« 紅葉の京都(初日) ★★★ | トップページ | 紅葉の京都(3日目) ★★★ »

2011年11月24日 (木)

紅葉の京都(2日目) ★★★

今日から自転車使ってポタリング。
まずは宿のある城陽市からほど近い宇治平等院鳳凰堂へ。
敷地はちょっと狭かったけど、やはりイメージどうりの建物でした。
朝一ということもあり、比較的静かな拝観を楽しめた。
別料金で堂内に入って巨大な阿弥陀如来もま近で鑑賞。
平等院ミュージアムで、建築当初の色彩を再現したビデオが印象的。
極彩色の平等院鳳凰堂を想像するのも、なかなか楽しい。

112401

 

112404

宇治川沿いを散策し、川を渡って興聖寺に行ったが、紅葉のトンネルはいまだ紅葉せず。
宇治神社にお参りして、宇治を後にする。
ちなみに世界遺産の宇治上神社は、宇治神社からさらに先だったのね、帰ってから知ったので、参拝できず。

112405

宇治から醍醐寺へはとにかく自転車では走りにくい。
道がせまいのに、交通量は多くとても自転車で走れたものではない。
脇道を探すも、どれもすぐにメイン通りに合流するか行き止まり。
もう少し走る道を考えておかないと。

112406

醍醐寺に着いたら門前に茶店が多いこと。
秀吉の醍醐寺の花見にちなんだものか、らしいと言えばらしいいのだが。
醍醐寺は、三つの施設に分かれていて、それぞれ600円、二つ、三つまとめると1000円、1500円となかなかお金がかかる。
醍醐寺伽藍に入場し、仁王門近くのカエデのトンネルは、まだ色付きも進んでいなかったが、奥に入るに従って紅く色ついてくる。
そして紅葉で有名な弁天堂の周りのカエデは今が最盛期。
日差しが無いのがちょっと残念。

112407

池をぐるっと回れば、さすが京都の紅葉だな・・と満足してしまい来た道を引き返す。
でも後で知ったのですが、このさらに上に上醍醐の伽藍が広がっていたのでした。
最も上醍醐まで歩いて一時間とのこと。
知っててもちょっと時間がなかったか。

続いて三宝院へ。
何の気なしに入った三宝院ですが、ここの庭には心底感動しました。
どこから見ても完璧にデザインされた空間に驚愕です。
この庭は醍醐の花見の際、豊臣秀吉自ら基本設計したとのこと。
古の空間デザイン凄過ぎ、写真を撮れないのが残念。

112408

醍醐寺を後にして、京都市街へ。
混む道は嫌だったので、稲荷山を越え、東福寺北に出る山越えルート。
東福寺は今日も凄い人の行列だったので、あきらめて北上。
南禅寺あたりも凄い人であきらめ、哲学の道へ。
自転車を下りて、哲学の道を数百メートル歩いたけど、人ごみにギブアップ。
まだ時間はあるし、どこに寄ろうかとうろうろしていると、さほど多くはないけど、観光客らしき人たちがポチポチと坂を下ってくる。
それではと行ってみると、真如堂の裏口でした。

112403

この寺は紅葉の名所として有名だそうですが、それ以外は静かなお寺とのこと。
それなりに人出はありますが、他に比べたら充分許せる範囲かと。
このお寺の本堂前のカエデの紅葉が、今回一番素晴らしい紅葉だったかもしれません。

112409

紅葉の写真を撮っていると、境内にカフェの案内板。
それにつられて入ってみると、吉祥院内の「かふぇ水琴窟」でした。
精神障害者の作業施設も兼ねているということで、価格も京都にしては良心的。
珈琲の味もかなり美味しいと思った。
何より庭を眺めながら、いただく珈琲はとても贅沢です。

112402

そろそろ日暮れ近くなので、昨日と同様城陽市の宿、アイリスイン城陽に急ぎます。
帰りは裏道探して帰ったのですが、それでもやっぱり走り辛い。
自転車の右側通行、何とかならんのかな。

112410

|

« 紅葉の京都(初日) ★★★ | トップページ | 紅葉の京都(3日目) ★★★ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/53343952

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉の京都(2日目) ★★★:

« 紅葉の京都(初日) ★★★ | トップページ | 紅葉の京都(3日目) ★★★ »