« ヒストリックカーレース | トップページ | 大渚山 »

2011年3月 5日 (土)

稗田山から無名峰

またもや雪うさぎとビーコンパートナーとの合同企画に参加してきた。
目覚ましをAM3:45にセットして・・・のつもりだったが一時間間違えて大慌てで出発。
上田インターを降りて、Ninjya S氏をピックアップ。
そこから白馬コルチナスキー場に向かい、一応まあ予定どうり8時頃コルチナに到着。
コルチナでは、てれまくり2012が開催され、たくさんのテレマーカーが集まっていたが、その脇をすい~とスルーして、リフトでゲレンデのトップに向かう。

030501

ゲレンデトップには、バックカントリーエリアへのゲートがあった。
スキー場の大人の対応はありがたい。
S氏と二人ゲートを抜けて、10分も登ると、そこが稗田山の山頂。
山頂の北側はすっぱりと切れた断崖絶壁の大崩落が口をあける。

030502

しかし奥のほうは良く見ると、なんだか滑れそうだねとS氏と談笑。
後で調べてみると、ガイドツアーなんかも入っているようで、コースによってはさほど難しくはないようだ。
今日の雪の状態なら、滑走もありか。
でも一応、先頭は遠慮しておこう。

030504

稗田山山頂付近からは、美しい樹氷の森が広がっていた。
空の青とのコントラストが凄い。
まるでおとぎの世界のような美しい森をゆるゆる登る。
山の神の手前、標高1650m付近でUターンして、1598mの無名峰へ向かう。
途中鞍部で昼食をとっていると、鵯(ヒヨドリ)峰から来る別働隊と合流。
10人以上、皆でワイワイガヤガヤ。
ここから見る鵯峰から天狗原にかけての雄大な景色は格別だ。

030503

ここから、1598m無名峰に少し登って、そこからドロップ。
そこは素晴らしいパウダー斜面があった。

030505

皆歓声をあげながら谷筋を滑って、フィナーレ。
白馬乗鞍スキー場に出て終了。
今日は素晴らしい景色と雪を堪能の最高の一日だった。
これから総勢13人で、S氏の実家に雪崩れ込み宴会&宿泊。

ただ途中寄った姫川温泉、熱すぎ!

|

« ヒストリックカーレース | トップページ | 大渚山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/51063194

この記事へのトラックバック一覧です: 稗田山から無名峰:

« ヒストリックカーレース | トップページ | 大渚山 »