« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月30日 (土)

お台場サイクルフェスティバル

073001

懸念された前日の豪雨もあがり、当日はときおり晴れ間が見える暑い日になった。
午前中に、東京国立博物館の「空海と密教美術展」を見学した後、お台場の会場へ。
お台場サイクルフェスティバル」会場に着いた時は、大人タイムトライアルの終わった後。
実況を聞いたら、かなり面白かったらしいようで、もう少し早く着いて、見れば良かった。

073006

会場はフジテレビのお台場合衆国のサテライトイベントとして開催されており、雰囲気はかなりおしゃれ。
場所柄か、いつも地味目の自転車イベントも、今日は艶やかでなんかワクワクしてくる。
最初は人も割と少なかったので、早速自転車の試乗に並んでみる。

試乗したのは、PINARELLO FP QUATTRO と KUOTA KULT。
いづれも400mくらいの試乗コースを3周走ってみた。
乗り心地はもちろん快適だったが、これで速く走れるか?と言われても判らないというのが正直なところ。
やはり、最低でも35kmぐらいの巡航してみないと、最新モデルの恩恵は私にはわかりそうもない。
けどやっぱりかっこいいなあ~。
来年は50歳、やはりそれなりのモデルにグレードアップしたいと、最近は本気で熟考中。

073002

小物を買ったり、うろうろしているうちに、今日のメインイベント、エリート男子による、24km湾岸クリテリウムの開始である。

距離が短くペースが速いことと、コースが狭く選手と観客が超接近しているので、とにかくスピード感が抜群に素晴らしい。
ほんとに目の前に風が駆け抜けていくようだ。

073007

レース序盤は、6人くらいの逃げが決まり、どんどん差が開く展開。
え~、これで逃げが決まっちゃうの?と思っていたら、さすが集団が差を詰めてきた。
その後、逃げ集団もバラけ集団に一部吸収された。
元F1ドライバーの片山右京さんが、早々脱落すると次々と選手が脱落していく。
さすがにこの高速レースは、付いていくだけでも大変そうだ。
あと2周でゴールというところで、先頭集団にいた有力選手2人が落車するアクシデント。
結局、1位-吉田隼人(学連選抜) 2位-大久保陣(スミタラバネロ) 3位-小室雅成(湘南ベルマーレ)という結果でした。

073004

073008

073003

073005

いつもは、自転車レースを見るなんてことも、めったになかったのですが、今回の特設コースのレースは、本当に見ていて迫力があり楽しかった。
またスピードのある被写体をカメラで撮影するのも、充分面白い。
こんなトップクラスの自転車レースが無料で堪能できるなんて、今日は来て本当に良かった。
こんなイベントを、もっと人目にふれるところで開催し、自転車、特にロードバイクを盛り上げていって欲しいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月24日 (日)

定期演奏会

072401

今日は次女の中学最後となる定期演奏会の日。
東京からおばあちゃんも見に来て、近所に住む嫁の姉と一緒に観賞。
中学に入ってもう3回目になるんだ、子供の成長って早いものだ。
子供が最年長で、クラリネットのパートリーダーと言うこともあり
3回聞いた中では、やはり一番できがいいo(*^▽^*)o・・・・て聞こえた。
今日も感動をありがとう、これで中学の演奏会も最後か。
・・・・いえ、三女も吹奏楽部に入っているので、あと2年は楽しめます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

天空の楽校と風の丘(150km) ★★

この時期暑くて、奥武蔵の山を越えて秩父には入らないのだけど、今日は涼しくて爽やか。
これなら、ちょっと遠出もできるか?
ということでネットで見つけた皆野町の天空の楽校を訪ねてみることにした。

今日は涼しくて先週とは打って変わって、軽く漕いでもスピードが違う。
これならタイムも期待できるかと、白石峠を駆けあがる。
ううん、やっぱり涼しいと調子が良い。
最後の勝負平で、後ろから抜かれそうになり、この人と争ってあわよくばさらにタイムアップを狙ったが、逆効果。
ゴール前で失速し、最後の500mがヘロヘロ状態。
それでも4年ぶりの自己最高、33分5秒。
最後に欲張らなければ、33分を切っただろうに、ちょっと残念だけど、それでも朝から気分が良い。

