« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月30日 (月)

油山寺、可睡斎、掛川城

久しぶりの帰省、今回は家族がいないので、父と二人懐かしい場所をいくつか回ってみた。
まずは油山寺から。
懐かしいといっても、訪れたことがあるのは、多分小学校3年生ぐらいのとき一度だけ。
正直三重塔があったことしか覚えていなかったが、遠州の古刹として是非もう一度言ってみたかった。
遠州の古刹、いいです。

123001

123010

123011

123002

1230112jpg

そしてもう一つの遠州の古刹、可睡斎。
この寺はボタンで有名だが、禅寺の修行の場として、このあたりでは随分有名らしい。
ここも小学校2年生の遠足で来ただけだが、改めて訪問してその趣深さと規模に少々びっくりした。
遠州の古刹、奥が深いです。

123004

1230113jpg

何でも日本初の水洗トイレだとか。
トイレの真ん中に、明王様がにらみを効かせてました ww

123003

1230114jpg

修行の場の僧坊も大きいですねえ、迷路のようです。
少し迷ったかなとおもったところ、突然ボタンが室内展示されてました。

1230115jpg

1230116jpg

最後は掛川城。
ここはわが母校のすぐ隣、学生時代はここで毎日部活のトレーニングしてました。
もっともその頃はこんな立派な天守閣なんてありませんでしたが。

123005

1230117jpg

さて、実家に帰りますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月29日 (日)

恵林寺

最近は子供たちの都合がつかず、年末年始の帰省は私一人だけ。
せっかくだから、ちょっと回り道をして恵林寺に寄ってみる。
ここは武田氏の菩提寺であり、武田氏滅亡の時、快川紹喜が"心頭滅却すれば火もまた涼し"と遺喝を残したとして有名。
ずっと前から訪問しようと思っていたが、やっと訪れることができた。

122904

建物は豪壮、禅寺らしく質素で力強い建築物だ。
庭も素晴らしいのだけど、いかんせん冬枯れの季節でさすがに寂しい。
春か秋にまた来たいものだ。

122901

122905

122906

122902

122907

122908

帰りは富士山を見ながら。

122903

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月22日 (日)

たんぽぽ(ピザ)

122201

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月17日 (火)

Tokyo Bayside Cup の車たち

日曜日観戦した、ヒストリックカーの草レース。
早速イラストにしてみた。
ALFAって本当にサーキットが良く似合う。

ALFA ROMEO 1300GT Junior

それにしても、この LOTUS ELAN SPRINT は速かった。
とても私と同じ年齢の車には思えない走り、痺れた・・・・。

LOTUS ELAN

Gilleta G4 小さなボディでカッ飛んでいく姿がホント気持ちよさそう。
曲線のラインも美しい

Ginettag G4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月15日 (日)

Tokyo Bayside Classic Cup

紅葉も終わったし、あとは自転車トレーニングに専念して・・・・・。
と思うものの、既に外は寒いし。
そういえば今年は一度も自動車レースのサーキットに足を運んでない。

まあそんなわけで、急遽思い立って、袖ヶ浦のフォレスト・レースウェイで開催された、Tokyo Bayside Classic Cupを写真撮影目的で見学。
7680707

サーキットはコンパクトながら、コーナーが多く結構楽しめそう。
しかし何処に行けば良い写真が撮れるのかさっぱりわからず。
結局コースを周遊することはできず、真ん中の駐車場やピットのあるエリア周辺しか移動できなかった。
撮影ポイントは3箇所くらいしかなかった。
5990606

フォード・コルティナとフルビア・ザガード。
どちらも趣味性が強くて、サーキットを走っているのを見るだけでワクワクしちゃう。
1810101

コルティナこんな草レースが良く似合う。
ちょっと前までは、普通のセダンとしか見てなかったけど、今は妙に気になる車。
2400202

空色のカニ目。この色はなんとも言えないい感じ。
のんびり走ってた。
8770808

こちらはラリーで一世を風靡した、フォード・エスコートMK1。
日本では珍しくなかなか会えません。
3720303

やっぱジュリアはサーキットが良く似合う。
4600404

5220505

走っている自動車の撮影って、やっぱり面白い。
スピード感を出すために、シャッタースピード遅めで、背景を流すのだけど、そのぶん車自体もブレやすい。
だから車体にピントがバッチリ合って、周囲がボケている撮影ができると、最高に気持いい。
それにミラーレス一眼とはいえ、今までのコンデジより断然画質が良いから、これはやっぱり嬉しい。
久しぶりに、気持ち良いエンジンサウンド聞いて、楽しめた一日だった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

