« ツールド美ヶ原(前日) 2011 | トップページ | ねこばばKさんとランデブー(待ち合わせ) »

2011年6月19日 (日)

ツールド美ヶ原(当日) 2011

全員朝4時半に起床し、準備開始。
まず痛めたふくらはぎに、入念にテーピングしてサポーターを巻く。
そして忘れちゃいけない、足つり防止薬小林製薬のコムレケア。
本来は足がつった時に飲むのだけど、これのおかげでで富士チャレンジ200kmを走り切ったので、予防効果あり?信じる者は救われるってか。

天気は曇りだけど、天気予報によれば、雨は心配なさそう。
晴れているより、涼しいほうが何かと楽なので、好都合だ。
準備を終えて、5時に2台の車で浅間温泉の会場へ向かう。

途中のコンビニで、朝パスタ。
出すものも出て、今日は体調は万全・・・といきたいのだが、昨日のビールの残りで、少し頭痛がする。

会場に着いたら、まず山頂にあげてもらう荷物を預けて、茶々丸さんとウォーミングアップに向かう。
これは、美鈴湖からの下りコースを使うのがちょうど良い。
坂を登って心拍数が160になった時点で、ウォーミングアップ終了。

後は08:15のスタートまで、一時間ほど。
まずはチャンピオンクラスからスタートが始まる。
前のスタートグループが、段々減っていくと、段々緊張してくる。
この間トイレに2回も行ってしまった。

061901

そしてついにスタートの瞬間が・・・、と言っても長丁場なので、いつも最後尾からゆっくり目にスタートしたのはいいのだが、タイム計測のスタートボタンを押し忘れ、700mほど走ったところで気が付いた。だめじゃん。
激坂で、落車に巻き込まれないよう、周りの様子を伺いながら徐々にスピードアップ。
幸い激坂では、程よく周りの間隔がひらいた状態で通り抜けることができた。
このコースも三度目ともなると、激坂区間が随分短く感じるようになる。
激坂を過ぎても、美鈴湖までは休めるようなコースではないので、必死こいてペダルを踏まなければならない。
そして、もう少しで平らな区間になろうとする前の、急こう配の個所で、突然前の自転車がバックするように動き、目の前でバタンと倒れる。
ひええええ~、と叫んで回避行動をとったが、私の足が倒れた自転車のハンドルに引っかかる。
それでも何とか転倒をこらえ、事なきを得た。
確か前回も美鈴湖までは、気が抜けません。

美鈴湖まで23分くらいか?スタートボタンを押し忘れたので、正確な時間が判らない。
美鈴湖の平らな区間で、あがり過ぎた心拍数を整える。
激坂には慣れたのだけど、美鈴湖からの長~い坂は相変わらず。
現在位置が把握しにくいので、激坂区間より美鈴湖から武石峠までの区間のほうが苦手というか、精神的に辛い。
以前の二回ともこの区間でだれてしまって、随分タイムを落としてしまったので、今回はチェックポイントごとに目標タイムを設定。

061902

美鈴湖からは、おおむね160くらいの心拍数で坂を登る。
このコースを登るのは5回目なので、おおむねコース状況は把握しているが、武石峠までは同じような坂道が続き、今どの辺にいるのか、ペースは速いのか遅いのか全然把握できません。
第二チェックポイントまでは、ペース的に少し早目だったが、第3チェックポイントに着くころは、なぜかいつもと同じ1時間30分くらい?
なんかこの辺だけ、距離が長くなるんじゃないの?と思うくらい武石峠は遠かった。

武石峠から、もうひと頑張りで尾根筋に到達。
ここから思いっきり踏みたおして、ゴールを目指すのだが、今回は最後の登りに少し力を残しつつ走る。
いつもながら、この尾根筋を飛ばすのは気持ちいい。
と前を走る自転車が、なぜか後ろを振り返る。
そしてそのまま熊笹に覆われた山側の藪に突っ込んでいった。
ひええええ~、30km/h以上は出てたよな、幸い木に激突とか無かったけど、怪我は大丈夫だろうか?
そのあと、一気に下って加速したあと待っている最後の二段坂。
いつも一段目で力尽き、最後は情けないことになってしまうが、今回は少し余力を残していたので、最後をダンシングでゴール。
でもタイムはあまり良さそうもない。
結局1時間46分3秒と、目標の1時間40分切りは遠く及ばず。
自己記録は8秒ほど縮めたけど、なんだかな~。

