« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月28日 (日)

白河から那須を経由して帰宅

4月28日も晴れ、風も昨日よりはおさまったようだ。
けれど白河市はこの時期としてはかなり冷え込み、那須連山は雪で真っ白。
ホテルの前で自転車を組立、まずは白河小峰城へ向かう。

042908

北側から見た三重櫓、石垣も立派でかなり威厳がある。
さすが松平定信公の治めた城である。

042907

しかし表門に向かうと、大震災で崩れた石垣が痛々しい。 
きっとこの城は市民の誇りなんだろう、一刻も早い復旧を願う。
しかしやはり立派なお城のある城下町はいいものだ。

042901

お城をぐるっとひと回りした後は、R4号を南下し、途中県道68号を右折して那須高原へ向かう。
時間が早いせいか、高原に伸びる道は車も少なく走り良い。

042909

途中道幅が狭くなり、ひと登りすると見晴らしの良い牧草地に出る。
牧場の向こうには、新雪をかぶった那須連山がそびえる。
しかし今日は北風が寒い。

042910

しばらく県道68号は車も少なく、非常に気持ちよく走れた。
路面状態もいい、高原のリゾートらしい道が続く。
天気が良ければ、標高1450mほどの峠の茶屋までヒルクライムとも思ったが、この雪じゃ走っても面白くはないだろう・・・ということで取りやめ、またの機会に。

042902

県道68号が30号に変わる頃、観光客もだいぶ増えたようで、車の通りがだいぶ多くなってきた。
30号は道幅も狭く、だんだん自転車で走るのがうんざりしてきた。
そんな時、右手に見えた道が気持ちよさそうだったので、そのまま右折。
観光道路を少し離れて、山麓の集落に向かえば、ほとんど車も走らない静かな道。

042903

清流や道端に咲くイチリンソウ、ニリンソウの可憐な花たち。
のどかな田園風景を楽しみながら、のんびり走る。

042911

再び30号に合流すると、交通量がどっと増えて走りにくい。
といって迂回路があるわけでもないので、しばらく30号を進み続ける。
下り坂で追い風基調、しばらくは40km/hぐらいのスピードで走り続けた。
30号から242号に右折し、しばらく進むとお蕎麦屋さんが見えたのでここらで昼食。
お蕎麦だけではカロリー不足になっちゃうので天ざる蕎麦を頼んだ。
お蕎麦の量もちょっと多めで、味もなかなか美味しかった。

042904

しばらく242号沿いを進む。
メジャー道から少し外れると、ほんとのどかで走り良い道なのだが。

042913

R293で鹿沼に向かおうとしたが、やはり交通量が多そうだったので、さらに南下。
途中右に曲がって、大谷に向かう。

042912

042905

大谷に入ると、むき出しの巨岩が迫力で迫ってくる異様な風景に一変。
せっかくなので、坂東十九番札所、大谷観音に寄ってみる。

本堂に入ると岸壁に、平安初期の作品と言われる見事な千手観音が彫られていた。
その他にも、釈迦三尊、薬師三尊、阿弥陀三尊と素晴らしい磨崖仏が彫られていて、見ごたえ充分。

042906

大谷から鹿沼に到着。
ここまでくれば、この先自宅までは既に2回ほど走っているので、ルートで迷う心配はない。
しかしここから追い風気味の風が、横風あるいは向かい風に吹き始める。
結局この先少々風に難儀したが、残り80kmあまりを走りきり、6時半ごろ自宅に到着。
風のおかげでけっこう厳しい自転車旅だったが、無事終了。
とにかく風呂風呂風呂、めしめしめしで、さっぱりしたあとビールでひとり乾杯。
今回の旅の余韻に、ひとり浸るのであった。

走行時間 8:12
走行距離 193km
累積標高 688m
平均速度 23.5km/h
最高速度 60.1km/h
平均ケイデンス 74
平均 心拍数 110
最大心拍数 142
消費カロリー 2289Kcal

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月27日 (土)

那須烏山経由白河へ

今年のGWは全く予定を立てていなかったが、好天が続くということで、昨年に続き急遽北を目指すことにした。
とりあえず白河に宿を確保し、翌日は気の向くまま、さらに北上するか、会津に向かうか。

042803

朝六時半、自宅を出発、まずは渡良瀬遊水池を目指す。
天気はいいということだったが、風は予想以上に強い。
西南西の風で、若干追い風気味なのが救いか。

渡良瀬湧水池から思川沿いのサイクリングロードで北上、左岸の小山総合公園で突然サイクリングロードが終わっていた。
全く河川のサイクリングロードは、なんでこんなに不親切かと頭にくる。
ここで迷ってウロウロして時間を無駄にするのもなんなので、小山市内を横切って、県道44号を目指す。
県道44号で鬼怒川を渡り、鬼怒川サイクリングロードを北上。
鬼怒川サイクリングロードは出だしだけ左岸だが、あとは右岸を走るべきだったが、そのまま左岸を走って、またもサイクリングロードを見失う。
なんとか左岸のサイクリングロードに戻り、県道64号で鬼怒川を渡り、そのまま64号で、那須烏山へ。
このへんでやっとツーリングを楽しめる道が現れた。

