« FF21 倶楽部ラン(大泉文化村) | トップページ | Marcel Kittel »

2013年7月13日 (土)

赤城山シャワークライム ★★

連日の猛暑日で下界なんか走ってられない、ということで朝一赤城山に向かったら、途中からポツポツ雨が。
天気予報で明日も暑い日ということだったので、雨なんか予想もしていなかった。
ウェアも完全猛暑日を想定して、一番薄いやつで、アンダーなし、ウィンドブレーカーも持ってきてない。

まあここまで来たんだからと、いつものように宮城総合運動公園に車を置いて出発。
雨は止みそうにないが、走りに影響するほどは降っていないし、涼しくてちょうどいいか。
赤城神社に着くと、かなりお年を召したローディーが、どうしたものかなと思案中の様子。
「今日はずっと雨ですかね」と話しかけられたので、「下りさえ気をつければ、涼しくてちょうどいいのでは」と答えて、登り始めた。

071301

まだまだ体も本調子では無いので、様子を見つつなるべく軽めのギアで登っていく。
涼しいせいか、多少腰の痛みはあるものの、体は案外楽に動く。
心拍数160弱、ケイデンス60-70をキープするよう心がける。
一番軽いギアでも、時々ケイデンスが50台になるのが悲しいところだが。
なんだかんだで、赤城神社からカルデラ端の峠まで、62分10秒。
今までの一番良い記録が59分54秒だから、調整中としては悪くない。
なにより登っていても楽しく、結構気持ちがハイなのがいい感じ。

071302

しかし登っているときは涼しくて良かったが、止まると寒い。
特に下りはガタガタ震えるほど。
昨日までの暑さから一転この寒さとは!
ということで、旧ケーブルカー駅のレストハウスで、ホットコーヒーを飲んで一休み。
その後山頂の赤城神社で、本日2度目のお参り。

雨もあがらず、さてこのあとどうしたものかと思案したが、結局北面道路を下って西回りで帰ることにした。
慎重に北面道路を下って、望郷ラインに入る。
このあたりまで来ると、雨も上がって少々蒸し暑く感じるが、走るのにはちょうど良い。
プチ北海道的な高原道路を、快適に走る。
といっても、結構アップダウンがあるので、そんなに楽な道ではない。
真夏の炎天下に走ったら、けっこう地獄を見る道だ。

そろそろお昼なので、途中オーガニックカフェ・アウルでランチ。
このお店はこれで二度目。
座ったカウンター席から外を眺めると、広々とした高原の田園が見渡せ、なんとも気持ちいい。
ランチは野菜カレーのトマト風味。
オーガニックカフェというだけあって、野菜たっぷり、ボリュームもけっこうある。
野菜美味しいなあ、玉ねぎが甘い。
ほんと一人でまったりするには、いい店だ。

071303

さてお店を出てここから空っ風街道を走って、スタート地点に戻る。
しかしこの道がアップダウンを繰り返す厳しい道で、ジェットコースター祭りの様相。
ガーと下って登るが、たいていペダリングしても最後は失速して、ヒーヒー登り返す。
幸い暑くなかったので、なんとか最後まで走りきったが、完全に足は売り切れた。

このあと粕川温泉元気ランドの広い露天風呂で、スッキリ爽快(*´∀`*)
小雨混じりで、どうかなあと思った今日のツーリングだったが、終わってみればこの時期としては最高のコンディションで、充実した走行だった。

走行時間 4:12
走行距離 81.7km
平均速度 19.4km/h
最高速度 59.3km/h
平均ケイデンス 59
平均 心拍数 129
最大心拍数 168
消費カロリー 1481Kcal

赤城山(赤城神社コース)
走行時間 1:02:08
走行距離 10.3km
累積標高 860m
平均速度 10.3km
平均心拍数 159
最大心拍数 168

|

« FF21 倶楽部ラン(大泉文化村) | トップページ | Marcel Kittel »

コメント

Kanさんは、ヤッパリ凄いパワーの持ち主です!並みのメンバーでは走りきれません・・・

投稿: sugi | 2013年7月14日 (日) 07時58分

sugiさん、このコースはお気に入りで、毎年2回は走ります。
半日コースですが充実感いっぱい。
景色もいいし、道もいい。
そういえば、FF21のメンバーで一緒に走ったことはないですね。
希望者がいれば、何度でも案内あしますが。

投稿: kan | 2013年7月14日 (日) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/57783873

この記事へのトラックバック一覧です: 赤城山シャワークライム ★★:

« FF21 倶楽部ラン(大泉文化村) | トップページ | Marcel Kittel »