« 定期演奏会 | トップページ | 空海と密教美術展 »

2011年7月30日 (土)

お台場サイクルフェスティバル

073001

懸念された前日の豪雨もあがり、当日はときおり晴れ間が見える暑い日になった。
午前中に、東京国立博物館の「空海と密教美術展」を見学した後、お台場の会場へ。
お台場サイクルフェスティバル」会場に着いた時は、大人タイムトライアルの終わった後。
実況を聞いたら、かなり面白かったらしいようで、もう少し早く着いて、見れば良かった。

073006

会場はフジテレビのお台場合衆国のサテライトイベントとして開催されており、雰囲気はかなりおしゃれ。
場所柄か、いつも地味目の自転車イベントも、今日は艶やかでなんかワクワクしてくる。
最初は人も割と少なかったので、早速自転車の試乗に並んでみる。

試乗したのは、PINARELLO FP QUATTRO と KUOTA KULT。
いづれも400mくらいの試乗コースを3周走ってみた。
乗り心地はもちろん快適だったが、これで速く走れるか?と言われても判らないというのが正直なところ。
やはり、最低でも35kmぐらいの巡航してみないと、最新モデルの恩恵は私にはわかりそうもない。
けどやっぱりかっこいいなあ~。
来年は50歳、やはりそれなりのモデルにグレードアップしたいと、最近は本気で熟考中。

073002

小物を買ったり、うろうろしているうちに、今日のメインイベント、エリート男子による、24km湾岸クリテリウムの開始である。

距離が短くペースが速いことと、コースが狭く選手と観客が超接近しているので、とにかくスピード感が抜群に素晴らしい。
ほんとに目の前に風が駆け抜けていくようだ。

073007

レース序盤は、6人くらいの逃げが決まり、どんどん差が開く展開。
え~、これで逃げが決まっちゃうの?と思っていたら、さすが集団が差を詰めてきた。
その後、逃げ集団もバラけ集団に一部吸収された。
元F1ドライバーの片山右京さんが、早々脱落すると次々と選手が脱落していく。
さすがにこの高速レースは、付いていくだけでも大変そうだ。
あと2周でゴールというところで、先頭集団にいた有力選手2人が落車するアクシデント。
結局、1位-吉田隼人(学連選抜) 2位-大久保陣(スミタラバネロ) 3位-小室雅成(湘南ベルマーレ)という結果でした。

073004

073008

073003

073005

いつもは、自転車レースを見るなんてことも、めったになかったのですが、今回の特設コースのレースは、本当に見ていて迫力があり楽しかった。
またスピードのある被写体をカメラで撮影するのも、充分面白い。
こんなトップクラスの自転車レースが無料で堪能できるなんて、今日は来て本当に良かった。
こんなイベントを、もっと人目にふれるところで開催し、自転車、特にロードバイクを盛り上げていって欲しいものです。

|

« 定期演奏会 | トップページ | 空海と密教美術展 »

コメント

相変わらず天気の読みが甘く見切り発進すればと後悔でした。日曜日と思いましたが朝から小雨模様
残念!!

投稿: nekoj | 2011年7月31日 (日) 11時41分

nekoJさん、動画を見てもらえばわかると思いますが、凄い迫力でしびれました。
これを見逃すなんて、あああもったいない(≧∇≦)

投稿: kan | 2011年7月31日 (日) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/52348832

この記事へのトラックバック一覧です: お台場サイクルフェスティバル:

« 定期演奏会 | トップページ | 空海と密教美術展 »