« 笠森観音 | トップページ | Tokyo Bayside Cup の車たち »

2013年12月15日 (日)

Tokyo Bayside Classic Cup

紅葉も終わったし、あとは自転車トレーニングに専念して・・・・・。
と思うものの、既に外は寒いし。
そういえば今年は一度も自動車レースのサーキットに足を運んでない。

まあそんなわけで、急遽思い立って、袖ヶ浦のフォレスト・レースウェイで開催された、Tokyo Bayside Classic Cupを写真撮影目的で見学。
7680707

サーキットはコンパクトながら、コーナーが多く結構楽しめそう。
しかし何処に行けば良い写真が撮れるのかさっぱりわからず。
結局コースを周遊することはできず、真ん中の駐車場やピットのあるエリア周辺しか移動できなかった。
撮影ポイントは3箇所くらいしかなかった。
5990606

フォード・コルティナとフルビア・ザガード。
どちらも趣味性が強くて、サーキットを走っているのを見るだけでワクワクしちゃう。
1810101

コルティナこんな草レースが良く似合う。
ちょっと前までは、普通のセダンとしか見てなかったけど、今は妙に気になる車。
2400202

空色のカニ目。この色はなんとも言えないい感じ。
のんびり走ってた。
8770808

こちらはラリーで一世を風靡した、フォード・エスコートMK1。
日本では珍しくなかなか会えません。
3720303

やっぱジュリアはサーキットが良く似合う。
4600404

5220505

走っている自動車の撮影って、やっぱり面白い。
スピード感を出すために、シャッタースピード遅めで、背景を流すのだけど、そのぶん車自体もブレやすい。
だから車体にピントがバッチリ合って、周囲がボケている撮影ができると、最高に気持いい。
それにミラーレス一眼とはいえ、今までのコンデジより断然画質が良いから、これはやっぱり嬉しい。
久しぶりに、気持ち良いエンジンサウンド聞いて、楽しめた一日だった。

|

« 笠森観音 | トップページ | Tokyo Bayside Cup の車たち »

コメント

ピントピッタリの流し撮り巧い!
シャッタースピードは早そうですね、車輪まで止まっている。

投稿: sugi | 2013年12月16日 (月) 06時11分

ピントピッタリの流し撮り、巧い!
背景が流れスピード感でていますが、車輪は回転しているように撮れないものですかね?シャッタースピード設定が難しいですね。

投稿: sugi | 2013年12月16日 (月) 06時16分

sugiさん
基本的にはイラストの資料集め的なスタンスなので、遅くても1/160くらいです。これ以上下げると、写真としての作品としてはともかく、ディテールがボケてイラストの素材としては使い物になりません。
あともう少し高倍率の望遠レンズで遠くから狙わないと、カメラの移動が多過ぎてダメですね。
1/100以下なら、かなりスピード感が出ますが、ほとんどゴミになりそう。
sugiさんも動いてる被写体を狙うと、楽しいですよ。
河川敷では、ゴーカートとかオフロードバイクもありますしね、ぜひ。

投稿: kan | 2013年12月16日 (月) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/58764017

この記事へのトラックバック一覧です: Tokyo Bayside Classic Cup:

« 笠森観音 | トップページ | Tokyo Bayside Cup の車たち »