« ふるさとの情景 | トップページ | 金冠日食 »

2012年5月19日 (土)

新緑の赤城山と吉祥寺(95km) ★★★

051900

ツールド美ヶ原も近づいてきたので、そろそろ1000m級の坂を登らないと。
美ヶ原の試走も考えたのだが、先日の所用で静岡往復、疲れたので近場と言うことに。
まださほど暑くないだろうと、のんびり出発して一時間ちょっとでいつもの総合運動場へ到着。
赤城高原は風が爽やか、車の窓を全開にして走るのもこの季節ならでは。
しかし日差しが強い、暑くならなければいいが。
日焼けどめ、またもや忘れたし。
支度をして10時頃のスタート。

051901

いつものように赤城神社まではのんびり走る。
途中ランドナーとローディーのおじさんをパス。
赤城山に登るのは、私を含めて3人らしい。
赤城神社で、今日の安全と好記録をお願いしてスタート。

今日の目標心拍数を165として、ダンシングは必要最低限とする。
走り始めていきなり左太ももがピクピク、きっと気のせいだ、気にしないでいこう。
いつものように展望台まではそこそこのペースで登れたが、展望台前の激坂で体力を使い果たし、その後失速。
インナーロウでようやく登ていくのがやっと。
心拍数も160がやっとで、ヒーヒー。
結局赤城神社から峠まで1時間1分16秒と1時間を切れなかった。
感覚的には1時間集中して登るがやっと、それ以上はスタミナ不足でヘロヘロ。
これから美ヶ原までに、このスタミナ不足を克服するのはちと厳しいか。

051902

いつものように小沼の前で記念写真。
赤城山の山頂付近は、やっと若葉が芽吹いた早春の風景。
日差しはあるが、風は冷たいのでさっさと小沼を後にする。

051911

一応覚満淵は押さえておこう。
最近買ったデジカメでお手軽パノラマ写真。
もうお昼なので、昼食をと思ったのだが、どの店もいまいち入りたいとは思えない。
この観光地的お土産店兼食堂というのは、正直苦手だ。
唯一まともな「風の庵」はお蕎麦屋さんだからねえ。
蕎麦は食べてもエネルギーにならんからな、以前蕎麦を食べてハンガーノックになったし。
というわけで、とっとと下ることにした。

051903

赤城北面道路をいつものように快適に下る。
バイクがときおり猛スピードで走り抜けるが、それほど多い台数じゃないのでたいして気にならない。
標高1000m以下では、ほんと新緑がキラキラとまぶしい。
このまぶしさは、広葉樹が多い上州ならでは。
植林が多い奥武蔵では、この緑は期待できない。
緑のトンネルの向こうには、ときおり雪をかぶった上越国境の山々や武尊山が顔をのぞかせる。
最高に気分の良いダウンヒルを堪能させてもらった。

051912

利根町青木は古い民家が並ぶ集落で、隠れ里のような雰囲気が面白い。
時間があれば南郷の曲屋も覗いていくのだが、お腹がすいたのでとりあえず食事がありつけそうな場所へ急ぐ。

051904

利根川は、藤原ダムから放流される雪解け水が凄い。
見ているだけで、その水量と勢いに圧倒される。

051905

国道120号に出て、どこかいい食事どころがないかきょろきょろ探していると、舞茸の看板が目に飛び込んできた。
舞茸大好き!ということで、食事処「山小屋」にはいる。
お昼時もそろそろ終わりということで、前の2組が出ていくとお店の中は私のみ。
即決で舞茸天丼をオーダー。
出てきたのが写真のような大盛り舞茸天丼。
おばちゃん曰く、「若いから大盛りにしておいた・・・」
ありがとうございます、でも若くないんだけどね。
それに最近小食なので、そんな大盛りご飯お腹に入りません。
心だけいただいて、やっぱり途中でギブアップ。
でも舞茸天丼、うまかった~(^_^)v。ご飯にかかっているたれも絶妙。
こちらに来たら、また寄らせてもらいます。

食事を終えたら、本日の目的地、青龍山吉祥寺へ向かう。
途中田植え中の田園が広がり、奥に武尊山や赤城山が見える。
緩やかにうねる広くて交通量の少ない道。
初夏の川場村は自転車で走るには本当に気持ち良い。

051906

川場田園プラザを横目に見て(吉祥寺の案内看板あり)、2kmほど走れば吉祥寺
以前から存在は知っていたし、何回も近くを通っているのだが、訪れるのは今回が初めて。
で感想は・・・・・素晴らしい!
山門前で拝観料500円を払って入山。