072301

白石峠から定峰峠を経由して、秩父から小鹿野町の道の駅龍勢会館へ。
この辺は果物の栽培が盛んなので、早速ブドウを一房100円で購入して食べる。
甘くておいしい、これでトウモロコシでも食べれれば最高だろうに。

ここから城峯山方面に向かい途中右折して、上日野沢方面に向かう。
10時頃になっても、いぜん気温は低め、空気もカラッとしていて、気持ち良く登ることができる。
ひとしきり登って右折すると立沢の集落になり、ここに「天空のおやき」なるお店がある。
今日はちょっとおやきという気分ではないが、もう少し涼しくなったら、ぜひこちらも食したい。
この立沢の集落は、古民家の建ち並ぶ雰囲気の良い集落で、走っていてとても楽しい。
久しぶりに、秩父の山上集落を堪能。

072302

ここから少し走ったところに、本日の目的地「天空の楽校」がある。
ここはもと廃校を利用した宿泊施設だったのだが、今のオーナーが借り受け、カフェ?を始めたそうだ。

072303

ここのメニューはまだ少なく、ちまきとドリンクがメイン。
うずらのちまきとグリーンティーのセット(600円)をいただく。
ちまきは、コンビニのおにぎりの1.5倍くらいあり、もっちり美味しかった。
標高500mから、遠くにかすむ奥秩父の山並みも美しい。
今日は心地よい風が、庭にあるあずま屋を吹き抜け、5月のような爽やかさ。
ここでしばしまったり~。
女性のオーナーさんとしばし立ち話。
ここでこの時期、トウモロコシがあったら、食べたいなあ~とそれとなくリクエストしたら
やっぱりそう思う?近所で美味しいトウモロコシがあるのよ、今度やってみようかなだって。
今度はトウモロコシが食べれるかな?もちろん夏限定ですけど。
あと校舎の中には、レトロな昭和ポスターやグッズが展示してあります。

072304

ここからダーと上日野沢の集落を抜け、長瀞のカフェ「風の丘」へ。
残念ながら今日のテラス席はいっぱいで、中の窓際の席に座る。
それでも、開け放たれたドアから、カフェを吹き抜ける自然な風が心地よい。
最初はパスタをたのむつもりだったけど、そこはかとなく香るカレーの匂いに誘われて
古代米カレーをオーダーして、出てきたカレーは、結構なボリューム。
さっきちまき食べたばかりだから食べすぎ?
まあ今日は結構なカロリーを消費するだろうから、いいか。
もちろん完食、ごちそうさまでした。美味しゅうございました。
食後は、庭を散策。
庭は夏の花々がちょっとワイルドに美しく咲いてました。
この庭を含め、店全体の趣味の良さが、とても居心地がいい所以だろう。

072305

ゆっくり1時間あまりの食事の後は、荒川沿いを下って帰宅した。
午後と言うけど、日差しは柔らかで30度くらいまでしか上がらなかった模様。
おかげで帰路も気持ち良く走れた。
寄居の少林寺やカワセミ河原をちょっと覗いて、最後の荒川パノラマ公園で昼寝。
結局本日の走行距離は150kmあまり、夏としては随分走ったけど
たいして疲れなかった。
やはり自転車乗りにとって、涼しさに勝るごちそうはありませんね。

白石峠 33:05
心拍数 AVG165 MAX173
ケイデンス AVG 59

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月21日 (木)

震災から2000km

震災直後、1km=10円募金を表明してから、先日ロードバイクでの走行距離が2000kmを超えました。
2000kmというと、鹿児島から札幌あたりまで走れるなかなかの距離です。
前回の募金からすると、ちょっと差額が大きいですが、きりがいいということで1000km分を、歌津MTB Dream Project に寄付致しました。

Wanpaku_link  072101

やはり自転車乗りということで、自転車で子供たちを元気づけるプロジェクトが、一番しっくりきます。
以前お会いしたチームねこばばの皆さんも、募金活動しているとのことですしね。
できれば今年、歌津など三陸海岸を一度訪れたいと思います。

最近暑くてなかなか距離が伸びませんが、震災からの復興を願い、がんばって走り夏を乗り越えたいと思います。

00_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月)

朝練、白石峠

071801

連休の最終日、家でゴロゴロするのも、もったいないので朝練。
この時期、いつも朝6時スタートなんですが、今日は1時間早く朝5時15分スタート。
この時間なら、爽快のはず・・・と思ったんですが日が昇って30分もすると
ねっとり夏の重い空気が体にへばりつく。
そんなわけかどうかは知らないが、なかなか心拍数もあがらず
ゆる~い感じでときがわに向かいました。

