか・・・・と思ったんですが、いたって普通。
そりゃいつも自転車で60km/h超で坂を下ってれば、違和感がないのは当然か。
もちろん、こんな秋晴れの爽やかな日には、気持ちいいことこのうえないですが。
赤城高原の道は直線とカーブが交互に現れる大好きな道。
平日のお昼過ぎはガラガラ、ちょっと軽自動車につかえましたが、すぐに曲がってくれました。
ほとんどストレスもなく、グイグイ曲がるコーナリングを楽しみ、赤城山北面道路の登り口へ。
ここから先に、プリウスとクラウンがいましたが、道を譲ってもらい自由気ままにワインディングを楽しみました。直線はたいしてアクセルを踏み込まず、コーナで速度を落とさないよう、横Gだけを楽しむ。
これぐらいじゃ、ロールもせずにきれに曲がりますね、限界は遥か上って感じ。
重心低いし、車重軽いからほんと姿勢が変わらない。
オートマですが、6速パドルシフト。今のアルファは4速だから、ほんと羨ましい。
もうすぐ頂上というところで、86に追いつき、しばらく追走したところで、大沼周遊道路へ右折。
せっかくなので、ロードスターと紅葉の写真を撮りまくり、赤城山の正面玄関を下ります。
こちらは枯葉マークの車がたくさん走ってますので、あきらめてのんびり帰路につきました。
最後は6時を五分ほど過ぎて、桶川のマツダさんに車を返却。
いや、それにしても楽しい一日でした。
本当にマツダさん、ありがとうございます。
いつかはロードスター乗るぞ・・・・とかたく思ったのでありました。
新車じゃないかもしれないけどね。


00
 
009
 
069
 
087

|

« 中之条リュウミホさんライブ | トップページ | さいたまクリテリウム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/62960762

この記事へのトラックバック一覧です: ロードスター思いっきり試乗:

« 中之条リュウミホさんライブ | トップページ | さいたまクリテリウム »