« フクシマ・ロード | トップページ | 奥武蔵紅葉ツーリング »

2011年11月13日 (日)

龍勢ヒルクライム2011

今年最後のレースイベント、龍勢ヒルクライムに参加してきた。
龍勢ヒルクライムは、随分前からやっていることは知っていけど、参加するのは今回が初めて。
ようはニューマシンの性能テストを兼ねてエントリーしたって理由。

朝5時半に我が家を出発して、7時に会場到着。
メイン会場である中学校には駐車できず、一番手前の空き地に駐車。
早目に到着した茶々丸子さんやCBさんと合流して、開会式を待つ。
初めてなので、大会の説明を聞こうと思ったが、たいした説明もなく聞かなくても良いか。
スタート地点は、一般道でクラス別に並べばよいだけ。
結局並ぶのが遅れて、Dクラスのだいぶ後ろのほう。
といっても、今回は初出場なので、目的は自分の基準タイムを決めること。
そんなわけでかなりリラックス。多少後ろでも何の問題もない。

11111301

スタートの合図とともに、ゆるゆるスタート。
最初は平たん路なので、かなりスピードが出るが、ときおり前がつまり急減速。
直角に曲がって、狭い川沿いの道に入るまでは、軽く集団の流れにのって走るより仕方がない。
角を曲がると、少しずつばらけてきて、走りやすくなってきた。
この辺もあまりがんばらずに、比較的楽に流しているだけだと思っていたけど、心拍計は170くらいと少し高いくらい。
気持ちとは裏腹に、知らず知らずに体は案外がんばっていたみたい。
鳥居をくぐると、このコース唯一の激坂区間。
試走の時はたいしてしんどいとは思わなかったけど、ここまで一気に走ってきたので、それなりに体にこたえる。
そして激坂区間が終わって、しばし呼吸を整えるために、走りながら休息。
で、今思えばここで休息し過ぎたか?
この辺りで後からスタートしたシニアクラス先頭集団にバンバン抜かれるのだが、今日はマイペース決め込み、怠けてしまったようだ。
というか、やはりいまいちペース配分が判らないので、どうしても余裕を残しておきたい。

11111302

大田部峠を過ぎると、一旦下りになる。
このくだり、路面が濡れているうえに、濡れた落ち葉が道に張り付いているのでヒヤヒヤ。
下りきったところからゴールまでが結構長く、さらに一部道が荒れている。

もうそろそろゴールかなとラストスパート。
気持ち良く漕いでゴールまでと思ったが、少々ラストスパートが早かったらしく、ゴールにたどり着く前に失速。
あと200mほどの案内があり、結局最後もうひと頑張りしてゴール。

しかしゴール地点から人がぎっしりで困った。
心臓バクバクで止められたから、もう死にそう(@Д@;

それでも何とか落ち着いて、センサーを返却した後、玉こんにゃくをいただく。
あたりを見回せば、すっかり紅葉していていい眺めだ。

しばらく休憩した後、路面が悪いので注意してゆっくり下山。
しかし道端には何人も、パンク修理をする人たち。
こんなにパンクが多い下りってのも、珍しい。

11111303

スタート地点に戻って、茶々丸子さんやCBさんと合流。
帰りは皆で梵の湯に寄って帰りました。
このお風呂、初めてだったけどけっこう好きです。

今シーズン最後のレースは、本当にいい日でした。
それだから終始まったり気分のレースだったような気がしないでもない。
結局記録はクラス別で250人中の137番、54分01秒でした。
とりあえず基準タイムは判ったので、来年の自己記録更新に向けてがんばらねば。
一応最終目標は、50分切りか・・・ちょっと厳しいが。
写真は参加記念のマグカップです。
なかなか洒落てていいかも。

Dクラス順位 137/250
走行時間 54分01秒
走行距離 16km
累積標高 750m
平均速度 18.2km
最高速度 46.1km
平均 心拍数 166
最大心拍数 177

|

« フクシマ・ロード | トップページ | 奥武蔵紅葉ツーリング »

コメント

昨日、荒川沿いは今年一番の深い霧で覆われていましたが秩父は視界も良く、晩秋の景色も楽しめたようですね!

投稿: sugi | 2011年11月14日 (月) 05時53分

朝の霧は車で走っていても、凄かったです。
レースの時はとても暖かく、ヒルクライムには
最高の天気でした。
ただ景色を見ている余裕がなかったのが残念です(* ̄ー ̄*)

投稿: kan | 2011年11月15日 (火) 01時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/53239390

この記事へのトラックバック一覧です: 龍勢ヒルクライム2011:

« フクシマ・ロード | トップページ | 奥武蔵紅葉ツーリング »