1時間半あまりで、白石峠の登り口に到着。
この時間だと、まだ見かけるローディーは数人。
これなら白石峠も問題無かろう・・・て、何人いても問題あるわけはないのですが
正直後ろからぶち抜かれると、気力が萎えるので、最近白石峠は敬遠気味。
先日大野峠で、途中暑さのため棄権したので、今日はより距離が短い白石峠にした。

早朝と言っても春や秋より気温は高めで、どうしても体がオーバーヒート気味。
先日の赤城山より、集中力がそがれるのは仕方ない。
結局それでも自分にとってはそこそこ走れたので、良しとしよう。
夏場は走り込むというより、体力が落ちないように維持するのがせいぜい。
この秋には、なんとか自己記録更新といきたいものだ。

白石峠から、いつものように堂平キャンプ場へ向かう。
連休の最終日とあって、キャンプ場は満員御礼。
でも標高860mじゃ、気持ちいいのは朝だけかも。

まだ朝の8時前なら、奥武蔵の山の上でもそこそこ快適。
いつまでもこの涼しさを味わっていたいけど、この後帰りが厳しくなるから
8時に峠を下りて、帰路につきます。
下界に降りると、ぎらぎらと容赦なく太陽光線が襲ってきますが、なんとかしのいで
9時40分に自宅に到着。
やはりこの暑い時期、行動は10時前には終わらないと。

この後冷たいシャワーを浴びて、アイスを食べて、TV見ながらゴロゴロ過ごしました。
今日もこれはこれで結構幸せな1日でした。

白石峠
時間 35:30
距離 6.4km
心拍数 AVG158 MAX164
ケイデンス AVG 57

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月17日 (日)

多摩美大オープンキャンパス

長女と多摩美術大学のオープンキャンパスに行ってきた。
美大っていったいどんなことやってるの?興味津々大学訪問。

071701

コンピュータを使って、アートしてみたり、ゲームのルールをデザインしてみたり。
想像以上に美大でやっていることは多種多様でした。
これでも見て回ったのは、情報デザイン系プロダクトデザイン、絵画の一部のみ。
美大のオープンキャンパスって、もりだくさんで本当に楽しい。
地味~な、公立の工学部出身の私としては、羨ましい限り。

071702

久々長女と二人でアート鑑賞、暑くて疲れたけど楽しい一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月16日 (土)

大河原峠(65km)★★

この3連休、当初は乗鞍岳を計画していたのだけど、ちょっと用事ができたため、日帰り大河原峠に変更。
昨年もこの大河原峠に登ったのだけれど、コース計画&道迷いでちょっとしょっぱい結果に。
今回はその教訓を生かし、布施温泉スタートとした。

朝5時平成の森に集合して、BANちゃん、SUGIさん、MATUさんと私、4人で一台の車に乗り込み、一路布施温泉を目指す。
私も確信が持てなかったのだが、高速道路休日割引で高速料金は半額になっていた。
これくらいなら妥当な高速料金と言えそうだし、4人乗車で一台の車だから今回の交通費は一人当たり2300円と超お得。

3連休初日で高速道路の渋滞に遭遇するかと心配したが、車は少なくいたってスムーズ、7時には布施温泉に到着。

準備をして、大河原峠に向けスタート。
まずは美笹湖に向けて、静かな田園風景を走る。
今回はこれが案外長かったかも?
布施温泉から10kmで300mの標高差で、たいしてないのだけど、この先16kmで1000mを稼ぐ前には、ちょっとだるくて長いし、暑かった。

071602

これから広くてきれいな道で、車がほとんど走らず快適なはず?の蓼科スカイラインを大河原峠まで登る。
最初は気持ち良く登るのだけど、やはり16kmは長い。
途中だれて適当に走るようになると、これも案外しんどい。
といって決して苦しい登りではないのだが。
朝まだ早いので、昨年懸念したような、日差しを浴び続けて登るようなことはなく、結構木陰があり助かった。
もちろんこれから日中になれば、木陰はあまり期待できそうもないが。

まあそれも別荘地に入るまで、標高1700mあまりのスキー場跡を過ぎると、展望も開け気分も爽快。
ここまで来れば、涼風を浴びながら、大河原峠はもうすぐ。
昨年のように、あれ?って感じで着いてしまった。

