« 浅間ヒルクライム | トップページ | 栂池自然園ヒルクライム »

2014年6月15日 (日)

ツールド美ヶ原試走

毎年恒例ツールド美ヶ原の季節がやってきた。
しかしこの冬の間、腰痛を悪化させ、変形性膝関節症まで再発させてしまい、半年近くまったく自転車に乗れない日々が続いた。
おかげで体重は激増、筋肉は衰え坂を登るどころじゃない(T_T)

自転車再開できるようになって、やっと一か月半、この練習不足状態で美ヶ原を登れるかなあ・・・・・。

061510
まずはアルプス公園の駐車場に車を置いて、出発。
いつもの浅間温泉の駐車場は、練習のための駐車禁止だと・・・ガラガラの駐車場、そこまでする必要有るんですかね。
 
061511
まだ腰と膝が心配だったので、とにかく様子を見ながらゆっくり登る。
・・・・て、いつもの劇坂ではゆっくり登るしかないんですが。
急がないから遅いのか、頑張っても体力がないから遅いのか、同じく試走している人達にバンバン抜かれて、テンション下がるなあ。
通常のコンディションより体重は3kgほど重いし、練習不足でスタミナ切れは明らかだけど。
結局例年より、10-15分ほど遅く、標高差1300m、距離21kmをなんとか登り切って山頂到着。
息苦しくなるほどに頑張ることもできず、足も回らない、なんだかなって感想だけど、本番で出走することはできそうだ。

しかしこんな高い山頂に、EVの充電器ってあるんだ、びっくり。
最近ガソリン代高いからな、かなり羨ましかったりする。
 
061501
走った感想は散々だけど、天気のほうはすこぶる良い。
北アルプスの稜線がはっきり見えて、景色は最高。
ゴールのレストハウスから少し戻って、しばし稜線からこの絶景を堪能することにした。
 
061512
流れるような弧を描く道と、青い空、白い雲、遠くに雪をいただく山並みと、いつ来てもこのロケーションは最高だ。
まあ本番では、曇りや雨のほうが圧倒的に多いけど。
 
061513
この時期、北アルプスの稜線がこれだけくっきり見えることは珍しい。
 
061515
 
061514
稜線上にある展望広場で、しばし昼寝。
日向だけど、標高2000mを吹き抜ける風が、とても気持ちいい。
 
061502
そろそろお腹がすいたので、昼寝を切り上げ昼飯でも食べに行くか。
慎重に長い長い坂道を下って、安曇野に降り立った。
どこか美味しそうなお店がないかと、流していると「2CV Cafe」なる看板が。
最近めっきりFBの車仲間と車談義にはまってる私としては、寄ってかなきゃ。
で本日のメインは珈琲ではなく、手打ちそばでした。
でこの蕎麦が半端なく美味しい。なんでも地元でとれた蕎麦を石臼で挽いてい粉にしているとか。
細かな蕎麦がらがぽつぽつ見える麺だが、その風味は豊かでとても美味しい。
でもってこのお店、なんと歯医者さんの中にある、なんとも不思議なカフェ?であった。
完全に歯医者さんの道楽、蕎麦を打っている人は、ここのオーナーに休日だけ雇われているとのことでした。
 
061516
カフェの窓から、豊かな水田を挟んで常念岳の端正な姿が望めます。
窓を吹き抜ける風がとても心地よい。
 
061517
 
061518
穂高川から有明山。
061520
のんびり安曇野をポタリング。
穂高一帯はいたるところに無名のワサビ田があり、清流が流れている。
清流を追う、わさび田ウォッチングは私の密かな楽しみ。
061503
久しぶりに観光定番、穂高神社や碌山美術館などをうろうろ。
蕎麦だけじゃ、エネルギー補給には足りないので、途中いつものパン屋さんへ。
テラスで食べるパンも美味しいんだな。
 
061504
最後は豊科美術館のバラ園の見学。
建物と相まって、異国情緒たっぷりのバラ園です。
 
061519
この後出発点に戻って、本日のヒルクライム試走終了。
走行距離は100kmほどでした。
正直あんまりモチベーションは高くないけど、ツールード美ヶ原には出走できそうでやれやれ。
いつもこの大会が終わると、減量も練習も量を落とすんだけど、今年はひき続き減量・トレーニングを継続しないと駄目そうだな・・・・(T_T)

|

« 浅間ヒルクライム | トップページ | 栂池自然園ヒルクライム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/59839017

この記事へのトラックバック一覧です: ツールド美ヶ原試走:

« 浅間ヒルクライム | トップページ | 栂池自然園ヒルクライム »