« 大渚山 | トップページ | 不気味な兆候 »

2011年3月14日 (月)

東日本大震災

正直どんなことを書いてよいのかわからないが、人生最大級の出来事、日記としては書き留めておかねばならないと思う。
まず弟は仙台の東隣、七ケ浜町に住んでいて、海岸線は壊滅的な被害を受けたところ。
全然連絡がとれなかったのだが、今朝連絡がとれて、なんとか弟の家族は皆無事であった。
幸い家が10mくらいの高台に建っており、難を免れた。
すぐ下の水田や人家は全滅だったようだ。
嫁の母方の実家が仙台で、周辺には親戚が多い。
連絡はいまだとれず、きっと亡くなった親族もいるのではないかと想像している。

一日中テレビの映像を見ていたが、衝撃的な映像が多く、心が痛まずにはいられない。
しかし、災害時の行動を示唆する教訓も多く、家族で話しながら一日中テレビの前で過ごしていた。

金曜日会社の避難はひどいものだった。
絶対に耐震構造のビルの中にいるほうが安全だったが、外に出され、おまけにビルの狭間で密集状態。
ビルの窓ガラスでも割れて落ちてきたら、逃げ場がなくてパニック間違いなし。
私は一人少し離れた坂の上に退避して、津波が来たらすぐに走りだすつもりだった。
人は他人と一緒にいると安心するのか、あまりに緊張感がない。
緊急事態の時は、あまり他人の行動に左右されず、自分の判断に従ったほうが生き残る可能性が高いように思う。
なんせ今回の津波、地震が起こってから早いところでは10分で到達したという。
ちょっとした行動の迷いが、生死を分けたに違いない。

意外に役に立ったのが、ワンセグTV。
普段使うこともないのだが、すぐに地震の規模や状況を知るには、やはりテレビが一番のようだ。
電話やインターネットでは、すぐに状況はわからない。
残念なのは、自宅ではワンセグの電波が届かないこと。
しっかり広域に拡張してもらいたい。

金曜の夜は品川の会社から嫁さんの実家がある三軒茶屋まで歩いたが、頼れるのは携帯メールとGoogle Map。
確かに道路は混んでいたが、少し脇道にはいると、車も人も少なく、非常にスムーズに移動できた。
ただ回線が込んでいると、現在地の表示があいまいになる?から要注意。
メールは電話が通じなくても、家族と連絡がとれた。
やはり非常時に頼れるのは、DoCoMoの回線網か。

小学校の頃、学年で東南海地震の被害調査をしたことがあるので、災害については結構考えているほうだと思う。
家を購入するときは、平野部の台地の上で地盤が安定しているところを条件として探した。
絶対安全ということはないだろうが、洪水も山崩れも津波の心配もないだろう
自然災害の自己防衛はこれくらいしか考えられな。

そうはいっても、旅行や出張先で災害に合わないとは言えない。
事実今回の被災者に、旅行者や出張者が巻き込まれたようだ。
つくづく、今生きているのは単に運がいいだけだと思えてくる。

被災した方々に心よりお見舞い申し上げます。

プロバイダーやSNSで災害募金をやっています。
簡単なので、ポチっと初めてネット募金やってみました。

|

« 大渚山 | トップページ | 不気味な兆候 »

コメント

親戚の安否心配ですね。
自分のところも倒れたものも無く無事でした。
家族親戚も関東南部県内で皆無事でした。
災害募金やるつもりです。
出来ること考えなくては!
無事で何よりでした

投稿: nekoj | 2011年3月15日 (火) 23時52分

nekojさん
弟一家は無事でした。
姪のクラスメートには何人か行方不明の方がいるようです。
仙台の親戚も、近くであっても身動きできず、安否も判らないとのこと。
死者数もさらに増えるでしょう、悲しいことです。
FF21の総会後に、皆で募金を募ってみてはいかがでしょうかね。

投稿: kan | 2011年3月16日 (水) 00時27分

kanさんの弟さんが七ヶ浜にお住まいだったのですか、、しかも間一髪の状況の中で。。
とにかくこの度の地震による津波は 「まさかの規模」 ですが、四方を海に囲まれた日本としては今回同様以上の危機感を持たないといけませんね。
今生きているのは、もしかしたら「運」だけ。。 すこし頷けるような気もします。

投稿: masa | 2011年3月17日 (木) 00時03分

masaさん
弟はこの辺に住んでいます。
http://www.mapion.co.jp/m/38.2885713888889_141.046532222222_9/
ほんと、ぎりぎりセーフ。
でも今はまだ避難所だそうです。
電車に乗っていても流されちゃうんだから、防ぎようがないですね。
でも耐震構造は、見直しました。
これが海外だったら、絶対もっと酷いことになっている。
近所も揺れが大きかった割には、被害は非常に少なかったです。

投稿: kan | 2011年3月17日 (木) 02時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/51113707

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災:

« 大渚山 | トップページ | 不気味な兆候 »