« だらりと秩父高原牧場 | トップページ | ジャージデザイン2 »

2012年9月16日 (日)

K君レクチャーラン

最近FF21に加入したK君はなんと高校2年生。
正直オヤジ・ジジ・ババ軍団のFF21になんで?と思ったが、クロスバイクで走れる倶楽部ということで、自転車エントリーにはいいのかも。
次回からうさぎ組でグループ走行ということなので、その前に走りをチェック。
愛車はクロスバイクだが、心臓と筋肉はピチピチなので、差し引きゼロで、多分お釣りがくると思う。

平成の森に8自集合。
本日ご一緒するメンバーは、私とK君、Y氏、N氏、ゲスト2人。
W氏はそのままお山へ、Banちゃんはスローパンクですぐに離脱、Sugiさんはおはさいの用事でなんとか・・・。
ゲスト2人は予想外でしたけど、今日はK君メインなんで、予定どうりの走行プランを実行。

まずは平成の森から荒井橋を渡って、荒川左岸を北上、久下橋で右岸にわたりそのまま押切橋まで20kmほどを、時速28km/hほどで巡航。
だいたいこれがいつものうさぎのペース。
少し乗った感覚では、K君のクロスバイクは、走り出しは重いけど、30km/hぐらいの巡航もこなせそうだったので、特にこれは問題なさそう。
途中30km/hぐらいに巡航速度を上げたけど、やはりこれも問題なし。
荒川大橋から先、K君にちょっと先頭で引いてもらったけど、若いだけあって、オヤジのロードバイクより力強い。
ケイデンスが少し低いのと、ちょっとサドルが高いかもしれない点を指摘。

荒川沿いのサイクリングロードから、ゆっくり農林公園手前のコンビニに向かう。
コンビニで休憩したが、ここでゲストの方がひとり足つりで離脱。

コンビニから昨日同様、男衾経由で金勝山の小川元気プラザに向かう。
ここの標高差100mあまりの坂で、K君の登坂チェックしようと思ったけど、私がシフトミスでチェーン落ちをしている間に、さっさと登ってしまった。
案の定自転車の性能なんか全然問題にしない登り、流石に若い心臓は違う。

昨日同様ここで涼もうと思ったが、曇りのくせに無風で湿度が高く結構不快。
そのうえ何かのイベントなのか、小学生の集団で随分賑やか。
少し休んで、ヒルトップファームでも行くかと自転車を走らせる。

竹沢からヒルトップファームに向かう途中、本格的な雨が降り出した。
滑川町の県道47号線、ちょうど屋根付きの休息所があったので、しばし雨宿り。
20分ほどで雨も上がったので、走行再開。
ヒルトップファームまでは、ほんの10分ほどの距離。

091601

ヒルトップファームに到着すると、先客のロードバイクがずらり15台ほど。
待たされるのかなと、ちょっと躊躇したが、テラスの席が空いていたし、急ぐこともないからここでランチにする。
ここの前はよく通るけど、お店に寄るのは初めて。
テラス席があるので、こんな日には特に居心地が良い。
先客が大勢いるので、オーダーまで少し時間がかかったが、まあしょうがないだろう。
テラスでK君の学校のことやら、子育てのことやらを雑談していると待っている時間も気にならに。
オーダーした舞茸と茄子のトマトソースパスタ、ソースが好みで美味しかった。

ロードバイクの集団は、VAXの走行会だったらしく、その中にFF21のメンバーでもある、S氏がいたのでご挨拶。

帰りは森林公園を横切って、そのまま荒川を渡り、土手を鴻巣まで。
ここで、北本上尾方面の方々と分かれて解散。

本日の走行距離、ぴったり100km、平均26km/h。
だいたい28km/h-30km/hの巡航で走る感覚で、程よい疲れがちょうど良い感じだった。
K君のクロスバイクで、うさぎと一緒に走っても、全然問題はなさそう。
そのうち先頭を走って、ロードバイクをバシバシパスしていくことだろう。

|

« だらりと秩父高原牧場 | トップページ | ジャージデザイン2 »

コメント

ご指導有難うございます。
 ヤット肩の荷が下りました、オヤジ組頑張れ! ジジイは退散です。

投稿: sugi | 2012年9月18日 (火) 18時25分

やっぱり生きのいい体にはかないませんね。
しばらくウサギと一緒に走って、更なる高みへ送り出してあげましょう。

投稿: kan | 2012年9月18日 (火) 20時59分

先週のクラブランの激牽きに続き、今週はkanさんワールドを堪能させていただきありがとうございました!サイコンのログからたどったルートを確認して再び感心、唸りました・・。楽しかったです♪
K君、楽しみですね♪集団で走るマナー、ルール、なによりも危険予知、安全に走るってとこも・・雨中走った経験もはじめてだったかも知れませんね。若いっていいな。。。

投稿: kai | 2012年9月18日 (火) 22時28分

kaiさん
今回のルート楽しんでいただけたようでなによりです。
午前半日100kmコース、なかなか良いでしょ。
K君にはやはりスピードの楽しさを知ってもらいたかったですね。
私の若い頃にこんな走り方を知っていれば、もっと自転車も面白かったのでは?
若いうちにガンガン飛ばしてもらいたいものです。

投稿: kan | 2012年9月19日 (水) 01時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/55684693

この記事へのトラックバック一覧です: K君レクチャーラン:

« だらりと秩父高原牧場 | トップページ | ジャージデザイン2 »