042701

緩やかな丘陵地帯では、既に田植えが始まっていた。
これからずっと旅のお供は蛙の鳴き声ってところか。
心和む日本の春、田んぼの泥の匂いが懐かしい。

042804

12時ちょっと過ぎ、那須烏山で昼食をとろうと思ったが、なかなかいい食堂が見当たらない。
やっと見つけた食堂うさみで普通のランチメニュー、唐揚げ定食。
蕎麦なんか食べたら、ちっともエネルギーにならず、すぐにハンガーノックだから、カロリーが大事。
しかし、ご飯多すぎで、当然全部は食べきれない。
烏山線は、烏山駅が終点。
のどかなローカル駅舎、旅情たっぷり。

042805

低いとは言え山間部、風が収まることを期待したがそれでころじゃない。
上流から谷沿いに風が吹き抜け、モロ向かい風。
鯉のぼりがいつもより増して元気に泳ぐ、勘弁してくれ(T_T)。

042702

烏山からずっとR294の対岸、那珂川の左岸を走る。
風さえなければ、交通量は少ないし道もきれいで自転車向きだ。
今はちょうど田んぼに水をはる時期、水をいっぱいにたたえた水田の中を走るのは本当に心地よい。
042806

北に進むにつれて、家屋もどことなく古くて重圧な家が目立ってきた。
関東から東北へ、景観が徐々に変化していく。
伊王野の道の駅でしばし休憩。
向かい風のため、思いのほか時間を取られたので、R294を走るか迷ったが、結局当初予定していた県道76号、白河の関を通るルートにした。

042807

徐々に日が傾く中、とりあえず標高500mの峠超え。
といっても、たいした傾斜じゃないからたいした苦労もなく峠に到着。
車も少なく、道もまずまず、こちらのルートにして正解だ。
峠から先は福島県、東北に突入。
峠をダーと降れば白河の関跡、ここから先はいよいよ東北かと思うと感慨深い。
風は増すます強く、気温もさらに急降下。
白河市内の、南湖公園に差し掛かるころは、日も暮れるところだった。

042808

本日の宿は、新白河の駅のそば、ビジネスホテルゴールド。
宿泊料金がなんと3500円、どんな(安)ホテルかと思ったが、建物は小さいものの、新しくて清潔、部屋も広々で、コストパフォーマンスは抜群。
次回機会があったらまた泊まりたい、ひとり自転車旅にはぴったりの宿だ。
ちなみに自転車は輪行袋に入れて、部屋に持ち込んだ。

一人だったので、夕食は近くの食堂で簡単に済ませ、ホテルに戻り、コンビニにで買ったチューハイで、今日の行程にひとり乾杯。
あすの予定だが、この強風と寒さにすっかり戦意喪失、こりゃそのまま帰宅だな。

走行時間 8:32
走行距離 192km
累積標高 997m
平均速度 22.5km/h
最高速度 56.5km/h
平均ケイデンス 75
平均 心拍数 126
最大心拍数 175
消費カロリー 3055Kcal

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

中之条桃源郷ピクニック

031010

イラストを描いた行きがかり上、中之条を活性化させようと活動している、里山テーマパークの活動に参加してきた^^。
もう5、6年前、子供が小さかった頃、ちょくちょくおじゃましたのだけど、このところとんとご無沙汰。
ネットではお馴染みのYさんと、会うのも久しぶりだ。

042004

集合場所は、中之条の道の駅嵩山。最初は薄日もさしていて、天気予報が言っていたほど寒くない。
今日はあんがい良いピクニック日和では?

042002

挨拶して、40人ほどで里山の民家前をぷらぷら歩いていく。
今年は花の時期が早くて、花桃や桜は既に見頃を過ぎていた。

042005

それでも民家の庭先に咲く桜や桃は、この時期最高の楽しみ。
レンギョウの黄色い花は、まださかり。
この辺はほんとうにすみれの宝庫で、いたるところですみれの群生が。

042006

042007

2時間ほど歩いて薬王園に到着。
ここでは係りの方が準備してくれた、ピザ、おにぎり、豚汁、焼きリンゴでランチ。
子供たちは楽しそうに手作りピザを焼いていた。
しかしいつの間にか気温が急低下、寒い寒い。

042001

帰りも民家の庭の花を眺めながら、ぷらぷら散歩。
いつもは自転車だけど、今日は終日散歩。
スピードが違うと、また見えてくるものも違ってくる。

042008

2時半ごろ、出発地点に戻って、本日のピクニック終了。
皆さんご苦労様でした。

このあと夕方6時から、係りの方々の食事会にちょっとお邪魔。
久しぶりにYさんの奥様にも会えて、楽しく歓談。
次回蛍の宴には参加できそうもないけど、またイメージイラストでも描いてみましょうかね。