笠森観音

121502

121501

121503

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 7日 (土)

長谷寺・鎌倉大仏・稲村ヶ崎 ★★

鎌倉から江ノ電に乗り長谷へ。
平日というのに、電車は学生達でいっぱいというか、鎌倉の有名どころは修学旅行の学生であふれかえっている。
まあ観光地なんだからこんなものだろう。

120667

長谷で私を含めて観光客がぞろぞろ電車から降りる。
大部分は鎌倉大仏に向かうようで、長谷寺に向かう人は、意外と少ない・・・・ということもなかった。
拝観料300円を払って山門をくぐれば、やっぱりたくさんの観光客。

120668

ここは現在紅葉のライトアップが開催されているということだった。
しかし紅葉の盛りは過ぎているし、すでに日も陰り初め紅葉鑑賞としてはいまいち。

120669

奈良の長谷寺と同じく、こちらも巨大な十一面観音様がお出迎え。
しかしお堂が新しいせいか、まあそこそこの雰囲気。
高台からの海も眺めたし、プラス200円払って宝物館も見たしぐるっと回って、一応お約束の鎌倉大仏も見ておこう。

120670

鎌倉大仏は40年ぶりくらい、テレビでよく見るせいか、久しぶりという感じがしない。
そろそろ疲れたせいか、さすがに感傷に浸る余裕もない。

120660

ということで海岸に向けてふらふら歩きだす。
もともと海の近くの生まれだから、海は大好きだけどここ2,3年海には行ってない。
娘たちがもう海では泳ぎたがらないので、なかなか来ることもないのだ。

120661

初冬の海は本当に静か。
ウィンドサーファーが数人、初冬の波を楽しんでいた。
今日は比較的暖かな日だから、ウィンドサーフィンも気持ちよさそう。

120662

傾いた日差しを浴びて、海は次第にオレンジ色に。
少し物悲しい雰囲気が何とも言えない。

120663

120671

稲村ケ崎の藤沢側からの眺めが良いということなので、国道沿いにてくてく歩いて、藤沢側に向かう。

120664

稲村ケ崎公園からの江の島側の眺めは本当に良い。
夕日の写真を撮る人たちが、10人ほど集まっていた。
私もそんな一人、4時20分ごろの日の入りまで1時間ほどこの公園からぼんやり海を眺めて待つのもなかなか楽しい。

120665_2

海岸には小さな岩もあって、岩にはじける波もなかなか面白い。

120666

そろそろ日没、オレンジ色から紫色に染まる薄雲が美しい。

120672

日没の写真を撮ったら、江ノ電に乗って藤沢駅へ。
藤沢からは湘南新宿ラインで、2時間余り電車に揺られ帰宅した。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年12月 6日 (金)

長寿禅寺・円応寺・鶴ケ岡八幡宮・鎌倉国宝館 ★★★

北鎌倉あたりを、WEBでリサーチして引っかかった長寿寺。
正式には宝亀山長寿禅寺といい、足利尊氏の館跡に建つお寺。
足利尊氏を遺髪を納めた墓がある。
そして私の琴線に触れたのが、そのお庭である。

長寿寺 紅葉

WEBに掲載されている写真で見ただけで、ぜひこのお庭を拝観したくなってしまった。
紅葉の時期に合わせて、本日の拝観となったわけである。
してそのお庭は、期待以上の素晴らしさ。

長寿寺 紅葉

当然そのお庭目当ての拝観者が大勢訪れていたのだが、それでもこの庭の魅力を損なうことはなかった。
門を入ってすぐ右手に見えるのが、茅葺き屋根の観音堂。
手前には、美しいスギゴケの地面に、楓がさりげなく植えられている。
そして観音堂奥の楓は真紅に色づいていた。

