« 小樽、札幌 | トップページ | 静岡県立美術館 ロダン館 »

2015年8月 9日 (日)

旧四賀村、KAJIYA

娘と二人で行く、こだわりの隠れ家カフェ巡りの一日目。

しかし3年前に京都に長女と二人旅して、もうないだろうなと思いましたが、まさかの二人旅でした。
まずは松本市四賀地区にある、kajiyaに二度目の訪問。
建物といい、ロケーションと言い完全に昭和初期の世界。
先客は、子供連れの若いお母さんたち。
小さな子供たちが、あっちでどたばた、こっちでどたばた。
そのうち、よちよち歩いて、私たちのテーブルに。
でもちっともいやじゃないんだよね、なんかごく自然に田舎の親戚の家にいるみたいに居心地いいの。
なんてたった、ここのマスターが子供をおんぶして、仕事してるんだけど、違和感なし。
さすがにこの暑さ、冷房なしは少し暑いけど、うちわでぱたぱたあおぎながら、昭和を堪能。
オーガニックな、カレーと玄米野菜プレートも美味しかったですよ。
そのあとは豊科美術館へ。内部写真撮れないんで、外見だけ。
彫刻(主にブロンズ像)の充実は、見応え充分でした。人はガラガラだけどね、この辺の展示の仕方、企画、ほんとにもったいない。
夜は松本市内のホテルに宿泊。
夜はパルコで、ガッツリ買い物につきあわされた。
まだ、退院して間もないので、目が離せないんだけど、若い女性の買い物に付き合うのは、ほんと厳しい。次回からはやっぱり嫁さんにお願いしよう。
001
 
KAJIYA、普通の民家だから、知らないとここがカフェだとは判らないだろう。
 
003
 
冷水のサーバーもいい味だしてます。
 
005
 
素敵なひょうたんのランタン。模様が凄く凝っている。
 
011
 
ワンプレーとランチ、このアボガドは結構好き。
 
013
 
二階は宿泊部屋。娘は早速ハンモックにゆられて気持ちよさそう。
 
018
 
ちょっとした明りの装飾。
 
025
 
蔵の中はレトロなおもちゃ、置物がずらり。
 
027
 
確か子供のころにはこんな貯金箱があったよな。
 
028
 
普通の民家ののきです。
 
029
 
土壁とぶらんこ、ちょっとしたデジャブが。
 
033
 
手作りの遊び小屋。
 
038
 
豊科美術館、人影はまばら
 
040
 
ここのお庭のバラ園は素敵ですが、この時期花はあまり咲いていない。
この後は松本市街地にある本日の宿に入りました。

|

« 小樽、札幌 | トップページ | 静岡県立美術館 ロダン館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/62111327

この記事へのトラックバック一覧です: 旧四賀村、KAJIYA:

« 小樽、札幌 | トップページ | 静岡県立美術館 ロダン館 »