« Bike & Cafe (すみれ食堂&長島記念館) | トップページ | 雨の日はイラストを »

2012年2月20日 (月)

Bike & Cafe (とんちん館)

朝はこの冬一番の冷え込み、パイプが凍ってお湯が出ない。
若干風が弱まったとはいえ、昨日に続き今日も寒いんだろうな。
嫁さんが今日は暖かいよということなので、10時頃とりあえず自転車に乗って出かける。
ん!暖かいんかいな?やっぱり空気は冷たく、すぐに手もかじかんで痺れるように痛い。
これじゃ今日もせいぜい物見山周回の坂道トレーニングがいいところか。
と走っていると、いつの間にやら体がポカポカ温まり、物見山に差し掛かるころは、なんともいえない自転車日和になっている。
さすが物見山、この陽気に誘われて、ロードの集団とひっきりなしにすれ違う。
このまま物見山周回練習っての芸がないし、混んだ周回コースのトレーニングはあまり好きじゃない。
で物見山の坂を登って、そのまま越生方面に向かう。
越生の白くまパンの前を通り、はてどうしたものか???
一旦顔振峠に向かうことにしたものの、道の脇に白いものがちらほら、道も若干湿っている。
先日雪が降ったばかり、やはり道路凍結の可能性があるグリーンラインには登らないほうが賢明か。

021901

とそんな時、"うどん”と書いてある小さな案内板が目に入った。
その案内板を頼りに、細い道を上がっていくと、とんちん館があった。
実はこの店、一応ネットでは前から調べてあって、カフェじゃないけどBLOGネタとしては面白いかなと。
けどね、まったく名前からしてあか抜けないお店である。
中に入ると居酒屋風というか一杯飲み屋そのもの、まさに昭和な空間。
今日はちょっと夕食が重いので、軽めの山菜うどんを注文すると、ひもかわうどんが美味しいよ女将のお勧め。
じゃまあそれで・・・・・て、何のことはない、近所の客に作っていたひもかわうどんを、客がしばらく現れそうにないので、こちらに回したのだ。
まあおかげですぐに食べれたし、鉄鍋にはいったこちらの方が、いかにも田舎のうどんって感じで美味しそう、結果オーライ。
味の方は、田舎に帰省したらおばあちゃんが作ってくれたっていう感じ。
麺は太くて平たい、もっちり系で素朴な味わい。
でもこの店の雰囲気も味も嫌いじゃない。
山の中腹にあるロケーションが、私的にはツボにはまる。
女将の今日何曜日だっけ?えっ日曜日、日曜日と言ったらのど自慢だよっと、TVのチャンネルをNHKに。
まだのど自慢なんて見る人いるんだ~。
近所のじいちゃん、ばあちゃんの5人ほどは、それを見て大盛り上がり(^_^;)
まったく子供の頃、うちのじいちゃんばあちゃんがのど自慢を良く見てたっけと、不思議なデジャブー的感覚で、ほのぼのとした日本の春を感じた。

お昼を食べたら、とりあえず越生側から桂木観音に登ってみる。
桂木観音の最後の100mは相変わらずキツイが、そこがまた気持ち良い。
ジジ・ババハイカーやローディーで大賑わいだったので、トイレだけ寄ってすぐに下山。
狭くて車の通りが多い県道を避け、越生市街を北上して、また越生梅林へ。
既に梅祭りは始まっているが、梅はまだ堅いつぼみ状態、開花はおそらく3月に入ってからだろう。
とりあえず最勝寺にも寄ってみるが、紅梅がちらほら咲いている程度。
梅が満開のころはとても絵になるお寺で観光客に人気だけど、今日は静かなものだ。

021902

このまま上谷の大クスの前を抜けて、大附に向かう。
最後に大附の蕎麦道場に登り返すのだが、それが激坂。
もっとも距離が短いので、期待してたほどの酷さじゃなかったので、BLOGネタ的にはハズレか。
でも一度足を着いたら、再スタートは無理なのは間違いない。
「オレンジ色の空」も覗いたが、なんか人の気配が感じられないのでクローズの様子。
それじゃあ今日はこの辺で帰るとするか。

家に帰ってすぐに風呂を浴びて、娘の誕生日の食事会へと出かけて行った。
ううん、お腹いっぱいもう食べられません。
いつになったら減量始めるのかな?

021903

|

« Bike & Cafe (すみれ食堂&長島記念館) | トップページ | 雨の日はイラストを »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/54028860

この記事へのトラックバック一覧です: Bike & Cafe (とんちん館):

« Bike & Cafe (すみれ食堂&長島記念館) | トップページ | 雨の日はイラストを »