« 東日本大震災ボランティア(岩沼市・亘理町) | トップページ | 朝練は桜とともに »

2011年4月13日 (水)

震災ボランティアメモ

今後ボランティアをしようと思われる方へ

宮城県災害ボランティアセンター

県外のボランティアを受け付けているところは、案外少ないです。
宮城県では、以下のボランティアセンター
・石巻市災害ボランティアセンター
・岩沼市災害ボランティアセンター
・気仙沼市災害ボランティアセンター
・亘理町災害ボランティアセンター

ボランティアの受け付けは先着順のようでした。
個人で行く場合、事前連絡は要らないようです。
グループで行く場合は、事前連絡しておくと、優先的に作業を割り当ててくれました。

雨の日は、実質的に作業中止のようです。
まったく作業が無いわけではありません。

服装はこんな感じで
上下雨合羽だと、汚れが気になりません。
釘の踏みぬき事故が多いので、長靴の中敷きは、釘を通さない物にすると安心です。
ヘルメットまでは、いらないと思います。
作業着は、ワークマンで格安ウェアを購入できるとのこと。
角スコップ(先がとがっていない、四角なスコップ)が持参できると役立ちます。

県外者を受け入れる場所では、ガソリン、食事の心配はいりません。
作業現場までは、車で送迎してくれるようです(私たちは乗ってきた車で移動)
軽トラなどの荷台がある車が、重宝されます。

決して楽しい作業ではありませんが、それ以上に貴重な体験ができます。
そして自分にとっても、災害とは何か、地震のときにはどうしたらいいかなど
普段では決して得ることができない、貴重な教訓や情報を得ることができました。
また被災した方々の強さや優しさ、ボランティアセンターで尽力する若者など
日本ってまんざらでもないと、嬉しくなる体験もあります。

一部流布している、「ボランティアなんて邪魔になるだけ」などということは
決してありませんので、ぜひボランティアの参加してみてください。

|

« 東日本大震災ボランティア(岩沼市・亘理町) | トップページ | 朝練は桜とともに »

コメント

Kanさん、こんばんは。
ボランティアに行かれたのですね!
Kanさんの行動力、素晴らしいです。
いままで、自分に出来る事は何だろうと悶々としていました。
でも何をどうしたら良いのか判りませんでしたけれど、
Kanさんの記事を見て、わたしも行きたいと思いました。
何が出来るか判りませんが、女性でも何かお役に立てますよね?
主人に、GWに行ってきたいと言ったのですが、お前なんかに何が出来る、邪魔になるだけだ!と言われました(/_;)
主婦がボランティアに参加するには家族の理解が必要みたいです…

それと、福島のRちゃんを、みんなで励ましに行けないかなと思うのですが、無理でしょうか?

投稿: sizuku | 2011年4月16日 (土) 00時18分

sizuku さん
ボランティア、邪魔になるようなことは決してありません。
ただ勝手に何かやるわけにもいかないので、あくまでも要望とのマッチングが難しいところです。
様子は、震災ボランティアセンターのBLOGを見ていただければ、だいたいの様子がわかるかと思います。直接電話で聞くことも可能です。
ただGWは、ボランティアの数がぐっと増えそうなので、作業は相当高い競争率になりそうです。

私の場合、会社が準備してくれたので、それに乗っかっただけ。いい機会でした。

福島ですか、それも良いですね。
GWは10連休で、子供達との予定も合わないことから、一人で東北行脚しようと思ってます。

投稿: kan | 2011年4月17日 (日) 00時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/51373914

この記事へのトラックバック一覧です: 震災ボランティアメモ:

« 東日本大震災ボランティア(岩沼市・亘理町) | トップページ | 朝練は桜とともに »