« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月26日 (土)

さいたまクリテリウムbyツールドフランス★★★

憧れのレーサー、クリス・フルーム、ペーター・サガン、マルセル・キッテルのお宝ワンショット。もう最高!

20512

先週のジャパンカップ観戦を雨のためキャンセルしたので、このさいたまクリテリウムは見逃せない。
台風情報にやきもきしながら当日を迎えるが、なんとかメインレースには雨が上がりそうだ。
いつもの自転車イベントのつもりでのんびり1時チョイ過ぎに会場についてビックリ。
人人人でレースコース沿いの道は溢れかえっていた。
焦っても後の祭り、めぼしい場所の最前列は、すべて観戦者がひしめいていた。
仕方がないので、ホテルラフレさいたまの向かい側に陣取り、前列の観戦者の上にカメラを手で支え上げ、写真撮影を試みる。
いよいよポイントレースが開始、目の前をテレビでしか見たことがない、憧れの選手たちが駆け抜けていく。
まだ雨が完全に上がってないので、海外選手は幾分ペースを抑えたのか、2つのポイントレース共に、日本勢が優勝してしまった(シマノレーシング畑中選手、アイサンの中島選手)。
シーズン終わりだし、雨で気温も低めだから、当然テンション上がらないよなとなんか納得。
それに対して日本人選手は超ハイテンションなんだろう、なんせ世界トップクラスのレーサーたちと一緒に走れるんだから。
ポイントレースが終わると、なんと前列で写真撮影していたおじさんが、もう帰るからどうぞと最前列を譲ってくれた。
いやああああ、なんというラッキー、感謝感激、本当にありがとうございました。
メインレースはすっかり雨もあがり、時折晴れ間ものぞくいいコンディションになっていた。
スタートしたら、海外選手のテンションも俄然あがったらしく、ポイントレースとのスピード差は歴然。
なんと世界チャンピオンのルイコスタと、ピュアスプリンターのキッテルガ先頭を引いているって、普通のレースではちょっとありえない展開。
その後も逃げが決まったり、吸収されたりと目まぐるしく早い展開。
トップレーサーのマジ走りに痺れた。
結局最後は本場のツールドフランスを制したクリス・フルームが、最後に抜け出し優勝を決めた。
2位は根気最多勝利を上げているペーター・サガン、3位は世界選手権で優勝したルイ・コスタ。
終わってみればツール・ド・フランスの名前を冠するにふさわしい選手の勝利だった。
やっぱりお祭りイベントはこうでなけりゃ、世界最高峰のレーサーたちの走りを見られて、本当に幸せだ!

00101

ポイントレース2回目の一週目、コースの状況を確かめながらのゆっくりしたペースで。

01502

サガンとフランス・チャンピオンFDJのアルテュル・ヴィショは何やらお話中。

03803

ポイントレースは小雨混じりで気温低め、ペースもあまり上がらない。

05904

07405

メインレースの前、新城はホテルになんか用があったようで。
しかしこの日の新城の動きは良く分からなかった?

07806

メインレースではすっかり雨もあがり、選手の表情もどこか穏やか。

10507

レース序盤、キッテルがいきなり集団の先頭で引き出す。
どうしてこんな展開になったの?

56028

速すぎて、なかなか真横からのショットはうまく撮れない。

56329

チーム・スカイの最強トレイン。

13708

15509

序盤の先頭集団にキッテルとルイ・コスタが混じり、引きまくる。
自由気ままに楽しんでたって感じ。

18910

オリカ・グリーンエッジの別府選手果敢にアタック。

19311

ゼッケン33、アシストのアルベルト・ティマー選手、鋭い視線カッコイイ。

240

今シーズン限りで引退する福島選手の渾身の逃げに、多くの歓声が。

24214

ジロを2回制したベテラン、イヴァン・バッソの果敢な走り。

25315

アルテュル・ヴィショ、別府選手、西薗選手。

29216

レースも終盤、西日に映える集団。

31317

ジェレミ・ロワイの果敢な走り。

32818

仲良しグループ?

35919

クリス・フルーム最後のスパートで優勝が決まる。
この写真からも最後の渾身の走りが伝わってくる。

36120

サガンもルイ・コスタも後一歩フルームに及ばず。

37521

集団の後ろは後ろでドラマがあった?

38122

レースの最後尾が通り過ぎていく。

38523

レースが終わったあとって、そうなんですか?

