« ノスタルジックに川越散策(食) | トップページ | 初日の出 »

2010年12月28日 (火)

金毘羅尾根(MTB) ★★

面白そうなシングルトラックをいろいろ探していると、なんでも御岳山の
ケーブルカーが自転車乗車可能なそうだ。
御岳山からは10kmにも及ぶ長大な尾根道が延びているという。
ということで早速登山者が少なそうな平日に行ってみた。

御岳渓谷の駐車場(かんざし美術館横)の駐車場に車を停め、カメラの
準備をしていると、なんとメモリカードを忘れたことに気づく。
というわけで写真は画質の悪い携帯写真になってしまいました。(;ω;)

外気温度は3℃あまりと、かなり寒い。
しかし寒いと感じたのは、走り始めたときだけで、ケーブルカーの駅に
着くまでには、心地よく体は温まっていた。
今回はMTBルート調査ということで、御岳山山頂まで自力で登ろうとも
思ったが、ケーブルカー乗り場までの美ヶ原も真っ青な激坂で、その気も失せた。
最後は押しが入って、なんとかケーブルカー駅に到着。

運賃は片道570円、自転車240円。
20分ほど待って、ケーブルカーに乗れば6分あまりで、標高差420mを稼ぐ。
坂好きではあるが、これはこれで結構楽しい。

122701

あっという間に標高830m、心配した寒さも明るい日差しのおかげでポカポカ。
ここから御岳神社下まで、ひとこぎで到着。
途中の山上集落は、予想していたより人家が多く、興味深い。
時間があればゆっくりするのだが、今回はそうのんびりもしていられない。

122702

初めての御岳山なので、とりあえず御岳神社にお参り。
観光地で人混みのイメージが強い御岳山だが、今日は年末の平日。
人影まばらで、のんびりした雰囲気が心地よい。
なんか御岳山を誤解していたのかも?意外といいところじゃん。

122703

お昼を回ったので、そろそろ出発せねば。
旅館の脇から本日の長大なシングルトラックの始まり。

最初は良く踏まれた走りやすい道だが、すぐに道が浸食され木の根っこが
ごつごつ引っかかる道が断続的に現れる。
登りは少なく、全体的に下り基調とはいえ、段差の大きい道は
タイヤの小さなミニベロには、結構キツイ。
このルート、道のオーバーユースで、言われているほど快適な道ではない。
それに最大の難点は、延々と杉の林を走り続けること。
明るい落葉樹の道なら多少荒れていても楽しいのだが、延々うす暗い
杉の植林を走るのでは、気が滅入ってくる。

122704

最後の金毘羅園地を、東を進む道を進むべきだったが、南に直進して
失敗。最後の数百メートルは、担いで下る羽目になった。
延々10kmほど、約2時間あまり走って、五日市の住宅街にぽっかり出た。
確かに走りごたえいっぱいだが、道が単調で情緒がないのは残念。
このルートだったら、半分くらいで充分か。

五日市市街から、秋川海道、梅ヶ谷峠を経て、出発地点の御岳渓谷の
駐車場に戻った。
せっかくだから御岳渓谷に下りてみる。
とつり橋の真ん中で、何やら鳥の撮影をしている人々。
ふと見るとその先には、ヤマセミが。
ヤマセミの実物を見るのは初めて、今までのいまいち感は解消され
御岳っていいとこじゃんという気持ちになってしまった。
多摩川を見下ろすテラスで、ぜんざいを頂く。
人影まばらで、西日も傾き少し寂しげだが、この時間が贅沢なひと時。
予備のダウンを着こんで、ぼんやり川を眺めるのがいい感じ。

122705

このあと自転車を自動車に積み込み、つるつる温泉に向かった。
平日なので、ゆったり入浴でき2時間あまりものんびりしてしまった。

122706

122707

コースタイム
御岳渓谷駐車場(10:20)-ケーブルカー山麓駅(10:50-11:15)
-ケーブルカー山頂駅(11:21)-御岳神社(11:40-12:10)
-五日市市街(14:00)-御岳渓谷駐車場(15:00)

|

« ノスタルジックに川越散策(食) | トップページ | 初日の出 »

コメント

この時期シングルトラックでのんびり散策!
羨ましいですね。ミニベロかMTB欲しいのですが
その余裕と足が無いのが残念。
またよろしくお願いします。

投稿: nekoj | 2010年12月29日 (水) 18時11分

nekoj さん
朝は寒くてとてもロードには乗れないですね。
お昼頃、ごそごそ這い出してのんびり走るのがちょうどいいです。
標高1000mでも、案外いけました。

投稿: kan | 2010年12月29日 (水) 21時03分

 御岳、大岳、鳩ノ巣渓谷、小河内ダムから雲取山辺りは、仕事でも遊びでも数回訪ねています。山が低いため眺望のよい場所が少ないのが残念ですね。今年の秋には、会社の先輩が御岳のシングルトラックトレールラン大会に参加していました。山を駈ける人が多くなりました!

投稿: sugi | 2010年12月31日 (金) 14時35分

Kanさん、あけましておめでとうございます。
御岳山にいらっしゃったと伺いびっくり!
コースを拝見してまたまたびっくりでした(*^^)v
さすがですね♪
お嬢様たちとの川越散策も、Kanさんは、しあわせなお父さんだなぁと思いました。
幼い頃から、ずっと一緒に、ちゃんと向かい合って遊んであげていたKanさん、そんな素晴らしいお父さんだから当然ですよね。三姉妹ちゃん素敵な娘さんに成長されましたね(*^_^*)将来が楽しみです。
今年もどうぞよろしくお願いします。

投稿: sizuku | 2011年1月 1日 (土) 21時44分

sugi さん
奥多摩から丹沢にかけては、MTBでの山サイでも有名なエリアですね。
ご指摘の通り人の多さがネックです。
道もだいぶ荒れているようですので、狙うならやはり人の少ない平日でしょうかね。

投稿: kan | 2011年1月 3日 (月) 02時22分

sizuku さん
あけましておめでとうございます。
BLOGの前のHPのテーマは子育てでしたからね
テーマが自転車になっても、子供たちとは
向き合っていきたいです。
もう少し親ばかにお付き合いください。
今年はご一緒したいですね。

投稿: kan | 2011年1月 3日 (月) 02時30分

新年おめでとうございます。
御岳山ですか、さっそく地図で見てみましたがなるほど面白そうな点線(コース)が続いてますね。でも針葉樹林はちょっと残念ですねぇ。
高崎の西に続く長大な尾根は自分も気になっているルートでした。倉渕と松井田の境である地蔵峠からスタートして延々と高崎までトレイルがつながっているはずなんですが、まだ未走なんですよ。
西上州はおっしゃる通りシングルトラック天国でしょうね。よさそうなルートをちょっと探してみます^^

投稿: masa | 2011年1月 6日 (木) 00時53分

masa さん
この時期いつも雪山に行ってしまうんですが
今年は近場でうろうろしてみようと思います。
冬のMTB、思った以上に快適でした。
外気温があがる10時ころ行動開始となると
やはり近場がいいようです。
今は地図や情報が簡単に手に入るので
ルート探しているだけでも、結構楽しめます。

投稿: kan | 2011年1月 6日 (木) 01時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/50419309

この記事へのトラックバック一覧です: 金毘羅尾根(MTB) ★★:

« ノスタルジックに川越散策(食) | トップページ | 初日の出 »