« CCA new year meeting 2015 | トップページ | 京都八坂の塔、高台寺 »

2015年2月22日 (日)

京都智債院、国立博物館

京都駅からとことこ歩いて智積院へ。同じ京都といっても、やたら観光客が集まる場所と、割とひっそりした場所があるが、こちらはそんなひっそりした場所。
残念ながら名勝庭園は現在整備中で、池の水が抜かれていたが、国宝の長谷川等伯の障壁画は、見る人も数人、心行くまで堪能できた。
講堂の中をいったりきたり、そこかしこに洗練された京都のデザインが散りばめられたお寺を見るのは、本当に楽しい。
そしていつも工事中で見ることができなかった、京都国立博物館にやっと入ることができた。しかし・・・・常設展だけということもあってか、期待より展示物はなんか物足りない感じが。もちろん暗闇に浮かぶ仏像たちは、充分見応えがあったけど、期待が大きかったせいか。たっぷり3時間くらい時間を予定していたけど、結局1時間半くらいで出てきてしまった。う~ん、時間はあるしこれからどうしよう?

00001

 

00202

 

02803

 

03904

 

04105

 

05106

 

05607

 

07108

 

08609

 

10110

 

10311

 

11112

 

11413

 

11814

 

12115

 

12516

 

13117

 

13618

|

« CCA new year meeting 2015 | トップページ | 京都八坂の塔、高台寺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/61425168

この記事へのトラックバック一覧です: 京都智債院、国立博物館:

« CCA new year meeting 2015 | トップページ | 京都八坂の塔、高台寺 »