071601

今日の大河原峠は、紺碧の空に白い雲。
でも日向はそれなりに暑い。もっとも下界の暑さとはレベルが違うけど。

大河原峠でしばらくまったりして、女神湖に向け出発。
最初は多少荒れた道も、2車線の快適な道になる。
はじめ汗で濡れたジャージでは寒いくらいだが、次第に乾いて爽快な風を思う存分堪能。

まだ昼食には少し早いので、女神湖をぐるっと一周。
対岸の木陰で、しばしこの涼を思い思いに堪能。

071603

071604

食事は女神湖センターの黒カレー。
初めは静かなものでしたが、そのうち観光地らしく多少混んできた。
今回ウィンドフレーカーは必要なかったけど、その代わり昼寝用レジャーシートが
必要かな。
ここでは、木陰では思い思いにゴロゴロするのが定番の様で。

071605

最後に長門牧場で、定番のソフトクリームを食べて帰るつもりが・・・。
ゴール10km手前で、MATUさんがパンク。
まあたいした事もないだろうと、のんびり待ったのですが、パンク修理して
すぐにパンク再発。
結局いろんな要因から、チューブを3本消費する羽目になりました。
タイヤをはめにくいホイールやタイヤ、軽量チューブにリムテープなどetc...。
先日タイヤのトラブルで、痛い目にあったばかりですから、いろいろいい勉強を
させてもらいました。

ゴール後、自転車を車に積み込み、そのまま待望の露天風呂。
スタート&ゴールがお風呂と言うのは、便利なものです。

意外と早くツーリングが終了したので、4時そのまま帰宅。
高速道路の渋滞もなく、スムーズに6時には平成の森に到着。

結局走行距離も60kmあまり、暑い夏はやはりこれぐらいの軽い走りがちょうどいい。
同行くださった皆様、本日もありがとうございました。
さて来週の予定は・・・・?

071606

走行時間 3:33
走行距離 65.4km
累積標高 1300m
平均速度 18.4km
最高速度 66.0km
平均ケイデンス 61
平均 心拍数 128
最大心拍数 165
消費カロリー 1929Kcal

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月10日 (日)

オート・ジャンボリー

娘の通っている高校の同じ敷地内にある、埼玉自動車大学校で例年開催される、オートジャンボリーに行ってきた。
しかしとにかく暑い!もの好きにもこの暑い中自転車で行ってしまった。
それに加えて、途中で唇を蜂に刺されて、痛いったらありゃしない。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

071002

オートジャンボリーを見学するのはこれで3回目。
さすがに旧車も見慣れてきて、なんだか物足りなくなってきた。
この日一番興味が惹かれたのが、このシトロエン・タイプHの珈琲屋さん。
さまになってますね。
でもこの日は暑過ぎて、アイス珈琲さえ飲む気になりませんでした。

071003

ヨーロピアン、アメ車とも今回は少なめ。
この2CV、アートしていて素敵でした。センスが光ります。
久々見るノーマルの914、昔は911に隠れて地味な車の印象でしたが、今は911より目立つかも?
この赤のジュニアZは、昨年箱根で会った個体ですね。
相変わらず、ド迫力のコルベットです。

071004

071005

071006

正直暑過ぎてじっくり見ている気力もなく、サラッと流して終わってしまいました。
一緒に行った友達にも悪かったので、あまり長居もできない。

071001

この暑い中、がんばるバイクスタント。
飛び入り参加の学生さんが、バイクの前にぶる下がってます。
度胸ありますね、この状態でジャックナイフを行うとは・・・∑(゚∇゚|||)

071007

071008

とにかく暑かったので(こればっか)、あまり詳しいレポートも書けません。
やはり例年のように、梅雨空のなか、多少小雨がぱらつくくらいのほうが、見学しやすいようです。
この後友達と食事をして、めいめい帰路につきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 6日 (水)