長寿寺 紅葉

観音堂のはまた後でじっくり鑑賞するとして、本堂にあがり、方丈前の中庭をお座敷の中から鑑賞。
ただでさ苔の濃い緑と白砂の対比が美しいのに、本日は楓の濃いオレンジが加わり、その美しさといったら格別だ。
この庭が作られたのは割と最近、平成になってからということで、以前はかなり荒れていたようだ。

長寿寺 紅葉

少し前まで一般公開もしていないお寺だったので、人知れずひっそりとしたお寺だったようである。
数年前春と秋の、金土日の晴れた日のみの公開するようになったとのこと。
一眼レフ禁止であったようですが、今はそれも解禁され、多くの方で大盛況。

長寿寺 紅葉

別に古いだけが価値ではない、新しいお庭だって美しいものは美しいのだ。
華美になりすぎず、そこはかとなく奥ゆかしいお庭が人気の理由だと思う。
要するに庭に品があるのだ。

長寿寺 紅葉

方丈の中庭を鑑賞したあとは、再び表に出て、観音堂へ。
裏手にもみじは、光を透かして一層鮮やかに。

長寿寺 紅葉

長寿寺 紅葉

観音堂と真紅のもみじ、今日一番の紅さかな。

長寿寺 紅葉

竹林ともみじ、この色の対比が素敵だ。

長寿寺 紅葉

尊氏公のお墓、かなり小さい。
調べたら、京都のお墓もかなり小さい。
尊氏公、慎ましい人だったのですね、きっと。

長寿寺 紅葉

長寿寺を出たら11時半、まだ空いているうちに食事をしようと入ったのが、建長寺前の「かまくら五山別館」。
お勧めということで、けんちんうどん山菜寿司セット(1200円)を頂く。
ベタな観光客相手の店でちょっとお値段高めであるが、味は結構好みで美味しかった。
後で知ったのだが、けんちん汁は建長汁がなまったもの、発祥はこの建長寺で出された精進料理とのことである。
量もちょうどよく、お昼も鎌倉らしいものをいただけたと、満足である。

円応寺

腹ごしらえが終わったあとは、すぐ近くの円応寺へ。
ここの本尊は閻魔大王と一風変わったお寺だ。
閻魔大王を中心に、死後の世界を司る十王像がづらりと並び、摩訶不思議な世界を醸し出している。
像一体一体もユニークでありながら迫力がありとても面白い。
この閻魔大王は運慶作という伝承もあるが、あくまで伝承ということ。
素人目からも、運慶の作とはとても思えない。

円応寺

当初源氏山方面の紅葉を楽しむつもりだったが、既に紅葉についてはお腹いっぱい。
それではと鶴ケ岡八幡宮へと向かう。
今年の正月明けに来た時は、すごい人出でとても近づけなかったが、今日はまあそこそこの人出。
お参りしだけして、鎌倉国宝館へと向かった。

鶴ケ岡八幡宮

鎌倉国宝館では、「仏像入門-ミホトケをヒモトケ-」が開催中。
なかでも、十二神将立像が素晴らしかった。
その表現方法は、まるでアメリカンコミックのヒーローのようだ。
やっぱり仏像は元祖フィギュアとしか思えない。
全く見ていて飽きない仏像郡であった。

鶴ケ岡八幡宮

鶴ケ岡八幡宮を後にして、江ノ電に乗るため鎌倉駅を目指す。
しかし鎌倉駅に向かう小町通りは、平日というのにすごい人だ。
途中この通りを歩くのを断念し、鶴ケ岡八幡宮参道に迂回した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北鎌倉・建長寺★★★

最近3週連続休日出勤で、少々心が疲れ気味。
相変わらず忙しいのだが、ちょっと仕事のスキをついて、平日の鎌倉を散策。

建長寺 紅葉

拝観開始の8:30に合わせて到着するように、家を6:20に出る。
湘南新宿ラインのグリーン車を利用して、大船に到着。
品川までの定期券があるので、鎌倉方面は行くには利便がいいのだ。
いつもより1時間ほど電車に長く乗るのだが。

