« 日本水(やまとみず) | トップページ | 上野村 古民家カフェ yotacco ★★ »

2013年8月 1日 (木)

法隆寺 ★★★

080110

ここのところ大阪出張が続く。
ちょっとだけ午前が空いたので、法隆寺まで朝の散歩。
宿泊している天王寺から、法隆寺駅まで30分ほどだからほんとに近い。

080101

法隆寺駅に降り立ったのは、朝の7時。駅から法隆寺までは20分ほど歩く。
南大門から境内に入るが、平日の朝ということもあって、参拝者は数人ほどしか見当たらない。
世界遺産にも指定されているというのに、静寂そのもの。
開館は8時からなので、しばらく伽藍の外を散策。

080102

法隆寺の西には、古い土蔵や土壁の家屋が立ち並び、なかなか良い風情の街並みが広がる。
080103

8時に法隆寺の拝観が始まったので、伽藍の中に入場する。
法隆寺は確か中学の修学旅行以来だから、35年ぶり。
中学の頃には感じなかった、荘厳で圧倒的な存在感が素晴らしい。
朝の一番乗りだから、伽藍にいるのはほんの数人。
俗世界とは、隔絶した世界を感じることができるとは、結構幸運なんだろう。

080112

世界最古の木造建築群として、つとに有名な法隆寺の伽藍。
1400年前に、こんな巨大な建築を見た人々はどんな思いをしたのだろう。
金堂の中には、写真でもお馴染みの本尊が祀られている。

080111

美しくも、どこか無骨で力強さを感じる五重塔。

080113

灯篭を中心に、左右に大きく広がる講堂。

080104

西伽藍の建造物の他にも、三経堂、聖霊院、食堂などなど、多くの国宝や重要文化財などが点在する。
それにしても静かな境内、といっても蝉の声が盛大に聞こえるのだが、なぜか夏にはそれが静寂感を引き立てる。

080114

080105

西伽藍の次は、大宝蔵院を見学。
ここには多数の国宝や重要文化財の仏像やら工芸品が展示されている。
そしてこの中の主役は、なんといっても百済観音像。
スラリとした長身の観音様が優美に佇んでいる姿は、ほんとに神々しい。

080106

東伽藍では、夢殿を見学。
まだ少し時間があったので、お隣の中宮寺へ。
本来中宮寺はもう少し東にあって、法隆寺と対をなす大伽藍の尼寺だったらしいが、今では法隆寺の一角にひっそりと佇む。
しかしこの小さなお寺の本尊、菩薩半跏像は飛鳥彫刻の最高傑作として、大変有名な仏像。
仏像の画像はこちらで
この仏様、昨年訪問した京都広隆寺の弥勒菩薩とよく比較される半跏像で、どちらも優美な微笑みをたたえている。
どちらも素晴らしく美しい仏像だが、個人的には中宮寺の菩薩半跏像のほうが好みではある。
先客には女性一人がいたが、とても静かな環境でじっくり拝観することができた。

結局2時間半ほどの法隆寺拝観だったが、とても静かで充実した時間を過ごすことができた。
駅に戻ったところで、雨が降り始め、数分後にはあたりは土砂降り。
雨の降る中、電車で仕事先に出向いた。

|

« 日本水(やまとみず) | トップページ | 上野村 古民家カフェ yotacco ★★ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/57926165

この記事へのトラックバック一覧です: 法隆寺 ★★★:

« 日本水(やまとみず) | トップページ | 上野村 古民家カフェ yotacco ★★ »