« 笠ヶ岳~双六岳(2日目) | トップページ | 穂高残照 »

2010年9月21日 (火)

笠ヶ岳~双六岳(3日目)

下界の天気予報、曇り時々晴れを期待したのだが、2600mの稜線は対象外ということで、本日も雨模様、とにかく寒い。
昨日は防水を保っていたテントも、内張りがしっとり濡れ、シュラフも一部濡れてしまった。
とにかく何もかも濡れると、気分は滅入って山旅を楽しむどころじゃなくなってしまう。
当初の予定では、この奥の鷲羽岳や黒部五郎岳を巡る予定だったが、この天気じゃすっかり意気消沈、とにかくさっさと片づけて下山することにした。

092101

昨日は、曇り時々雨で、全身濡れるようなことはなかったが、今日はずっと雨。
全身ぐっしょりで、濡れていないのは着替えとシュラフくらいか。
それでも、歩くぶんには暑くも寒くもなく、案外快適。

視界は数百メートルだから、景色を見てもしょうがないし、途中休んでも体が冷えるだけ、ノンストップでロープウェイ乗り場まで下る。
しかし、この下りが問題。ダブルストック持参なので、膝に負担をかけることもなく下れるのだが、足の裏の皮まではフォローしてくれない。
なんせここ数年自転車ばっかりで、めったに山に登らないため、足の裏の皮が軟いこと、まめからすぐに皮が破れて大変。
今回も筋肉はたいしたことないのだが、足の裏が痛くて痛くて・・・・(泣)

それでも何とか、ロープウェイ乗り場までおりてきたが、悲しくもこれからさらに一時間ほど、車が置いてある場所まで歩かねば。
足の裏の痛さが、ほぼ限界だったので、今回はこれが一番辛かった。

駐車場に着いて、足の裏を見るとそこらじゅうリンパがたまり、水ぶくれで、一部破れてグチュグチュ、一度見ると歩く気がしなくなる。
でもこの登山靴を脱いだ時の解放感って最高!

この後ネットで評判の良い、ひらゆの森で露天風呂を堪能。
たった500円で、この設備を堪能できるのだから、凄いコストパフォーマンスだ。
風呂上がりに、お腹がすいたので、ここの飛騨牛カルビ丼をいただき、さらにざるそば追加。
自然林の中庭を見ながら、美味しい料理をお腹いっぱい満足満足。

今回、当初の目的の鷲羽岳にはたどり着けなかったし、日の出も満天の星空も見れなかったので、正直がっかり。
でも久々のテント泊は良かった、あのしょっぱいとこがなんとも旅してるって感じでね。
今回のリベンジで、また紅葉の頃、テント担いで泊りに行こうかと思う。
尾瀬か、北八ヶ岳あたりか・・・・、なんとか満天の星空と、爽やかな朝を味わいたいもの。

・・・てその前にグランフォンド糸魚川と、富士チャレンジ200kmをこなさなきゃ。
その前に足の裏、治るか?

092102

■コースタイム
双六幕営場(8:10)-鏡平分岐(9:10)-鏡平(9:50)-わさび小屋(12:00)-案内所(13:00-13:20)-鍋平駐車場(14:30)

|

« 笠ヶ岳~双六岳(2日目) | トップページ | 穂高残照 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/49530826

この記事へのトラックバック一覧です: 笠ヶ岳~双六岳(3日目):

« 笠ヶ岳~双六岳(2日目) | トップページ | 穂高残照 »