051913

季節が最高だったかも。
あふれるような新緑の輝き、そして咲き誇る花々。
これほどさりげなく美しいお庭はちょっとない。
まるで京都のような・・・というお寺は数々あるが、たいていはちょっと残念な感じ。
しかしこの寺は、本当に素晴らしいし、京都ほど人がいないのがいい。
まあ駐車場はかなり広かったので、混むときは混むんだろうけど。

051907

051914

051908

外のお庭をぐるっとめぐって、本堂に上がると抹茶とお菓子で500円とあるので、お願いした。
枯山水を眺める本堂の廊下に座ると、いかにも品の良さそうな奥さまがお菓子と抹茶を持ってきてくださった。
本堂には私だけ、この素晴らしい庭を一人贅沢に堪能。
奥さまによると、少し前まで法事で人がたくさん居たとのことだが、ちょうどタイミング良く人の居ない合間にあたったようだ。

051909

初夏の風が爽やかに通り抜ける庭はなんとも心地よい。
まさに心洗われる心境、日本人でよかった~。

051915

本堂の西にも裏手にも素晴らしい庭園が広がる。
いつまでもたたずんでいたい時間。

051916

051917

051918

いやあ、こんな場所に(失礼)、こんな素晴らしいお寺があったとは。
これからちょくちょく寄らせていただきます。
さしあたっては、紅葉の時期が楽しみ。

051910

帰りはそのまま沼田市街まで走り、利根川左岸を走る。
赤城インターの登り口の坂が一ヶ所厳しいところだが、それ以外は比較的平坦で交通量も少ないルート、赤城高原の望郷ラインよりは楽だと思う。
赤城インターから国道353号を走る。
途中道の駅ふじみに寄り、ソフトクリーム(200円)でクールダウン+エネルギー補給。
6時頃無事出発地点の総合運動場に到着。
今日はトレーニングも食事も観光も、最高の組み合わせで一日楽しませていただきました。
赤城山に感謝。

走行時間 4:50
走行距離 97.17km
平均速度 20.1km/h
最高速度 59.4km/h
平均ケイデンス 61
平均 心拍数 138
最大心拍数 ??
消費カロリー 1870Kcal

赤城山(赤城神社コース)
走行時間 1:01:16
走行距離 10.79km
累積標高 860m
平均速度 10.6km
平均心拍数 164
最大心拍数 174

|

« ふるさとの情景 | トップページ | 金冠日食 »

コメント

赤城でしたか。そろそろ百舌も考えておりました。
玉泉寺、美しいですね。探してみましょう。百舌。

投稿: mozu | 2012年5月20日 (日) 17時15分

単純に赤城山だけなら、若葉が茂るまでもう少し待った方が良いかも。
まだ山頂付近は寒いです。
玉泉寺???、吉祥寺は有名なのですぐにわかります。
田園プラザから案内板あり。

投稿: kan | 2012年5月20日 (日) 22時28分

赤城山頂は未だ冬景色でやはり寒そうです!
山麓の、この季節は、緑が輝いて最高の季節。北面道路は走ったことがありませんが良さそうです。

バイクが連なって走ってゆくのはサイテーです。直ぐそばを走るし、五月蝿いので、気分が壊れます!

赤城の登り1時間で登れてしまいますか!流石パワーありますね。

投稿: sugi | 2012年5月21日 (月) 05時43分

天気の良い割には、バイクは少なかったと思います。
確かにバイクの中には、これ見よがしに近くを走る輩がいますね。
あまり大きな集団はカッコ悪いです。
バイクに乗っている時も、一人で走るのが好きで、赤城山北面もちょくちょく走りに来てました。
道が広いので、五月蠅いほどではありませんでした。
ヒルクライム、体力も集中力も1時間が限界。
スタミナが足りません、困ったものです。

投稿: kan | 2012年5月21日 (月) 06時45分

土曜は僕も赤城に行ってました。
赤城神社ルートも頭をよぎりましたが、結局4号線ルートで登りました。
半年近くまともに走っていないので最後はヘロヘロでした…

北に下ってみるのも面白そうですね!

投稿: CB | 2012年5月21日 (月) 21時04分

CBさん
また走れるようになって良かったですね。
赤城北面、沼田近辺は手軽に高原気分が味わえるいいところ。
いろいろお店もチェックしてあるので、のんびり系のツーリングにも良いですよ。
今週末は甘楽、富岡周辺の西上州を考えてます。

投稿: kan | 2012年5月22日 (火) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/54751386

この記事へのトラックバック一覧です: 新緑の赤城山と吉祥寺(95km) ★★★:

« ふるさとの情景 | トップページ | 金冠日食 »