« ツールド妻有2013 (前日) | トップページ | 東福寺・泉湧寺・下鴨神社 ★★★ »

2013年8月25日 (日)

ツールド妻有2013 (当日) ★★★

美しい田園の中をロードバイクで駆け抜けるのが妻有の醍醐味!

082509

朝4時半起床、昨夜は早く寝たので早朝でも爽快。
宿から眺める東の空が、しだいに赤く染まっていった。

十日町への最短距離の道は幅が狭く、車では走りにくいので一旦六日町方面に下り、県道76を経由して、ミオン中里に向かう。
ミオン中里から少し離れた駐車場に、6時チョイ過ぎ到着。
駐車スペースには、まだ余裕があったので一安心。
でもここにはトイレがないから、かなり不便。
ミオン中里のトイレは混雑必須だったので、逆方向になるが十日町市役所支所のトイレを借りることにした。
トイレに先客がいなかったので、すぐに用をたしてスタート会場へ。

082501

スタート会場では、集合写真の撮影中だったが、無理に入ることもない。
人数もさほど多くないので、皆さんのんびりムードでスタートに備える。
天気は曇を予想していたが、一日をとおして晴れ時々曇りといったところ。
朝は涼しかったが、昨年ほどではないにしても、日が昇ればそれなりに暑そうだ。

7時に順次20人程度の集団でスタートしていく。

082502

市街地を抜け、清津川の左岸を上流へと進む。
まだまだ涼しく登りの道も快適そのもの。
清津川の右岸に渡るところで最初のエイドステーション西田尻だが、さすがにここは近すぎるし、提供されたバナナは苦手なので、ドリンクだけ頂いて次に向かう。

国道353は下り基調で快適に飛ばせる。
本日のMAX72.9km/hはここで記録か?
この道全力で漕がなくても、これくらいのスピードは軽々出てしまう。

快適な下りのあとは、若干坂を登って、第2ASのベルナティオ。
ここでは笹団子、レモン、プチトマト、きゅうりといったものをガッツリ頂く。
広々とした眺めの良い快適ASだ。
このあたりまでは路面も綺麗で、気温も低めで走りやすいので、それなりに頑張って漕いでみたが、このあとはマイペースでいこう。

082503

一旦十日町の信濃川沿いの道に下り、権現山方面へ向かう。
昨年は信濃川沿いの道を北上してから、坪山峠へ直接登ったが、今年は尾根伝いを坪山峠に向かう。
鉢のASでは、待望のスイカが嬉しい。このあとはひたすらスイカを食べていたような。
権現山から坪山峠に向かう尾根伝いの道は、細かい上ったり下ったりを繰り返す嫌な道だった。
路面も荒れており、水も流れていて落車も発生したようだ。

坪山峠のSAに着く頃には、日差しも結構強くなってきた。
なんか暑さにやられそうな、嫌な予感がする。

082504

ここまでくれば、昼食をとる能舞台ASもすぐそこだ。
坪山峠を下るあたりから、このコースの特徴づける美しい棚田が現れる。

082513

皆さんと別れ、少しコースから外れて、道の駅せんだでトイレ休憩。
トイレのあと、一人皆さんを追いかけ、苧島ASで無事合流。
ここでは待望のガリガリ君のエイドを頂く。
気温も随分上がってきたので、ほんとこのエイドはありがたい。

082505

農舞台ASでは昼食を兼ねて長めの休息をとる。
昨年は暑さでやられてほとんど何も食べられなかったが、今年は暑さにやられることもなく、そば、おにぎり、笹団子、トマト、きゅうり、大学芋、漬物、オレンジとかなりガッツリした食事をとることができた、というかいくらなんでも食べ過ぎ!
お腹が重すぎて、しばらくうまく漕げなかった。

082511

農舞台から星峠の棚田まで、前回同様今回も一番しんどかった。
坂そのものはたいしたことがないのだが、この頃には完全夏空に戻り、ジリジリと太陽にあぶられながら、アップダウンを繰り返す道はやっぱりキツイ。

082506

082510

写真は田野倉の棚田。
ここもけっこう大規模な棚田の風景が広がる。

082507

なんとかだらだらした走りでも星峠のASに到着。
星峠の雄大な棚田を眼下に、記念撮影。
今回初参加の中氏は、この棚田の風景に感銘を受けていたようだ。
私も10年くらい前から幾度となく訪れている星峠の棚田、今年も見ることができてなんか嬉しい。

082512

星峠のASを過ぎれば、核心部はほぼ終わり。
あとは下り基調の道のあと、キョロロの横をかすめ、最後の難関五十子平の激坂を残すのみ。
激坂の手前で一旦小休止。
昨年はリヤ27Tだったから登れたが、今年は25Tで厳しいかも?
覚悟を決めて登りだす。
ここから既にASが直接見れるので、坂は案外短い。
登った感じも、あれ?こんなものだったかな・・・・・。
昨年は暑さにやられて、かなりヘロヘロ状態で登ったから、もっときつく感じたが、今年はさほどでもなかったので、予想ほど厳しくはなかった。
ここは押して歩く人がかなりいるので、厳しいイメージができてしまったのかもしれない。

082508

五十子平の激坂をクリアし、ASで最後の休憩。
このあと一気にゴールを目指すが、最後の長い豊原トンネルを通るコースはなんとかしてもらいたい。
トンネル内の照明が暗く、自転車のライトを点灯していても、途中真っ暗で走るのが怖くなる。
おまけにいつもの縦溝にタイヤがはまりそうになり、自転車が挙動不審になる。
トンネルを抜けてヤレヤレ。
あとは全力でゴールに向かうのみ。
今回は食事もたっぷりとり、曇り気味で既に暑さも随分和らいだので、体力的にはかなり余裕を残している。
最後はちょっぴりスピードを楽しみ、無事集団ゴール。
時刻はちょうど3時くらい。
まあ途中のんびり食べて休み休み走ったので、こんなものだろう。

少し暑い時もあったが、昨年よりは断然気温も低めで走りやすく、純粋に走りを楽しめた。
また来年もお願いします・・・・となるかはまた来年考えよう。

|

« ツールド妻有2013 (前日) | トップページ | 東福寺・泉湧寺・下鴨神社 ★★★ »

コメント

kanさん
ツールド妻有お疲れさまでした。
今年は涼しくて助かりましたね。農舞台から星峠までキツカッタですね。あのころが一番の晴天と気温上昇だったんですかね~。そして最後の難所、五十子平去年はもっと長くきつい坂と感じましたが、今年はあっけなかったです。
今年の難所は最後のトンネルでしょうね。
来年 冷夏なら参加したいですね~。
ありがとうございました。

投稿: 茶々丸 | 2013年8月29日 (木) 08時55分

運転ありがとうございました。
天気も走るには良かったです。
綺麗な景色の中を走るのは、本当に楽しいです。
このルートも2回走ったので、来年はこんなのに参加したいです。
http://shinetu5ride.org/
http://www.sanroku-ride.com/
宿もマニアックなやつを探したいですね。

投稿: kan | 2013年8月30日 (金) 02時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/58064902

この記事へのトラックバック一覧です: ツールド妻有2013 (当日) ★★★:

« ツールド妻有2013 (前日) | トップページ | 東福寺・泉湧寺・下鴨神社 ★★★ »