« ツールド美ヶ原(当日) 2011 | トップページ | グランフォンド乗鞍岳の計画 »

2011年6月26日 (日)

ねこばばKさんとランデブー(待ち合わせ)

大震災のBLOG記事関連で知り合った、チームねこばばのKさんの、一緒に走りませんかの呼びかけに、ときがわまで行ってきました。

天気予報とにらめっこで、曇りの予報の日曜日にしたんだけど、朝から霧雨がしっかり降っていた。
昨日はしっかり雨の予報で、たいして降らなかったし、まったく天気予報、どうなってんの?
それでもこれくらいの雨なら、炎天下走るよりは快適なので、FF21呼びかけメンバー集合場所の平成の森公園に車で行ってみた。
雨だし、誰も行く人がいなかったら、そのままときがわ町の西平まで、車で行くつもりだったが、平成の森には5-6人が走る気満々でたむろしていた。
そのうち本日同行くださるのは、ナベさんとCBさんのお二人ですが、車で向かうつもりだったので、自転車を車から降ろして、自走の準備。
あとの方はどちらへ走りに行ったのでしょうか?雨の中もの好きな事です(自分も)。

小雨なので車の少ないルートさえ選べば、結構快適。
30km/hベースでときがわ町を目指します。
最初は大野峠を走る予定でしたが、時間的に微妙だったので、まずは横松郷。
ひと月前は、ここを登るだけで気持ち悪くなってしまいましたが、その後の一か月の走り込みの甲斐があって、そこそこ快調に登れた。
松郷峠から下って、西平のコンビニで珈琲ブレーク。
現在10時、Kさんとの待ち合わせは11時椚平なので、ちょっとまだ時間がある。
というわけで、ときがわ四季彩館近くまで下って、そこから弓立山方面にひと登り。
大附の集落まで来ると、先にいったなべさんとCBさんが、誰か女性のローディーと話している。
その人が本日会う約束のねこばば、Kさんであった。
まずはご挨拶がてら、弓立山へひと登り。
今シーズン、ロード初乗りのKさんは、ちょっときつそうであったが、のんびり弓立山に到着。
山頂は雲の中で、何にも見えないが、ひんやりとして気持ちいい。

062601

それじゃ時間ですので、椚平にある「くぬぎむら体験交流館」へ向かう。
一旦山を下り、再度登るのですが、この坂結構厳しいです。
最後の激坂を登って、やっと着いた~と思ったのですが、なんと本日臨時休業(;ω;)。
体験交流館の庭には、Kさんの知り合い、山のエキスパート常吉さんが待っていました。
仕方がないので、下って旧ときがわ村役場隣にある、手打ちうどんのお店「あたご」で昼食をとることにした。
あたごで皆さんと、自転車や山の事など、とりとめのない話を二時間ばかり。
話題は豊富で、楽しいひと時を過ごさせていただきました。
話題はあんまり覚えてないけど(*^-^)、ねこばばさん達と、何か一緒にできるイベントとかあれば、やりましょう。
もちろん1km=10円募金運動も継続しますよ。
いただいた山登りバージョンのワッペン、全部刺繍で凄いですね、ザックに貼らせていただきます。

皆さんとお別れして、ちょっと登りのペダリング確認のため、再度弓立山に登る。
美ヶ原の登りで、やっぱりケイデンス上げないとだめだなと思い、ケイデンスをあげる方法を試行錯誤しつつ、登りの確認。でもやっぱり難しい???

062602

弓立山の下り、先程見かけた小さなカフェ「オレンジ色の空」の看板が目に止まり、ちょっと寄ってみる。
場所は大附そば道場から、200mほどゴルフ場より。
ほんと小さな小さなカフェですが、ここからの眺めが素敵です。
ここのオーナーの女性によると、晴れた日にはスカイツリーも見えるのだとか。
でもこんな雨交じりの日、雲に煙る里山の眺めもまた格別。
コジュケイやヒヨドリの鳴き声が響く静かな集落を見降ろすような絶妙なロケーション。
まだメニューは珈琲と紅茶くらいですが、これから何を出すか思案中とのこと。
自転車用にバイクスタンドや日影のテラスを構想中だとか。
位置的にローディーが一休みするには、最高ですから、お店に行っていろいろ出してほしいものをアドバイスしてあげると、喜ばれます。
たのめばBもおいてくれるかも。
そんなとりとめもない話を、オーナーの女性と40分ばかり話し込んでしまいました。

そろそろいい時間なので、カフェを後にして、一路スタート地点の平成の森を目指して走ります。
雨もおおむねあがり、道も乾き始めたし、涼しい気温と相まって、とても走りやすい。

4時ちょっと前に平成の森公園について、自転車を車に積み込み、本日の走行は終了です。
本日お付き合いしてくれた皆さま、ありがとうございました。
小雨程度なら、晴れて暑い日より全然快適ですね。
最近雨の日も結構好きになりました。

ただね、帰ってからの自転車そうじが大変ですが。
これさえなければ・・・。

|

« ツールド美ヶ原(当日) 2011 | トップページ | グランフォンド乗鞍岳の計画 »

コメント

 お別れして、帰る頃が一番の雨降りでした。パンツまで濡れたので、やはり雨の中は走りたくないです!
 私とスーさん二人が自走で帰宅し、他の仲間は車で帰宅されました。
 帰宅してからしばらくして、雨も納まり、何とか走れたようで、良かったですね。ねこばぁーばのKさんも雨の中を走られたのですね、スゴーイ!根性ありますね!!
 沼売店が無くなり、皆さんと話する機会がなくなりました。

投稿: sugi | 2011年6月27日 (月) 12時10分

富士200km以来、雨もけっこう好きになったかも?
濡れるまでは嫌ですが、完全に濡れてしまえば
あまり気になりません。
あとは車のあまり走らない道を選べば、問題ないかな。
少なくとも、埼玉の炎天下、灼熱地獄よりはかなり快適です。
気持ちアベレージスピードも速かったような気がします。

投稿: kan | 2011年6月28日 (火) 00時13分

日曜日はお世話になりました。
久しぶりに行った大附山のところで「弓立山も行こうかなあ」と地図を見てたら発見されてしまいました。私は今年初のロード、初のちゃんとした山道だったので、ちょーキツかったです(笑)
みなさんのおかげで足をつくこともなく、弓立山、椚平とも完登できました。kanさんスピード調整しながらのサポートありがとうございました。また遊んでくださいねー。(それにしてもみなさん、お速い!)

私は元々ツーリング上がりなので、雨とか、一人とか平気なんです。特にこの時期は炎天下よりも小雨程度の日の方が好きです。
(下りは苦手なのでちょっとコワいですが^^)
今まで一番辛かった雨中ライドは9月の北海道(大昔)の苫小牧〜支笏湖〜洞爺湖〜オロフレ峠〜登別です。下りの寒さは尋常ではなく、ウルリッヒになった気分でした。

投稿: K藤@ねこばば | 2011年6月28日 (火) 23時05分

東京からはるばるありがとうございました。
雨の中一人で来られるとは、さすがです。
私も山登りや、テレマークスキーもやるのですが、今はやはりロードバイクの、「気ままに自由」感覚が最も気に行ってます。
乗鞍岳ですが、海の日の三連休(登りは中日)に実施しようかと思ってます。
高山周りでトータル140km、1300m,700m,600mの峠越え。
これなら早朝スタートしたら、無理なく帰ってこられそう。

投稿: kan | 2011年6月29日 (水) 00時19分

kanさん、K藤さん、日曜はありがとうございました。私は濡れた路面が怖いので掟破りの車での参加でしたが、次回はちゃんと自転車で。

せっかく地元に住んでいながら皆さんのお話に出たコースはほとんどどこも走った事がありません。これからあちこち走ってみようと思っています。どこかでお会いできるかな。

これからもよろしくお願いいたします。

投稿: 常吉 | 2011年6月29日 (水) 08時10分

先日は雨の中起こしいただいて、ありがとうございました。
もっと山の話なども伺いたかったのですが、連れもいることですので、あまり話せず、少し残念です。
以前長野に住んだことがあり、こちらに来た頃は、奥武蔵の山なんて、たいして面白くもないと思ったものですが、自転車で走り回るようになって、少しずつその良さがわかってきました。
また四季折々に訪れるに従って、いつも何か新しい発見があり、渋い美しさの山里に、今は魅了されています。
また何処かでお会いできるのを楽しみにしております。
BLOGこちらからリンクを貼らせていただきました。

投稿: kan | 2011年6月29日 (水) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/52051576

この記事へのトラックバック一覧です: ねこばばKさんとランデブー(待ち合わせ):

« ツールド美ヶ原(当日) 2011 | トップページ | グランフォンド乗鞍岳の計画 »