朝練、タイヤ破裂で困った

最近暑くてやたら早く目が覚める。
それではと、一週間に一度くらいは負荷の高い走りをしてみるかと、物見山周回に向かった。
朝5時出発して、45分程度で物見山到着、1時間ほど周回をこなした。
最近登りのペダリングを改造中、気持ち良くトレーニングを終えて、帰路に着くと、突然パーンというすさまじい音が。
みるみる後ろのタイヤが凹み、自転車がガタガタする。
あああ、やっちゃった。
ただのパンクだと思ったが、タイヤの側面をスッパリ切ってしまっている。
チューブを替えて、だましだまし走れるかと思ったが、すぐにチューブに穴があき、やはりタイヤを替えないと無理っぽい。
1500kmくらい走ったところで、タイヤはパーである。
Googleで近くの自転車屋へ歩いて向かうが、その自転車屋は、ロードバイクのタイヤは置いてなかったので、アウト。
もう一軒に行ったが、こちらもだめだった。
こんなに自転車が盛んなのに、高坂周辺の自転車屋は、どれもダメみたい。

070601

仕方がないので、コンビニでゴミ袋とビニールテープを購入して、ゴミ袋輪行で高坂駅から東松山へ向かう。
以前ゴミ袋輪行をした時、結構恥しかったけど、今回は全然平気。
パッキングも、輪行袋よりある意味楽ちん。

東松山から、鴻巣駅へ行くバスが1時間に2本ほどあったので、助かった。
路線バスでの輪行は初めてだったが、空いていたので何の問題もなかった。

朝練といって、朝5時に家を出て、帰宅は10時半。
長い朝練だったこと┐(´д`)┌ヤレヤレ

結局会社へは、午前休みとして午後から出社したのでした。
ほんとはこのまま休みたかったんだけど、最近忙しいからねえ・・・残念でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年7月 4日 (月)

名栗湖(有間ダム)倶楽部ラン

7月の定例倶楽部ランに参加してきた。
夏の倶楽部ランは正直辛い。
たいてい夏の炎天下、標高が低い平野部を走るので、ほとんど苦行である。
しかし今回の倶楽部ランは、ときおり日差しはあるものの、曇りがちで、涼しいとは言えないまでも、なんとか走れる。

070301

今日兎の先導はW氏、既に還暦を迎えたとか。
道には詳しいつもりでしたが、さらに知らないルートを案内され、結構楽しかった。
車の少ない道を案内してもらったのもGOODgood
醤油王国、知りませんでした。
たまごかけご飯は美味しそうだったけど、醤油ソフト・・・微妙。
しかし名栗湖前の県道70-53は、相変わらず道幅が狭い割には、交通量が多く走りにくい。
そして自転車がやたら走っているったらありゃしない。
正直地元民はうざいと思っているだろうし、私も自転車で走りたくないなあ、こんな道。
目的地へ行くには、この道しかないので仕方ないけど。

最後の休憩、セブンイレブンからはフリー走行。
CB氏を先頭にY氏、T氏が追いかけていく。
CB氏の後を、ちんたら走ればいいやと追いかけたが、そのうち先頭をローテーションしながらスピードアップ。
名栗湖まで3km程度と思っていたら、結局10kmほどを追い込んで走り、最後は名栗湖手前の坂をヒーヒー走って、到着。
いつもはゆるい倶楽部ランだけど、今日はちょっとハードだった。
名栗湖ぐるっと回って、湧水飲んで、写真撮って、食事会。
人数の関係から、普通の中華食堂「むさしの」で、冷やし坦々麺を食べた。
ごく普通~の食堂だったけど、娘さんの対応でなぜか居心地良かったし
食事もおいしくいただけた。
食事の後は解散、集団だと楽すぎるので、一人最近開拓しつつある最短ルートで帰宅。
途中まで調子が良かったが、次第に日差しが強くなり、パタリ足が止まった。
体温急上昇で、これはまずいとコンビニに駆け込み、アイスクリームで体を冷却。
夏の熱中症は恐い、高校時代の先輩も熱中症で亡くなっているので、ほんと要注意です。
途中のコンビニでさらにお土産のアイスを購入して帰り、シャワーを浴びて、再度アイスで体を冷却。
家の冷房も温度設定高めで、少し暑苦しいので、快適な昼寝とはいかなかったのが残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 2日 (土)

聖天さま ★★

妻沼にある聖天さまの本殿の修理が完了したというので、赤城山の帰りちょっと寄ってみた。
そして修理、復元されたその本殿は、想像をはるかに超える豪華絢爛さに息をのむ。

070204

最初は拝殿の彫刻をみて、なかなか凄いなあ思った。
で拝殿の横に回ると、奥に何やらさらに豪華な彫刻が見える。
しかしここからは、拝観料を払わなければ見れないようだ。
せっかく寄ったのだからと、700円を払ってボランティアによる解説付きの拝観ツアーへ。