建長寺の三門を8:50くらいにくぐる。
さすが鎌倉五山第一位、壮大な伽藍が広がるが、朝一ということもあり、静かなものだ。
朝の冷え込みもあって、身も心もキリリと引き締まる。

建長寺 紅葉

まずは壮大な伽藍を拝見。
ほとんどの建物は江戸時代以降のものだが、総門、三門、仏殿、法堂、方丈が一直線に並ぶ伽藍は、創建当時の面影を残すということだ。
禅寺らしい質実剛健な建物を楽しむ。

建長寺 紅葉

建長寺の本尊は巨大な地蔵菩薩、室町時代の作とのこと。
仏殿にどこか違和感を感じると思ったら、もとは東京芝の増上寺から移築されたものだということで、一般的な様式とはかなり異なったものらしい。

建長寺 紅葉

法堂には千手観音と、写真では馴染みがある釈迦苦行像が。
でもこの釈迦苦行像が、かなり特殊と思ったら、愛知万博での展示物とのこと。
ここの天井には、先日訪れた建仁寺と同じ小泉淳作氏の龍の天井画があった。

建長寺 紅葉

境内に紅葉するような木はあまり生えていない。
紅葉を楽しむなら、建長寺の裏手ということらしい。

建長寺 紅葉

もみじの盛は既に過ぎていたが、透過光を利用すればまだまだ楽しめる。

建長寺 紅葉

方丈の裏手には、夢窓疎石の作と言われる庭園がある。
しかし、あまりにあっさりした庭で、正直のところかなりがっかり。
どこまで夢窓疎石が関わっているか、ホントのところは?

建長寺 紅葉

境内はあらかた見終わったので、半僧坊に向かって歩き出す。
するとすぐに色づいたもみじの美しい塔頭が。
残念ながら宝朱院、龍峰院、天源院などは公開していないので、立ち入ることができなが、その門の前あたりで、雰囲気の良い写真を撮ることができた。

建長寺 紅葉

建長寺周辺の塔頭、この小さな門がなんとも味わい深くて良い感じ。
楚々とした奥ゆかしさに、寂寥感ただよう日本の秋を感じる。

建長寺 紅葉

半僧坊に向かう鳥居を抜けると、黄色く色付いた銀杏や朱いもみじが彩を添える。
しかしお寺の鎮守に半僧坊権現というのも妙な感じがする。

建長寺 紅葉

鳥居もあるし、狛犬いるし、おまけに天狗や烏天狗もいる。

建長寺 紅葉

寺院と神社が一緒にあるってのは、なんか妙な感じ。
住職と神主の関係って、どうなんだろう?
それに天狗ということは、修験道関係かな。
天狗で有名な、鞍馬寺、高尾山薬王院、迦葉山は寺なんですけど。

建長寺 紅葉

半僧坊からは富士山も見える。
眼下には紅葉した谷の中に建長寺の伽藍が広がる。
そしてその向こうには相模湾の海が。

建長寺 紅葉

半僧坊で展望を楽しんだら、再び階段を降りて建長寺境内へ。
とその前に、道を左に逸れて、回春院に行ってみる。

建長寺 紅葉

回春院は大覚池のほとりに佇んでいた。
ここまで来る人は稀らしく、静かなもの。
もう少し奥まで谷が続いていて、ちょっとした隠れ家的な雰囲気が漂う。
特に立ち入り禁止とも書かれていなかったので、お賽銭をあげ本堂の縁でしばし休息。
建長寺境内に戻った頃には、さすがに多くの参拝客で賑わっていた。

さて次の参拝先、お庭が美しと評判な長寿寺へ向かった。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月 1日 (日)

倶楽部ラン(平林寺) ★★

今日の朝は寒かった、いよいよ本格的な寒さの到来か。
それでも日差しは暖かく、一時間もすれば絶好の自転車日より。
本日の目的地は新座の平林寺、言わずと知れた超有名な埼玉の紅葉名所。
当然人出も多いだろうし、自動車の交通量の多い市街地、こんな機会でもないとまず一人ではいかないだろう。
そうは言っても紅葉の名所、先週忘れて悔しい思いをした一眼レフ(ミラーレス)を持って、紅葉撮影に出かけた。