帰宅する頃には、中之条は本格的な雪模様だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月20日 (土)

四万温泉、積善館、カフェ柏屋

桃源郷ピクニックのあと、久しぶりに四万温泉(しまおんせん)に行ってみる。

042003

目的はこのレトロ・モダンな建物の積善館。
この建物は、「千と千尋の神隠し」のモデルにもなったとか。
確か長野の湯田中温泉にも、モデルになった温泉宿があったと思うけど、こちらもなかなかいい感じ。

042009

GW前で、天気もイマイチなせいか、湯船は空いていた、というか貸切状態。
いろんな種類の湯船が楽しめるというわけではないけれど、大正ロマンを満喫しながら入るお風呂もおつなもの。
日帰り入浴料は1000円とちょっとお高いが、この文化財を維持していくことを考えれば妥当なところ。
温泉を出る頃には、雨が雪へと変わっていた。

042010

お風呂のあとは、Y氏おすすめのカフェ柏屋へ。
レトロで落ち着いた雰囲気は、この静かな温泉街によく似合っている。
珈琲もとても美味しく大満足。
二階からは清流が見えるようだが、残念気づかなくて一階で珈琲を飲んだ。
次回は是非二階から、清流を見ながらくつろぎたい。

2時間ほどの滞在だったけど、四万温泉ひなびた雰囲気がほんと心にほっこりくる良い温泉だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月13日 (土)

顔振峠、富士見茶屋

そろそろヒルクライムシーズン開幕。
久しぶりに越生の龍穏寺から、グリーンラインに登ってみた。
しかしほんとこのコースは厳しい、ひたすら耐えるのみ。
なんとかグリーンラインに出て、ほっと一息。
これからいつもの如く顔振峠に向かう。
山の上は少し寒いかなと思ったが、日差しもあって快適そのもの。
多くのローディーたちとすれ違い、グリーンラインは大賑わい。

041305

この時期待望の桜の下でのお蕎麦をいただく。
ほんとこの時期、富士見茶屋のロケーションは最高。

041306

でも桜の方は花付きがイマイチ、例年満開時この桜はもっといっぱい花が咲くんだが。

041301

春をいっぱい感じて食べるお蕎麦は最高の贅沢。
この時期、顔振峠周辺は花と新緑で艶やかそのもの。

041302

041307

帰りは少しGLを白石峠方面に戻り、黒山三滝に至る林道猿岩線を下る。
この道から見る、GLの山桜は本当に美しい。
この辺は山桜があまりよく見える場所がないので、このコースは本当に貴重。

041303

041304

もっと走りたいところだけど、ディレイラーの調子が悪く、カラカラとうるさいので帰宅。
帰ってからセオサイクルに向かって、ディレイラーの調整をしてもらった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月 7日 (日)

FF21、ニュージャージデザイン

Pic01

Pic02

オーダーしていたオリジナル・デザインのジャージが出来上がった。
結局18人のメンバーが、このジャージを購入。
シンプル&クリーンで、イベントはもちろん普段から着てもらえるジャージができたんじゃないかと思う。
やっぱり自分がデザインしたジャージが、できあ上がるって嬉しいものだ。
早くこのジャージでトレイン走行といきたい。

このオーダージャージは、Champion System で作成しました。
手頃な値段で作成でき、なかなかお値打ちだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年4月 6日 (土)

春の弓立山、慈光寺、霊山院

午後から雨だというので、早朝から弓立山へ向かった。
平地の桜は既に終わったけど、山ならばまだ見れるかな?っと向かったのだが、結局この辺ももう盛は過ぎていた。
特に目当てのお気に入の桜は、完全葉桜でがっかり。

040601

大附の里の桜ももう終わり。
山全体が、低い雲にかかったように霞んでいる。
今はミツバツツジと花桃が盛りを迎えていた。

040605

今年の桜は一気に咲いたようで、山桜もすでに葉桜が多い。

040602

一旦山を降りて、向かいの山の慈光寺、霊山院に向かう。
こちらの標高は400mほどあるが、やはりこちらの桜も既に盛は過ぎていた。

040606

霊山院の庭は、花桃が満開。
美しく品の良い佇まいが、この寺の魅力。

040604

040603

慈光寺の裏から、松郷峠を超え、雀川ダムに至る林道を進む。
雷電山の裏あたりは、山桜と新緑が美しいお花見スポット。
山桜の花吹雪を浴びながら走る道は、この季節ならではの贅沢。

040607

急に風が強く吹き始めて、今にも雨が降り出しそう。
強い向かい風に難儀しながら、なんとか雨に濡れないで本日のツーリング終了。
来週あたりは本格的に山に登ってみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »