« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月27日 (火)

アルファロメオ・パーカー・デザインコンテスト

アルファロメオ・パーカー・デザインコンテストが開催されています。

http://jp.alfaromeo-jp.com/artandpen/

先日投稿したパーカーのデザインが、サイトにアップされました。

http://pinterest.com/pin/558376053769442435/

しか~し、結構大きなイメージ送ったのに、アップされた画像、ちっちゃあぁぁぁぁぁぁ。
せっかく苦労して、野暮ったくならないようスタンプ風にイラスト加工したのに(T_T)
いろだって、同系色渋く決めたのにデザインがよく見えないじゃん。
文字の THE SPRIT OF MILANO だってこれじゃ読めない。
というわけで、大きなサイズをアップしときます。
じっくり見てもらえたら、嬉しい(*´∀`*)

112702
112701

けっこうスタンプ風に写真を加工するのって楽しい・・・(^_^)
写真ならなんでもいけそうな気がする。
簡単なので、気軽に依頼お受けできます。
まあそれなりにノウハウはあるけど・・・(  ̄▽ ̄)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年11月26日 (月)

浅見茶屋から顔振峠

今日はノープラン、久々に倶楽部のメンバーと走ろうと、平成の森に行ってみる。
番ちゃん、茶々丸さん、Yさん、Nさん、松っちゃんとご一緒して、巾着田方面へ走り出す。
当初竹寺へというつもりだったけど、昼食をとる場所がないので、プラン変更。
巾着田から、吾野にある浅見茶屋に向かう。
ただ難点なのが、交通量が多いR299を走らなければならないところ。
今日は連休の最終日で、とにかく交通量が多くて閉口した。

112601

R299から浅見茶屋へ分岐する入口に、紅葉の名所として有名な東郷神社がある。
現在もみじ祭りとかで、多くの人で賑わっていた。
ただ紅葉の風情的なものはなく、なんか雑然として居心地悪い。
入口付近を少し見て、浅見茶屋に向かう。
R299から延々3km程の坂道を登り、こんなところにうどん屋があるの?と不安になりかけた時、浅見茶屋に到着。

112602

山の中といっても、かつては子の権現の参道にある茶屋として賑わっていたらしい。
そして今も辺鄙な山の中にあるとは思えないくらい賑わっている。
特に今日は紅葉狩りで、伊豆ヶ岳や子の権現から来るハイカーの立ち寄りどころといったところ。
店の作りは歴史を感じる古民家、山小屋ふうでとても居心地が良い。
肉汁釜揚げうどん(850円)を注文。
値段が少し高めなのは、立地的に観光地価格になるので仕方ないところ。
うどんは硬すぎず柔らかすぎず、個人的に一番好きな歯ごたえと食感。
つけ汁はやや甘めだが、濃厚でこれまた美味しい。
以前来た時は、それほど味の印象が残らなかったが、今日は明らかに旨かった。

112603

食事のあと、外に出たら寒いこと。
ブルブル震えながらR299まで下り、吾野の旧道経由で顔振峠へと向かう。
ここは今ままで2回くらい走ったはずだが、あまり記憶に残ってない。
ゆるゆる登ろうと思ったが、案外急な坂道で腰が痛くなったころ顔振峠に到着。
ここもドライブやらハイキングやらサイクリングでずいぶん賑わっている。
あまりのんびりしてもいられないので、Yさん先導で下ると、松ちゃんのタイヤがプシュ~、シュルルル。
少々パンク修理に手間取った後、再び平成の森に向けて走り出す。
結局4時頃平成の森に到着後、皆さんとわかれて帰宅。

今日は先日購入したウィンタージャケットで走った。
冬用ウェアを着るのは、少し早いかなとも思ったが、今日はこれでちょうど良かった。
来週から12月、そりゃもう冬だよな・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年11月24日 (土)

赤いアルファロメオ・アルフェッタ

もう1週間ほど前になるのですが、ランチア・ランチでお会いした、toano さんの愛車、アルファロメオ・アルフェッタのイラストを作成しました。
久しぶりにA3用紙に印刷、黒いアルミフレームに入れて発送完了。
tano さんには喜んでいただけて何よりです。

Alfetta

イラストの依頼をお受けしています。
興味がありましたら、適当にコメントしてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月23日 (金)

2012 COPPA DI TOKYO(コッパディ東京) その2

112307

ジュリエッタ・スパイダー。
ジュリエッタ・スプリントより、バンパー周りのデザインが好きです。

112309

チンクのショート版?それにしても小さい。

112310

マセラティのエンブレムがついた、幻のシトロエンSM。

112333

雨のイタリア街に集う、カラフルで美しい車たち。

112331

後ろ姿がセクシー。

112330

フェラーリと並んでイセッタがあるというのもなんか面白い。

112318

ジャガーXK120。やはり顔のアップで。

112329

メッサーシュミット2台。

112323

このディノ、確かコッパディ小海でも見かけた常連さんのようです。

112317

再びジャガーXK120。もう一台ロードスターも出場してました。

112324

112326

雨のイタリア街、存分に楽しませていただきました。
また来年もよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012 COPPA DI TOKYO(コッパディ東京) その1

出かけた頃は雨が止んでいたが、会場に到着するとあいにくの雨模様。
カフェで食事をとりながら、車が戻ってくるのを待っていると、待望の車が会場に到着。
雨で撮影条件はあまり良くなかったけど、そのぶんギャラリーも少なめで、じっくり写真を撮ることができた。
このイベントに出場する車は、どれも厳選された素晴らしい車たちばかり。
いい目の保養をさせてもらいました。

112334

戦前のアルファロメオ、ボンネットにフェラーリのステッカーが。
フェラーリがドライバーだったモデルかな?

112301

このコブラ427、由緒正しき427の5台目の車とのこと。
長年ごみ捨て同然に放置されていたものを、完全レストア。
まったく痺れるくらい美しい車で、ほんとオーラを放ってました。

112304

フィアット8Vザガート、堺正章氏が所有する車だとか。

112305

911 73カレラ、バランス良い自己主張で、一番美し911だと思ってます。

112308

非常に美しい青いSZ。この日SZは3台参加してました。

112311

マセラティ・ギブリ・スパイダー。
往年のスーパーカーのオーラが。

112314

2代目コルベット。特異なデザインが唯一無二。

112320

オースチン・ヒーレー100。
つい英国車のフロント周りをアップで撮影してしまう。

112316

フルサイズの初代サンダーバード。華やかな空色が街に映える。

112321

めずらしいフランスのマトラ・ジェット。
どこかアルピーヌルノーを彷彿とさせる、美しくて小さな車でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年11月21日 (水)

ふらり北鎌倉へ

いつものように電車に乗って、いつもの駅で降りずに、30分ほど電車に乗ると北鎌倉に到達。
以前鎌倉に来たのは、結婚前に嫁さんと来て以来20年ぶり。
どうも鎌倉はめちゃ混みというイメージが強く、なんか今まで足が向かなかった。
混むのは京都も同じか・・・と心を改めて、有給休暇を使い久々に鎌倉に降り立った。
鎌倉へは、湘南新宿ラインを使えば至極便利だし、途中まで定期が使えるのでかなりお得なのだった。
鎌倉はやはり温暖で、紅葉は色づき始めといったところ。
思ったより楓は多く、紅葉の最盛期はもっと楽しめそうだ。

円覚寺、久々の広い伽藍を堪能

112101

112104

112102

112105

112106

112107

東慶寺、風情ある花の庭を満喫

112108

112103

112109

浄智寺、もう少し紅葉がすすめば良かったのに

112110

112111

昼食を挟んで、円覚寺、東慶寺、浄智寺を巡ればお腹いっぱい。
これ以上お寺を回ると、記憶がごちゃごちゃになりそうだったので、建長寺は別の機会にしておこう。
鎌倉、多少混むがふらっと来るには案外いいかも。
次回は自転車持ってくるってことになりそうだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年11月20日 (火)

この週末はコッパディ東京

昨年京都に行っていて見られなかったコッパディ東京が汐留イタリア街で開催されます。
珠玉のヨーロッパ車が50台も、おしゃれな街に勢ぞろい、ワクワク(o>ω<o)。

111903

111902_2

111901

これは2010年の様子、ちょっと天気がイマイチそうなのが気になるところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日)

秩父紅葉の札所巡り ★★★

このところのイベント続きで、今年はまだ紅葉狩りに行けずじまい。
流石に紅葉の禁断症状は抑えきれず、いざ紅葉狩りへ。
当初は群馬県川場村にある吉祥寺を狙っていたのだけど、冬型の気圧配置であのあたりは時雨模様ということだ。
そんじゃ場所を変えて近場で秩父あたりか、と今までの経験とググった情報を基に考えたのが今日のコース。
結論から言うと、紅葉の季節ドンピシャ、これが大正解だった。

今回はたっぷり紅葉を堪能するために長瀞まで車で移動。
親鼻橋近くの皆野スポーツ公園に車をデポする。

風が強いので頑張って自転車を漕ぐつもりもないので、カジュアルウェアで済ますつもりだったら、ヘルメット忘れた。
やはりキャップだけではなんだか頭が不安だが、今日はしょうがないので走り出す。

いつものように蓑山の東を抜けるのどかで気持ち良い道を走る。
簑山は今が紅葉の盛で、登ったら楽しそうだったけど、今日の予定を考えるとパス。
途中みずほの里で蒸したてのホカホカ酢まんじゅうを2つ購入。
簑山の東斜面に広がる集落がなんとも気持ちよさそう。

111806

ゆるゆる登って、小さな曽根坂峠を超え下ったところに度々おじゃましている四萬部寺(しまぶじ)がある。
しかしここがこんなに紅葉の名所だったとはうかつにも全然気がつかなかった。
境内裏手の小山は楓の林が広がっていた。
楓は今が紅葉の最盛期、美しい紅に山全体が染まっている。

111801

それなりに人出はあるが、風情を損なうほどの人の多さではない。
幼い姉妹が楓の葉を拾い集める風景に、心が和む。
我が娘たちもこんな時代があったな・・・・と感傷気味。
落ち葉にうもれたお地蔵様、楓の葉越しに見える武甲山、極彩色に撒き散らされた楓の葉、美しい被写体で溢れている。
楓の小山に登ってベンチに座り、先ほど買った酢まんじゅうをいただいて、紅葉狩りを満喫。
111807

ひとしきり紅葉狩りを堪能したら、次なる目的地へ。
横瀬川の西側を走ると、車が少なくて走りやすいのでお勧め。
途中さらに裏道をつなげ、気持ち良い道を散歩気分で走るのがポタリングの醍醐味。
最後に坂をひと上りで、コミネモミジの巨木で有名な西善寺に到着。
入口で協力金200円を払って山門をくぐると、巨大で姿の良いもみじが出迎えてくれる。
このもみじに会うのはこれで二度目だ。
このもみじ、葉は紅ではなくオレンジ色に紅葉するらしい(正直もっと紅かったら・・・)。
それにしても巨大な根元と、美しく広げた枝ぶりには、惚れ惚れする。

111802

111808

111803

流石にこのもみじ、大変な人気らしく次から次へとカメラ持参の参拝者が訪れる。
人影を入れずに巨大なモミジをフレームに収めるのは至難の技。
しばらくああでもないこうでもないともみじの周りをウロウロしながら、美しいもみじを鑑賞したのだった。

西善寺のあとにし、すぐ近くの蕎麦屋に立ち寄ったのだが、着席するも周りの人はほとんど蕎麦待ち状態。
これじゃあ当分出てきそうもないと、すぐに諦めて店を出た。
先ほど酢まんじゅうを食べたばかりだし、しばらくは大丈夫だろう。

西善寺から羊山公園を超え、秩父市街を抜けるのがいつものコース。
秩父のツーリングで頭が痛いのが国道140号だが、国道より東側を通る道を走ることによって大部分回避可能だ。
橋立堂から浦山ダムあたりでちょっとルートミスしたが、あとは順調に秩父を西進する。
浦山ダムより西は、のどかな山麓風景が広がり、走っていてとても楽しい。
普段のツーリングでは時間の関係上、秩父市街より奥に進むことはないのでかなり新鮮だ。
ちなみにこの道沿いには、野坂寺、円融寺、大渕寺、橋立堂、長泉院、清雲寺、法雲寺と古刹が立ち並び、それらをめぐるだけでも楽しいそうである。

のどかな里の風景は、三峰口駅を過ぎると、深い渓谷の風景となる。
三峰口駅を過ぎても、大血川手前まで荒川の右岸を走ることが可能でお勧め。
深い谷をはさんで、対岸の街道沿いに集落を見ながら走るこの道は、眺めもいいしほんと気持いい。
大血川手前で橋を渡り、国道に合流すれば目的地はすぐそこ。

111809

小さなトンネルを抜けると、「金蔵落としの渓流」として有名な紅葉スポットがある。
断崖絶壁に自生する楓が絶妙な色彩を演出。
多くの人が車を止めて、この絶景に魅入っていた。

111804

111810

しばらく渓谷の紅葉を楽しんだら、来た道を一旦三峰口まで戻り、旧両神村方面へ抜ける。
緩やかに少し登るとトンネルで、あとは下り基調の快適な道。
ここまで昼食をとっていなかったので、道の駅両神によって、天然酵母パンを2つ購入。
時刻も2時を過ぎてすでに日が傾き始めた。
なるべく早く最後の目的地に着きたいので、パンをザックに詰め込みそのまま走る。

111812

先日のツーリングで庭の風情がいたく気に入った、法性寺に着いたのは、2時半を少し回っていた。
このお寺、谷状の地形に建っているので、この時刻で既に日差しが無い。
そして出会った参拝者も5-6人と至って閑散としていて、うら悲しいほど。
まあそこが幽玄なたたづまいでいいのだけど。
観音堂は誰もいなく、怖いくらいに薄暗い、ちょっとした異界の雰囲気。

日差しがないので期待した紅葉は思ったほど鮮やかではなかったけれど、銀杏の葉っぱを敷き詰めたようなお庭は、やはり一見の価値あり。
緑の苔に散りばめられたもみじもまた美しい。

この庭を見ながら、先ほど購入したパンで遅い昼食とした。
じっとしていると、既に寒くて震えそうだ。

111811

1時間ほど滞在して、車まで戻ることにする。
途中小さな峠から小鹿野を見渡すと、紅葉した木々が西日を浴びて、あたり全体オレンジ色に染まっていた。
自宅のある鴻巣の平野では、このオレンジ色はちょっとお目にかかれない。
車に到着する頃、ちょうど太陽が山の端に沈んでいった。

111805

車を留めたのが長瀞のすぐそばだったから、長瀞の紅葉ライトアップを見ようか、温泉かか迷ったが、結局温泉へ直行。
結局これが本日唯一の失敗か?
昨年龍勢ヒルクライムの帰りに、秩父川端温泉梵の湯に寄ったときは好印象だったんだけど、夜じゃ露天風呂から川面も見えない普通の銭湯。
入浴料850円と有料ロッカー(100円)が割高に感じたからか?
群馬だったらもっと風情があって500円で入れるのに。
埼玉の温泉は少し割高なのがやっぱりイマイチ。

それでも秩父でこれほど紅葉を堪能できるとは、嬉しい誤算。
長瀞の紅葉ライトアップに、少し未練を残しつつも、満足な余韻に浸っての帰宅だった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年11月11日 (日)

British Historix 2012

111111

このところ自動車イベントが目白押し。
そのなかでも69年までに生産された英国車で、右ハンドルオンリーと、なんとも興味深いイベントが、熊谷スポーツ文化公園で開催されたので、行ってみた。
天気はどんより曇っていたけど、なんとか昼間は持ちこたえそうだ。
車で20分も走ると会場に到着、・・・しかし何処にもそんなイベントの案内は見つからない。
熊谷スポーツ文化公園、時々近くを通るのだけど、まさかこんな巨大な公園とは思わなかった。
BLOGで会場の写真を確認し、なんとか10分くらい歩いて会場に到着。

会場ではまずバグパイプ演奏のお出迎え。
なんとも本格的な演出だ。
そして一番最初に目に飛び込んできたのは、アストンマーチンBD5。
超有名な初代ボンドカーで、今購入すれば1億近い値段がつくとか。
まさにお宝中のお宝、イラストに描きたかったんだよねえ。

111101

非常に美しいBD5を舐めまわすように見学&写真撮影。
いい資料が撮れました。

111103

こちらも貴重なモーガン3ホイラー、初めてお目にかかる。
エンジンが完全に露出しているってのも、視覚的にGood。

111102

小さな高級車バンデン・プラ・プリンセス 1100、いかにも英国車っぽい優雅さがたまらない。

111104

MGの戦前レーシングモデルらしいけど、名前は?
戦闘的な雰囲気のお尻が素敵。
111105
ブリティッシュグリーンに黄色いストライプが決まっている、レーシング・ロータス・エリート。
ロータスの中ではやっぱりこのエリートが一番好き。

111106

昨年トリコローレでお会いしたTさんのA35カントリーマン。
すぐ近所らしいんだけど、お住まい聞くの忘れた。
緩い感じが最高。

111107

111108

111109

111110

その他にも素敵な車がズラッと70台あまり。
一部の超高級車を除いて、ほのぼの親しみやすい車が英国車の魅力?
こじんまりとしているけど、アットホームで緩い感じが素敵なイベントだった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年11月10日 (土)

日曜日はブリティッシュ ヒストリックス

またまたカメラ小僧情報です。
今度の日曜日(11/11)、熊谷スポーツ文化公園で「British Historix 1st」が開催されます。
内容は、1969年までに制作された、右ハンドルの英国車のミーティングだそうです。
ちょっと天気が気になりますが、こういうジャンルが絞られたミーティングは、お宝が拝める確率が高い。
秋の紅葉狩りも行きたいけど、秋は車のイベントが目白押し、ううん見逃せない。

Jaguar_e
こんな車や
Triumph_tr4a
こんな車
Marcos1600gt
こんな車が見られそうヽ(´▽`)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月 8日 (木)

川越散策と能仁寺 ★★

やっと仕事も一段落、ちょっと余裕ができたので有給休暇とって嫁さんと昼飯。
せっかくの平日休みだから、散策がてら川越へ。
食べログでいろいろ調べたが、これといったレストランが見つからなかったので、現地で決めることに。
蔵づくりの町並みをぷらぷら歩くと、お菓子屋や漬物屋などがそれぞれ、メニューが少ないながらも1000円~2000円くらいの食事を提供している。
芋のおこわだったり、芋の釜飯だったり、芋のピザだったり・・・・。
有名な芋膳の食事3000円~はちょっとなあ・・・だけど、1000円程度の芋料理なら気軽に食べられる。

110802

結局、翠扇亭(すいせんてい)のいも釜飯をいただくことに。
観光客用の食事は重々承知の上、ランチ1360円なら妥当なところ。
二階の食事処はカフェ風でちょっと雰囲気的に想像と違ったが、食事は普通に美味しかった。
釜飯は、いもやクリがトッピングで少々甘めだが、漬物を乗せると程よい塩加減で食が進む。
ただご飯を包んでいるアルミ箔は手間でもとったほうが良いのでは、少々興ざめ。
蔵の街は散策しながら、食事するには事欠かないようだ。
和食以外におしゃれなカフェや、スナック系のお菓子も多いし、それも今後楽しめそうだ。

110803

食事のあとは、お土産見たり、甘納豆や漬物の試食等、嫁とふたりでぶらぶらして、次の目的地飯能の能仁寺に向かった。

110805

能仁寺の紅葉には早いことは判っていたが、楓は割と紅葉が進んでいた。
早くも少し傾いた西日を浴びて、楓は艶やかに。

110806

静かな境内から、庭の拝観に向かう。
多分先客は誰もいないと思っていたが、3人のおばさん達が。
でもすぐに拝観が終わって出て行ったので、ゆっくり二人で庭を堪能。
庭を見ながら、ゆったりした気持ちで子供のことなど話して30分あまり。
想像以上にいい感じのひと時だった。

110807

110808

庭を拝観する人たちの声がしたので、私たちはお暇して帰路についた。
軽い80kmあまりのドライブだったけど、ゆったりと秋の日を楽しんだ。
そろそろ里の秋も佳境を迎えようとしている。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

入間基地航空祭 2012 ★★★

110307

最近はすっかりカメラ小僧になって、入間基地航空祭に行ってきた。
11時半に、nekoJさんと入間基地西側で待ち合わせ。
合流して入間基地の西から基地内へ。
それにしてもすごい人だ、入場者数は22万人くらいだったとか。
駅の混雑も相当すごいことになるということなので、やはり自転車の来場がお勧め。
自転車は稲荷山公園において、徒歩で西側から入場するのが良さそう。
すごく混んでいるといっても、メインのブルーインパルスは空の上。
アクロバット飛行を見るには、十分なスペースが確保できる。
またどちらから来るか、何を演技するかのアナウンスがあるので、当初予定していた入間川河川敷からの見学より、基地内からの見学の方が断然良い。
高校生までは、けっこうディープなミリタリー小僧だったので、やはり戦闘機を見ると、心が踊る。

110302

110303

110301

110304

110305

110306

110308

110309

110310

110311

110312

110313

110314

110315

とにかく迫力満点、見てるだけで心が爽快になる大空のショーであった。
最後は小さなトラブルが生じて、途中飛行中止になってしまったのがちょっと残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 3日 (土)

川越散策

110804

先日入間基地の航空祭に行く前、ちょっと寄り道して川越へ。
前から気になっていた、シマノ珈琲大正館へ。
レトロな雰囲気のお店でいただく珈琲、美味しかった・・・けど。
ブレンド550円とちょっとお高め、まあ雰囲気を楽しむ珈琲でした。

110801

まだ時間が少しあるので、自転車押してぷらぷら菓子屋横丁へ。
菓子屋横丁入口付近にあるパン屋さん楽々
外に気持ちよさそうなベンチとテーブルがあったので、ついふらふらとお店のなかへ。
栗アンパンとオリーブのフォカッチャを購入し、ベンチでいただく。
ここのパン、美味しいわ~(´▽`)。
とついつい時間を経過して、入間基地に急ぐのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »