« 大野峠と隠れ家カフェ・マロ | トップページ | 宮城県七ヶ浜あたり »

2011年4月28日 (木)

スマートフォン(MEDIAS)のある生活

震災前は、大きくて電池がすぐなくなるスマートフォンなんて必要ない、なんて思ってましたが、震災ですっかり考えが変わり、スマートフォン(MEDIAS N-04C)を購入しました。
東北道が復旧直後、仙台の隣七ヶ浜町の弟の家に行った時、情報収集にとても苦労し、それからtwitterを始め、スマートフォン購入となったわけだ。

Tc8git0000004vki

地震の時、つくづく思ったのは、やっぱり地震の時はワンセグを見るに限る。
なんだかんだと言っても、やはりWEBの情報は遅いし、探してる暇はない。
やっぱりガラケー機能は必要なんですよ、日本では。
そして通話エリア。
別にドコモが好きってわけじゃないけど、結構田舎や山がフィールドなので、デザインばかりかっこ良くても、繋がらないのでは話になりません。
最初は、防水仕様のレグザフォンにしようと思ったが、在庫もなく少し割高だったのでこちらにした。
デザイン的にもiPhone似のどっかのモデルより、こちらのほうが断然いい。
薄さ7.7mmってのはやはりクールだ。

機能については、やはりキーボードが使いにくいかなと思っていたら、音声入力があるじゃないですか。
使った感じは結構認識してくれて、これならキーボードにいらつくこともない。
twitterも音声入力できるなら、自転車で出かけ先からでも、ますます簡単につぶやける。
写真の画質もまあまあだし、これからもっとはりきってつぶやこう。

前の携帯電話で、最も大きな不満はGPSがあるにも関わらず、基地局と通信できないエリアでは、位置測定ができないってこと。
MEDIASでも、Google Mapでは同じだけど、「地図ロイド」というアプリを使えば、通話可能エリア外でも、国土地理院の詳細な地図上で現在位置が表示できる(事前に地図のキャッシュ化が必要)。
これなら別に山岳用GPSを持参する必要もなく、問題解決だヽ(´▽`)/

android って予想以上に高機能なんですね。
あとはバッテリーの消耗が超早いってことを、どう対策するかだな。

|

« 大野峠と隠れ家カフェ・マロ | トップページ | 宮城県七ヶ浜あたり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/51511706

この記事へのトラックバック一覧です: スマートフォン(MEDIAS)のある生活:

« 大野峠と隠れ家カフェ・マロ | トップページ | 宮城県七ヶ浜あたり »