« ジャパンカップ クリテリウム 2011 | トップページ | 白石峠と弓立山 »

2011年10月23日 (日)

ジャパンカップ ロードレース 2011

自転車乗りとしてジャパンカップ ロードレースの観戦はやっぱり自転車で行きたい。
幸い雨も上がり天気も回復基調なので、朝6時15分我が家をスタートして、鴻巣の自宅から一路会場の宇都宮森林公園を目指す。
ちょっと鹿沼市街で迷ったが、無事3時間半で会場に到着。
と言っても、メイン会場は行かずに、割と空いているコンビニ前の直角コーナーに陣取る。
しばらくして、レースのスタートがラジオや広報車で知らされ、先導車が状況を報告しながら通過。
そして早くも逃げグループが形成され、そのしばらく後にメイン集団がコーナーを通過していく。
さて今後どのようにレースは展開していくでしょうか・・・・。
てことは写真を撮りながら、レース展開を楽しむのは無理。
なんせ一瞬で目の前を通過していくから、気を抜くことは一切できない。
レース展開を解説付きで楽しむなら、やっぱりメイン会場の大スクリーンの前でしょう。
私はもっぱら田野の直角コーナーを皮切りに、多気、公民館、田中、鶴CC登り坂、メイン会場と移動しながら写真撮影。
古賀志林道山頂は、混雑しそうだったので、今回は遠慮しときました。
観戦はどこも好きなところで観戦可能で、なかなかいいアングルで撮影できました。
問題はいかにスピード感あふれるレースを表現するかってとこですね。

102304

102303

102301

102302


レースの撮影をたっぷり楽しんでから、フィニッシュライン手前に移動。
最後は感動のゴールってところを味わいたかったのですが、フィニッシュラインすぐ近くにいたにもかかわらず、最後の展開が見えず?
前を通り過ぎた順番と、最終結果はかなり違った。
ほんの少しの距離なのに、さらに展開に変化があったということみたい。
次回は、最終周はゴール近くの大スクリーンで見ていたほうが、展開が理解できて良さそう。
それでも大満足のジャパンカップ初観戦でした。

最初は輪行で帰ってくるつもりだったけど、結局自転車で帰ってきた。
帰りは約3時間10分で到着。宇都宮って案外近い。
でも最後は夕闇の中、突っ走って帰ってくることになった。
最近日が落ちるのが、めっきり早くなりました。
心地よい疲労とともに、ジャパンカップ観戦ツアーは終了です。

自宅から会場までのルート。
広域農道メインだから、車が比較的少なく、ストレスフリーで快速ツーリングが可能。
標高差なくても気持ちいいコースでおすすめ。

102308

|

« ジャパンカップ クリテリウム 2011 | トップページ | 白石峠と弓立山 »

コメント

往復自転車で! お疲れ様です。
写真撮影の腕もアップしていますね。

投稿: sugi | 2011年10月24日 (月) 05時04分

レース観戦の主目的は、撮影でした。
難しいですが、被写体としてこれほど面白いものはないですね。
一瞬の写真を撮るほうも、勝負!って感じです。
もっとも機材は、4万円程度の超望遠デジカメですが。
費用もコンビニの昼食等だけですから、1日遊べて1000円足らず、超エコでした。

投稿: kan | 2011年10月24日 (月) 20時38分

往復自走!!ご苦労様でした。
自分は自走は無理ですね。
週末は家族のお供でした、又誘ってください。
ニュウバイクの感触しっかり味わってください。

投稿: nekoj | 2011年10月24日 (月) 23時45分

nekojさん
自宅から往復はちょっとキツイかも。
でも向こうの行動を考えると、輪行か車に自転車を積んで行くのが便利です。
今回は路面が濡れていたので、FELTでした。
宇都宮までは、広域農道が使えたので、結構走りやすくて良かったです。
来年は行きましょう。

投稿: kan | 2011年10月25日 (火) 08時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/53068219

この記事へのトラックバック一覧です: ジャパンカップ ロードレース 2011:

« ジャパンカップ クリテリウム 2011 | トップページ | 白石峠と弓立山 »