38824

ロードレーサーの2人乗りって初めて見た。
しかしこんなこともオシャレに見える。

39225

素敵な笑顔です。

39526

走っているときはゴリラみたいだけど、素顔はとってもカッコイイ。

39627

素晴らしいイベントをありがとう。

61530

レース会場も夕暮れ、レースの余韻に浸りながら帰るとするか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年10月20日 (日)

秋のDino

サイクルロードレースのジャパンカップを見に行く予定でしたが、本降りの雨模様に気力が萎えてしまった。
自宅で描きかけのDinoのイラストを完成。
Illustratorで背景の自然風景まで描くのって、質感が車とかなり違うから、今まで描いたことなかったので、今回は試しにやってみた。
まあこれはこれでありかな、大胆な色使いが意外と新鮮。

Dinos

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月14日 (月)

野反湖、六合村赤岩、尻焼き温泉 ★★

101401

野反湖は草津温泉の北東約10km程のところにあるダム湖。
ダム湖といってもその雰囲気はかなり野性的で人工物は少ない。
20代のころは何度かバイクや車で訪れたことがあったが、それももう四半世紀前のこと。
久しぶりに自転車で行ってみた。

101411

道の駅六合に車を停め、16km先の野反湖に向けて出発。
花敷温泉近くのダム湖を越えると、本格的な登りが始まる。
斜度はそれほどきつくなく、車も少ないし道も良好。
美しい自然林の中を気持ち良く登っていく。

101402

と突然ガキガキガキという音と共に、チェーンがローギヤーのさらに内側に落ちた。
タイヤがロックし、危うく転倒というところ、なんとか足をビンディングから外してまぬがれた。
しかしチェーンが完全にホイールとギヤの間に噛なんでしまい、なかなか外れない(泣)。
なんとか無理やり引っ張って外し、変速用のケーブルのテンションを高めなんとか再走行開始。
でも帰ってから確認したら、ホイールが歪んでしまっていた。

101403

引き続き静かな道を気持ちよく登っていき、坂が急になったらゴールも真近。
最後のコーナーを曲がり、直線になって空が開けると野反湖に到着。
ギヤのトラブルがあって、ここまで1時間半弱、急げば1時間ちょっとといったところ。
峠にはちょっとしたレストハウスと広場があり、広場に立つと眼下に野反湖の美しい姿が。

101406

三連休の最終日、ここも混雑するかと思っ車の往来はたいしたことがない。
正直紅葉見物なら志賀高原のほうが綺麗だろう。
多分野反湖周辺は今が黄葉のピーク。
白樺やブナが多く朱く染まる木々は少ないから、黄葉は少し地味。
湖の反対側へ道が続いているので、自転車でのんびり向かうことにした。
眼下に湖面を眺めながら、美しい道を走る気分は最高。
反対側には、新潟県側に流れ落ちるダムと放水路。
この流れは秋山郷を抜け、信濃川へと合流する。

101413

北側から引き返し、途中湖面近くに降りてみる。
湖面近くは広い笹原と白樺の疎林が美しい、メルヘンチックな場所だった。
水は当然清く透明、湖面を吹き抜ける風にさざ波が揺れている。

101412

101405

八間山から分かれる尾根は、黄色く色着き今が最盛期。
一時間ほど散策してから、野反湖をあとにした。

101404

101420

車をデポした道の駅六合を過ぎ、旧六合村の中心地へ。
野反湖だけだと、ちょっと時間が余ってしまうので、本日最終日の中之条ビエンナーレを見学することに。
ビエンナーレとはイタリア発祥の2年に一度開かれる美術展のこと。
中之条では、何箇所かに分かれて作品が展示されているが、旧六合村赤岩地区も、作品展示会場になっている。

101407

赤岩集落は、その佇まいが以前から気になっていたので、散策するにはちょうど良い機会だ。
ビエンナーレの作品を鑑賞するためには、パスポートを1000円で購入する。
30番日影でパスポートを購入し、赤岩集落を散策しながら作品を鑑賞。
赤岩集落は思っていたより多くの人が、パスポートを片手に作品を鑑賞しながら村を巡っていた。

101414

古く趣のある懐かしい集落を、散策しながら作品が楽しめるのはいい。
そしてこの村は江戸時代後期に活躍した高野長英が一時潜伏した家があるとのこと。
その家屋が作品の展示会場になっていた。

101415

普段集落の古民家を見学することはできないが、こんなイベントがあると、古民家にも入ることができる。
赤岩の集落はまだ古民家が点在し、昔の面影を色濃く残している。

101408

101416

作品は古民家や集会場などの中に展示されていた。
作品自体の評価は・・・・・・ううんどうだろうねえ。
ちょっとインパクトが足りないかな、どこかで見たような感じの作品も多いし。
と辛口批評になってしまった。
他のエリアにはもっと興味深い作品があるのだろうか。
本日が最終日なので、次回に期待しよう。

101417

101409

お腹がすいたので、お蚕さんの里ですいとんとおにぎりを食べた。
食事のあとは、暮坂エリアの展示作品を見るために、坂道を登っていった。
花楽の里と十二みますの展示場を見学したが、少しがっかり。
苦労して坂を登ってきているだけに、作品の評価はおのずと辛口目線になる。

101418

結局スタンプ8箇所分をめぐって、本日のアート作品鑑賞は終わり。
ちなみにスタンプ15個以上で、3箇所の日帰り入浴が無料になる。

Nec_0055

自転車を車に収納して、汗を流しに尻焼け温泉に向かう。
ここは川にお湯が湧き出ていて、川自体が温泉として入浴できる。
料金は無料だが、脱衣場や洗い場等はないし混浴である。
ここを利用するため、水着を持参した。
別に水着を着用する義務はないが、足場が安定しない川原ではやはり水着がお勧め。
先客が10人程度、中には若い女性も水着で入浴中。
湯加減も快適そのもの、超広い湯船?に爽快感も抜群だ。
今までこんな気持ち良い温泉をスルーしていたなんて、ほんともったいない。
次回この渓谷が紅葉に染まる頃、来たいものだ。

野反湖、赤岩集落、ビエンナーレ、尻焼き温泉と欲張りな一日は終わった。
これに新そばと舞茸天ぷらが加われば最強だったが、これは次回の楽しみにとっておこう。

帰りは連休の渋滞を避け、下道で帰ったら4時間ほどかかってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月12日 (土)

白石峠、すみれ食堂

101202

最近全然坂に近寄っていない。
体重も見事に平常より3kgオーバー。
自分のヘタレっぷりを確認に、白石峠へ。

101203

そして自分のヘタレっぷりに泣けた。
2年前は30分切りももうちょい・・・だったのに今日はまさかの37分。
さすがにここで女性に抜かれたのは初めて。
全く自転車って少しサボると、てきめんに結果にでるから困りもの。
死ぬまでとは言わないが、この先づっとトレーニングしなきゃいけないのかと思うと、かなりゆうつ。

101201

ブルーな気持ちでお昼を食べに、すみれ食堂へ。
ダイエットのため、パスタくらいにしておこうかと思ったけど、ふわふわ卵の・・・のフレーズに惹かれて、週替わりランチのオムライスをオーダー。
確か以前にもオムライスを食べたと思ったけど、今日のメニューはさらにパワーアップ。
美味しいのはもちろん、見た目にも華やか~。
やっぱり見た目が綺麗だと、食べる方も楽しい。
さっきのブルーな気持ちが、これで救われた・・・。

白石峠は、ほんのちょっと色付き始めたようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 6日 (日)

倶楽部ラン 大田金山城址

天気予報では曇りだが、朝起きると昨夜からの雨が完全にはあがっておらず、路面は完全ウェット。
こんな時は参加を見送るのだが、今回の目的地は大田金山城址とかねてから行きたかった場所なので、出発準備をする。
雨雲の動きでは、これから雨は降りそうもないが、濡れることを考えて自転車はセカンドバイクのFELTで、自作の泥除けを装着。
と言っても自動車用のサンシェイド(銀色)を適当に切ってサドルバックに挟んだだけ。
しかしこれだけでウェアーへの泥ハネはきっちり防いでくれるし、路面が乾いたら適当なゴミ箱に破棄できる便利モノ。

100601

今日の集合場所は行田のサイクルセンター。
本日は兎組10人で大田城址を目指すが、走行距離は30km程度とかなり短い。
走行を楽しめるのは利根川サイクリングロードのみ、あとは住宅街をぬって走る川沿いのサイクリングロード、路面はかなり悪いが、大田の市街地を走るよりはマシか。
大田呑龍大光院の前を通って、ひと登りで金山城址入口となるが、途中S氏がヘアピンカーブの濡れた路面でタイヤをすべらせ落車、Y氏が小石を拾ってパンク。
やっぱり濡れた路面は要注意。
登りきったところに自転車を停めて、ここから山頂までは歩道をしばらく歩く。

100602

金山城址が整備されているとは知っていたが、これほど見事な石垣があったとは、正直驚かされた。
お城というより、どこか古代神殿を連想してしまう、独特な雰囲気があった。
この城は1470年ごろ造られたということで、戦国時代の北関東のグチャグチャした戦乱の世をこの城は過ごしてきたのだと思うと感慨深い。

100603

金山城址をあとにして、このあと「なごみや」で久しぶりに揃って食事。
ここは500円ワンコインランチで、かなりお得・・・・なんですがちょっと普通じゃ入りにくいかも。

帰路の途中、刀水橋で大田松茸道中なる集団と遭遇。
追い越すこともできず、しばし停滞。
で、その大田松茸道中に参加している方の情報によると、この先の聖天様で何かイベントが開催されるらしく、そこで松茸のお吸い物が振舞われるとのこと。

100604

せっかくだからBLOGネタにでもという軽い気持ちで聖天様を覗いてみた。
当然松茸道中の集団が来るまでは、松茸のお吸い物が振舞われる訳はなく、結局イベントが終わるまで、一時間以上待つことに。

100605

このイベント金山から将軍家に松茸を献上する行列の故事を再現したものだとか。
本来は江戸まで道中は続くが、イベントでは金山大光院から聖天様まで。
聖天様で太田市と熊谷市の交流イベントが開催されたというわけだ。

ミス大田から振舞われた松茸のお吸い物、美味しかったですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »