« 白河から那須を経由して帰宅 | トップページ | FF21倶楽部ラン 高窓の里 »

2013年5月 4日 (土)

高山村・中之条・みなかみ・沼田ツーリング ★★★

GW後半、何処にも行かないのはもったいないので、FF21のBanちゃん、Sugiさんをお気に入りのコースに誘って、行って来た。

このコース以前は桜の咲く頃だったが、やはり自転車には新緑の頃がベスト。
萌える新緑と、雪を頂く残雪の谷川連峰、これだけ美しいコースの割には近くていいコース。
ちょっとハードだけど、自転車乗りには絶対お勧め、星三つのコース。

050414

朝6時ちょっと過ぎ、Banちゃんの車でピックアップしてもらい、R17を渋川に向かう。
GW2日目ということで、車の流れも至ってスムーズ。
予定どおり8時ちょっと過ぎには、敷島駅の近くにある温泉施設、ユートピア赤城の駐車場に着いてしまった。
駅にも近く温泉施設をスタート地点にできるのも、このコースのいいところ。
鉄道を使ったアプローチにも至極便利というわけだ。

050401

8時半スタートでまずは子持山と小野子山の鞍部にある中山峠を目指す。
標高250mから峠の標高700mまで、標高差450mを登る。
交通量は少なく、道は広くて快適、GWの混雑とは無縁で、気持ちよく登る。
最初の方は少しキツイが、展望が開けると斜度も緩み高原状の地形になる。
展望を楽しみながら、のんびり峠に向かう。

050410

峠の南側は、榛名山や赤城山の展望が素晴らしい。
中山峠から、少し下ったところに農産物直売所を兼ねるレストハウスがある。
ここから北を眺めると、まだたっぷり雪を冠った白銀の谷川連峰が輝いている。
ここでほっと一息、展望を楽しみながら一休み。

眼下に広がる高山村は、全体が標高500m程、すり鉢状の高原の村。
地形全体がなんとなく気になって、随分昔から通っているような気がする。

050402

中山峠から村の中心に向かって、気持ちよくダウンヒル。
この下り、中之条町の中心部まで延々17kmほど続く。
右手に高山温泉ふれあいプラザの豪華な施設を眺めながら、国道145号、通称ロマンチック街道に合流。
さすがにR145は、それなりに交通量があるが、下り基調の道を高速でとばせば、車もさほど気にならない。
名久田川をわたって、ガソリンスタンド横を右に曲がれば、また静かな道になる。
のんびり自転車をこいでひと登りすれば、道の駅嵩山に到着。

050408

道の駅嵩山、幹線道路から随分離れているにもかかわらず、ずいぶん賑わっている。
ここはつい2週間前にも来たばかり、なかなか良い雰囲気の道の駅だ。
ここから本格的な峠を超えなければならないので、エネルギー補給しておいたほうが良い。
売店で、田舎まんじゅう2個を購入し、雑談しながらほおばる。
こんな時のエネルギー補給は、やはりあんこに限る。
5月らしい気候に恵まれ、この辺の芝生の上にでもゴロゴロしているのも気持ちよさそう。

050403

道の駅嵩山は、それなりに交通量があるが、ここから大道峠を越える道は静かなもの。
峠まで、いくつかの集落を通り過ぎて、緩やかな坂をジリジリと登っていく。

050411

峠道の途中に広がる、こんな山間の田園風景に、心が和む。

050412

山桜と萌えるような新緑を眺めながら、コーナーを次々クリア。
がしかし、峠ももうま近というところで、20台ほどのバイクが爆音を響かせ、猛スピードですぐ横を走り抜け、気分ぶち壊し。
全くこういう走り方をする連中は、御里が知れるというものだ。
こんな時スマートなライダーなら、もっと静かに追い越していくのだけど。

050413

バイクが走り去ったあとは、再び静寂が訪れる。
大道峠を越え、少し下ると展望が開け、再び上越国境にそびえる雪山が目の前に広がる。
峠の反対側(みなかみ側)の道は、やや荒れているので慎重に下るほうが良いだろう。

050405

下りきったところが入須川、奥平温泉。
この里は古民家が点在し、隠れ里のようでのんびり散策するのも良いところ。
奥平温泉遊神館も比較的ゆったりできる日帰り温泉施設で、スキーの帰りにはよく使わせてもらっている。
ここからたくみの里までは、ほんのひとこぎで到着する。

町の中心部は混んでいるだろうから、少し外れた須川茶屋で昼食とする。
エネルギー効率が良くないので、ツーリング中に蕎麦は食べないのだが、こういうところではやっぱり蕎麦が食べたくなる。
先ほど田舎まんじゅうを食べたから、まあいいだろうということで天ざる蕎麦を頂いた。
サクサクっとした山菜の天ぷらが美味しい。
蕎麦もそこそこ量もあって、観光地としてはなかなか良心的なお値段で美味しかった。

050406

ここから少し北に広がる水田が、とっておきのビュースポット。
ちょうど水を引き込んだばかりの水田が水鏡となり、仙ノ倉山から万太郎山にかけての稜線を写し込む。
今年は特に雪が多くて、例年よりもダイナミックな風景が広がる。

050415

当初の予定ではここから沼田市街の北側、望郷ラインを走るつもりだったが、GWにそんなガシガシ走るのもなんだねと、そのままスタート地点に戻ることにした。
たくみの里から沼田までは、赤谷川の右岸、河岸段丘の上を走る。
この道も交通量が少なく走り良い。
そのうち今まで山陰で見えなかった谷川岳の双耳峰が顔を覗かせる。

050407

沼田を過ぎる頃、利根川の反対側(左岸)に渡り、そのまま左岸を下る。
基本的には下り基調だが、小さなアップダウンがあって、意外と疲れる。
それでも交通量が多くて道が狭いR17に比べれば、遥かに楽しい道なのだ。
道は細くて荒れているが、ダイナミックな利根川の流れを近くに見て走る。
谷間の道から大きく開けた場所になると、敷島に到着。
ここには、ユートピア赤城、ヘルシーパル赤城、赤城ふれあいの家と3つの温泉施設がある。
今回は赤城ふれあいの家で入浴、入浴料はなんと300円と格安。
まあ施設はそれなりだが、露天風呂も楽しめるのでこれで充分、さすが温泉大国群馬県。
埼玉県民からすると、ほんと羨ましい。
帰りは来た時と同じ、R17バイパス使って帰宅だが、GWの渋滞もなく、至ってスムーズな帰路だった。
本日ご一緒してくれたSugiさん、Banちゃんありがとうございました。

|

« 白河から那須を経由して帰宅 | トップページ | FF21倶楽部ラン 高窓の里 »

コメント

happy01良かったですよ!参加者がもう少し多ければもっと良かったかも。いつものことですが、撮影場所も写真も素晴らしい!

投稿: sugi | 2013年5月15日 (水) 08時52分

参加者が少ないのは、私の不徳の致すところです。
結局自分が好きなところしか行かないですからね。
まあこの性格は治りませんが。
もう少し暑くなったら、野反湖にも行ってみようと思います。
ここも久しく行ってないけど、雄大な景色が広がります。
でもその前に腰を治さなきゃ(T_T)

投稿: kan | 2013年5月16日 (木) 01時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/57327245

この記事へのトラックバック一覧です: 高山村・中之条・みなかみ・沼田ツーリング ★★★:

« 白河から那須を経由して帰宅 | トップページ | FF21倶楽部ラン 高窓の里 »