しかしま近に見る豪華絢爛な彫刻は凄い!ほんと、感動します。
こんな近くに、こんな凄い文化財があるとは驚き。

070206

境内近くの参道には、涼を求めるのに良さげなお店があったりと、なかなかの風情。
しばし木陰で涼んで帰りました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今日の赤城山 (50km) ★★

3日ほど前から、天気図とにらめっこ。
どう考えても予想天気図では、それほど天気が悪いと思えないけど、天気予報のサイトはどこも雨マーク。
で、当日は晴れとは言わないけど、絶好のヒルクライム日和。
曇りで、ときおり暑い日差しが、先週といい今週といい、天気予報おかしいんじゃないの?

世間では赤城山ヒルクライムが開催されるというので、県道4号線の登りが注目されるが、私的には、赤城山ヒルクライムと言ったらやっぱり赤城神社から小沼に登るルートしかない。
普段走るには、4号は車が多すぎてとても楽しそうには思えないのだが。
その点赤城神社裏からのルートは車が少なく、ガツンと急斜面の連続、自己の世界に没頭できる。

本日はFF21の、BCさんと茶々丸さんと一緒に、赤城山に登る。

070201

家から下道走って約1時間20分ほど、集合時間に少し遅れたので、AM8:30スタート。
総合スポーツ公園から、赤城神社までは緩い坂道をウォーミングアップしながら走る。
湿度は高めながら、曇っているので涼しく快適、ヒルクライム日和。
赤城神社で、少し遅れた茶々丸さんを待つが、なんか様子が変。
美ヶ原で痛めた膝の調子が良くないようで、今回はゆっくり登るという。
だめならそこでそのまま下ればいいだけの話なので、私とCBさんはタイムアタックモードで先に登ることにする。
赤城神社から一旦少し下り、左折してスタート。
CBさんには、砂利の採石場手前で、軽くパスされみるみる後ろ姿が小さくなっていく。
そしてそのあとはいつものように一人旅、黙々とペダリングするのみ。
今回はひき足の意識を強め、なるべくケイデンスを高くすることを意識して登ってみる。
そしてダンシングは、急な斜度に使うのではなく、少し緩めの斜度に使って、休むダンシングを心がける。
で結果は・・・おおお!今までの最高タイムより、3分ほど短縮してる。
赤城神社から、1420mの峠まで1時間2分45秒、自分なりに頑張った。
ここんところ、タイムは落ちる一方だったので、なんだか嬉しい。
トレーニングのたまもの、まだまだタイム短縮の可能性はあるってことで、希望の光が見えてきた。
先に行ったBCさんは、「もう少しで1時間切れませんでした、小沼まで・・・。」
小沼まではさすがに、1時間切れは厳しいです。
小沼の標高は1500m、曇りがちなこともあって、かなり涼しい、この涼しさを持って帰りたい。
体調がすぐれなかった茶々丸さんもおいおい到着。
その前に走り去る影がちらり、FF21のSさん、そういえば展望台でも見かけた。
今日は一人で、大沼の赤城神社までとのこと、坂好きになったのかな?

070202

お腹が空いた~とのことで、いつものお蕎麦屋さん、風の庵へ。
山菜天ぷらと10割もりそば。いつもながら美味しいです。
大沼を一周して、4号を下ります。
しかし今日の4号は、ほんと自転車が多かった。
ちなみに挨拶されても、路面状況に全神経を集中させているので、返す余裕はないです。
細いタイヤで60kmはかなり緊張しますが、気持ちいい。

070203

途中左折して、空っ風街道へ。
ここは標高500mを走る、広くてきれいな道。
しかしカーブの連続と、延々と続くアップダウンは半端じゃない。
のんびり走るつもりだったが、CBさんのペースにつられ、最後は全力。
ひえ~厳しかった、ある意味赤城ヒルクライムより辛い。

短いけど厳しいトレーニングでした。
この後近くの粕川温泉元気ランドに寄ってさっぱりして帰宅。
皆さんお疲れさまでした、茶々丸さん近いうちにリベンジしましょう。

 

赤城神社(540m)-峠(1400m)
距離 10.6km
時間 1時間2分45秒
心拍数 AVG159 MAX168
ケイデンス AVG 56

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »