« 祇園散策と建仁寺 ★★★ | トップページ | ツールド妻有2013 (当日) ★★★ »

2013年8月24日 (土)

ツールド妻有2013 (前日)

明日はツールド妻有の開催日。
今回のエントリー仲間は、茶々丸さん、番ちゃん、中さんと私。
前日エントリーで申し込んであるので、10時にピックアップしてもらい、一路エントリー会場へと向かう。
関越トンネルを抜けると、ひどい土砂降りで閉口したが、すぐに雨も降り止んだ。
途中十日町のお蕎麦屋さんで、へぎそばを食べ、ミオン中里でエントリーを済ませ、本日の宿へ向かう。
チェックインは夕方のはずだったが、天気もイマイチだし、特に見物するところもないので、途中買い出しをして、3時前には宿に着いてしまった。
ただし今夜の宿、月乃湯銀峰閣は標高500mの山の上、十日町からは随分細い九十九折の道を登ることになる。
予定よりだいぶ早く宿についたが、快く部屋に通してくれた。
本日の宿泊客は、私たち4人と年配のライダーの5人のみ。
おかげで私たちは6畳2間の部屋を広々と使わせてもらった。

082403

今日は猛暑もおさまり、ただでさえ涼しいのに、標高500mあるので寒いくらい。
なんにもすることがないので、早速飲み会に突入。
この涼しい部屋で、昼間っから酒を飲む贅沢、下界じゃ味わえない。

いい加減飲んだところで、風呂にでもいくかということで一階の風呂場へ。
ここは鉱泉を沸かして、お風呂を一般にも開放しているようだ。
湯船は同時に4人程度と、あまり広くはないが、涼しげな風が抜ける檜風呂は、とても気持ちがいい。

082402

風呂上がりは、宿の周りを少し散策。
20件まりの集落には棚田が点在、眼下に魚沼の街並みが広がりとても美しい。
越後三山は、雲の加減で残念ながらよく見えない。
天気が良ければ、素晴らしい風景が広がるに違いない。

082401

散策を終えると、宿では既に夕食の準備ができていた。
鮎の塩焼き、山菜の天ぷら、お肉にお刺身と料理は美味しく、量もちょうどいい。
中でも絶品なのが、魚沼産コシヒカリのお米だ。
新米ではないが、この美味しさに皆感動。
おかずがなくても、充分甘く美味しいのだ。
ついついおかわりして、お腹いっぱい、満足満足。

082404

普段なかなか体験できない、大好きな山上集落の宿に泊まることができて大満足。
中さんなどは、しきりに感動して、この宿だけでツールド妻有に来た価値があると大満足のご様子であった。

部屋に戻ってもうひと飲み、まあ明日はレースじゃないからのんびり行こう。
某氏のいびきも、広い部屋の襖を閉めれば問題なし。
涼やかな風が抜ける快適な部屋で、ぐっすり朝まで寝ることができた。

|

« 祇園散策と建仁寺 ★★★ | トップページ | ツールド妻有2013 (当日) ★★★ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/58064847

この記事へのトラックバック一覧です: ツールド妻有2013 (前日):

« 祇園散策と建仁寺 ★★★ | トップページ | ツールド妻有2013 (当日) ★★★ »