まずは荒サイに出て、彩湖までサイクリングロードを走るのだが、上江橋から先は久しぶり。
しかしこれが酷かった。
サイクリングロードが狭いうえ、サイクルトレインとひっきりなしにすれ違う。
スピードも緩めず30km/hのすれ違い、人やゲートなど避けなければならない要因多数。
とにかく恐いというか危ないというか、サイクリストとしてこの状況如何なものかと。
私なら怖くてこんな道でのジョギングや散歩は無理。
それにしても荒サイ走るローディー、皆なんであんな殺気立って走るんだ???
とてもこんなとこ走ってられんなあ・・・・まあ当分こっちを走ることもないだろうが。
彩湖で荒サイから別れ、さらに集合場所の平林寺近くのファミレスまで、苦行の走りが続く。
道が狭いうえに交通量多いし、走りとしては狭山湖倶楽部ラン以来の酷さ。
あっ、でも決して先導のBanちゃんの責任ではありません。
この目的地では、誰が先導しても快適走行は望めはしないので。

レストランには予定どうり無事11時半に到着し、皆で食事を済ませる。

120101

レストランで楽しく会食のあと、今日の目的地平林寺へと向かう。
平林寺前の睡足軒の森に集合して、記念撮影のあと、自由解散して皆で平林寺へ・・・・。
と思ったら、30人くらいの参加者のうち、平林寺境内に入ったのはZenちゃんと私の2人のみって。
そもそも平林寺に入らないのでは、これほどひどいルートを走って苦行してきた意味がないと思うのだが。

平林寺の紅葉

平林寺の紅葉

総門の外からは、混雑でごった返しているように見えたものの、中に入れば広大な境内。
人手はそれなりに多いが、散策するには充分余裕がある。

平林寺の紅葉

紅葉は少しピークを過ぎていたが、日差しを浴びてオレンジ色の光に包まれる美しさはなかなか素晴らしい。
総門、山門、仏殿、中門は茅葺屋根の荘厳な造りで、日本情緒たっぷり、写真撮影には申し分ない演出だ。

平林寺の紅葉

中門ともみじ。

平林寺の紅葉

池の水面に朱く輝くもみじが映り込む。

平林寺の紅葉

境内の裏には、広大な雑木林が広がり、もみじや銀杏が美しく色づいていた。

平林寺の紅葉

もみじに戯れる子供達、我が娘たちもこうだったのだが、最近は見向きもしない。

平林寺の紅葉

彼女らを狙ったわけでは無いですよ、撮影していたら彼女らがフレームに入ってきたのです。
いつもは厄介な人影なんですが、今回は大歓迎。
子供たちの小さかった頃と、面影がダブります。

平林寺の紅葉

川越藩主、松平信綱ほか数々の立派な墓が整然と並ぶ。

平林寺の紅葉

平林寺の紅葉

本堂奥の林泉境内の庭園は非公開とのこと、なんか納得いかんな。

平林寺の紅葉

1時から2時半過ぎまで紅葉を楽しんだあと、帰路につく。
またも交通量が多い狭い道をヒヤヒヤで走り抜けて、荒サイに出た。
そろそろ日が沈むというころ、そろそろ鴻巣に入る時・・・・・・漫画のような大転倒。
河川敷の濡れた路面を避けるため、道の脇を通り過ぎようとしたらそこに、水抜きの深い溝が掘ってあった。
低速ながら気がついたときは、乗り越えられるだろうと思ったが、タイヤがしっかりはまり、前輪を中心にジャックナイフ、後輪が1m以上浮き上がった。
なんとか180度前に回転するのは避けたものの、頭をかばいつつ左腕から転倒。
ひどい転倒ながら、体にも自転車にもダメージは少なくて良かった・・・。
それよりしっかり周辺のいた人に見られ、恥ずかしかったのが痛い。
やはりロードバイク気を抜いたらダメだ、常に慎重を心がけなければ。

平林寺は超有名な紅葉の名所でもあり、国指定の天然記念物(境内林)。
さすがに素晴らしかったが、この時期自転車でも車でも行くのは辛い。
今後訪れることはないかなあ、秋はいいとこなんだけど、場所が問題だ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »