« 激パウ!in 上越国際 (^_^)v | トップページ | 飯山寺町散歩(歩) »

2011年1月17日 (月)

吉田家住宅と金勝山

まじ正月太りで、体重がかなりやばいことになっている。
そろそろ自転車に乗って、ダイエットを始めなければ。
それにしても、寒い!寒すぎる。
スキーするならこの寒さ大歓迎なんだけど、自転車じゃね。

しかしそうも言ってられない危機的体重なので、前々から気になっていた
小川町の重要文化財吉田家住宅へMV-5を車に積んで出かけてみる。
多少なりとも寒さが緩む10時半ごろ、金勝山にある小川げんきプラザ
の駐車場に車を停めて、とりあえずひと登り。
駐車場から、げんきプラザまで1.5kmほどの登りでひと汗かき、ちょうど良く
温まった。
げんきプラザから、金勝山山頂まですぐだが、自転車では無理。
金勝山は今回初めて、山全体が気持ち良い広葉樹に覆われた気持ち良い
里山だった。新緑や紅葉の時期は、なかなか美しいんじゃないかと思う。

011601

金勝山には、たくさんの遊歩道があるが、残念ながら自転車で楽しい道は
無いようだ。
げんきプラザトイレの横を進んで、果樹園を抜け竹沢方面に出る。
自転車で走れるのは、300mほどか。いずれにせよ短いので、自転車押しても
さして苦にならない。

011602

八高線の踏切を渡って、254を200mほど西に進み左折すると、吉田家は
すぐそこ。でもちょっと奥まっていて、家屋全体を見渡せない。
この家は1721年に建築された家屋で、年代がわかっている県内最古の
民家とのこと。良く整備され、とても美しい古民家です。
外も素敵だったが、中の佇まいがまた格別。
うす暗い座敷と土間にそれぞれ囲炉裏があり、赤々と火が焚かれている。
このての展示されている古民家は、きれいではあっても生活感がないのだが
この家は火が焚かれることによって、生活感があってとても良い感じだ。
囲炉裏端では、近所のおばちゃんや観光客が数人おしゃべりをしている。

011603

外が寒かったので、赤々と燃える囲炉裏端はまさに天国。
暖かい月見うどんをいただく。
囲炉裏端でいただく暖かいうどん、日本人で良かった~。
でもうどんができるまで、結構待ちますので、せっかちの人はだめかもね。
何もかもゆっくり時間が流れるこのひと時が贅沢。
と言っていると、いつまでも腰があがらなくなってしまうのが難点。

011604

今回は自転車で官ノ倉山に登るつもりだったが、金勝山から見た林道が
気になって、そちらを調査。
山に向かって走り右折、一本目は勝呂から木呂子に抜ける林道で失敗。
再度山に向かって直進すると、どうやらこれが金勝山から見えた林道らしい。
もう少しで官ノ倉山のある尾根を越えるところまで、道ができているが
まだ工事中で、尾根までは到達できなかった。
工事期間は今年の6月までとのことだったので、そのころにはこの尾根を
越える道が完成するらしい。

011605

引き返して、正規の官ノ倉山登山道に行ってみる。
途中まで登ったが、時間切れで今日のところは引き返そう。
登山道入り口のため池が全面結氷、今年は寒いんだなやっぱり。
この後八高線沿いを引き返し、げんきプラザ駐車場に到着。

やはり寒い日は、風呂に限ると、いつもの都幾川四季彩館に向かったが
駐車場いっぱい。ううん、皆考えることは同じか。
ならばと湯郷玉川温泉に向かう。
こちらも車はいっぱいだが、お風呂が大きいのでさほど混雑するでもなく
暖かい湯に浸かれた。今日も楽しい一日でした。

|

« 激パウ!in 上越国際 (^_^)v | トップページ | 飯山寺町散歩(歩) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/50607819

この記事へのトラックバック一覧です: 吉田家住宅と金勝山:

« 激パウ!in 上越国際 (^_^)v | トップページ | 飯山寺町散歩(歩) »