ゴール地点で休んでいると、しばらくして茶々丸さんが到着。
途中茶々丸さんに抜かれたら、凹むな~と思っていただけに、ちょっとほっとした。
上に居ても展望もなく寒いだけなので、下りの荷物を受け取って、茶々丸さんとさっさと下ることにした。
すぐ前には、40分ほど前にスタートした、UTさんがいたので、一緒に下ることに。
下り始めてすぐの展望の良いところで写真をとり、そのまま写ツイート。

後は気持ち良くダ~~と下って、美鈴湖へ。
走りぬけようとすると、応援のnekoJさんと茶々丸子さんが、サイクルカフェ、ピラータの前でのんびりくつろいでいた。
ほんじゃ、まあ私もということで、サービスのスープと、アイスココアをいただく。
そのうち、茶々丸さんも合流して、ビールなんぞ飲みながらまったりモードに突入。
そのころUTさんは、下りでタイヤが破裂して大変だったらしい。
ここでUTさんを待っている間に、昼食でも食べようかということで、カルボナーラを注文。
UTさんは、結局自力では帰れないということで、レスキューカーに拾われて、会場にもどるはず・・・、がなぜか美鈴湖で下りて私たちのほうに歩いてくる。
・・・て、自転車は既にスタート会場に向かっているのに、どうして帰るの?一同絶句。
(結局このあとUTさんは、途中まで歩いて帰ったが、道を間違え、結局あとから茶々丸さんの車に拾われて・・・、( ̄Д ̄;;ふ~)
なんやかんやで、結局2時間ほどこのカフェに居座ってしまった。

昼飯を食べたら、スタート地点で計測チップを返して、結果タイムを確認。
後は風呂に入って、帰るだけ。
本日のお風呂は長峰荘、ここはこじんまりした公共の宿。
お風呂も広くないけど、北アルプスが眺められる最高のロケーション。
まあ晴れていれば・・・ですけど。

ここから上信越、関越自動車道を通って帰ったんですが、さすが特別割引1000円の最終日。
スノーシーズンじゃなきゃ、さほど混まないこの道も、事故と渋滞で大混雑。
富岡で夕食がてら下道におり、いつものように抜け道をとおって帰りました。

今回同行して下さった、nekoJさん、茶々丸夫妻、UTさん、ありがとうございました。
茶々丸さん、来年は1時間40分切り目指して頑張りましょう。

Dクラス順位 352/600
走行時間 1:46:03
走行距離 21.1km
累積標高 1300m
平均速度 11.9km
最高速度 61.0km
平均ケイデンス 56
平均 心拍数 157
最大心拍数 172
消費カロリー 1471Kcal

|

« ツールド美ヶ原(前日) 2011 | トップページ | ねこばばKさんとランデブー(待ち合わせ) »

コメント

kanさん
このたびのツールド美ヶ原、おかげさまで満喫致しました。松茸山荘では思いのほか食欲があり過ぎて、食べ過ぎてしまいました。その分体外へ出てくれればよかったのですが…出走直前までトイレに行きましたが、身重の状態で出発でした。何とかkanさんに追い付きたい一心で頑張りましたが、やっぱりチャリ歴一年生には無理無理でした。来年はぜひとも1時間40分切目指しましょう。
また、色々なアクシデントがあるんでしょうね~!
ホントにお世話になりました。

投稿: 茶々丸 | 2011年6月23日 (木) 15時14分

こちらこそ一緒に走れて楽しかったです。
本番でも何とか抜かれずに面目を保てました(^_^;)
例年美ヶ原まで、少しトレーニングして体を整えて、あとは惰性でシーズンを送るというパターンでしたが、今シーズンは終わりまでトレーニングを続けたいと思います。
今週末は天気悪そうですが、来週は赤城でタイムアタックでもするつもりです。よろしかったらぜひ。

投稿: kan | 2011年6月23日 (木) 23時37分

kanさん
お誘いありがとうございます。
今週末は既に予定があり、残念ですがご一緒できません。
週末は仕事の場合もあるので…
赤城行きたかったですが、またお誘いください。

投稿: 茶々丸 | 2011年6月24日 (金) 08時43分

赤城は7/2か7/3の予定です。
赤城神社から登るコースは近いので、いつでも気軽にアタックできます。
帰りの温泉もたくさんありますし、近くのコースでは一押しです。

投稿: kan | 2011年6月27日 (月) 01時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/52000483

この記事へのトラックバック一覧です: ツールド美ヶ原(当日) 2011:

« ツールド美ヶ原(前日) 2011 | トップページ | ねこばばKさんとランデブー(待ち合わせ) »