« 笠ヶ岳~双六岳(1日目) | トップページ | 笠ヶ岳~双六岳(3日目) »

2010年9月20日 (月)

笠ヶ岳~双六岳(2日目)

夜中にテントをたたく雨音で目が覚めた。
天気予報では、朝方まで雨で、その後晴れの予報。
今日は双六幕営場までだから、雨があがったら出発すればいいかと、寝坊を決め込む。
しかし明け方になっても、いっこうにやむ気配がない。
周辺のテントは撤収を開始し、山小屋に泊った人たちは、テント脇を通って、次の目的地へと向かっていった。
あまり遅いと、双六小屋までたどり着けないので、しぶしぶ起き出し、笠ヶ岳山頂へと向かう。山頂はご覧のように霧の中で、周りは何も見えやしない。
幸い山頂からテントに戻る途中、雨はあがったようだ。

雨がやめばテントの撤収も楽なもの。
パッキング中に雲がとれ、槍や穂高が顔を見せるが、それも一瞬であった。

092001

9時に歩きだすが、周囲の人たちは、すでに出発したあとで、幕営場はガラガラ。
この後、雨は降ったりやんだりを繰り返し、一日中展望は200-300mといったところ。
秩父平手前で、ちょっと槍ヶ岳が見えたくらいで、あとはひたすら足元ぐらいしか見るところがない。
本来なら、槍・穂高の展望台の散歩気分の楽しい道だが、既に花も時期を過ぎ、何にも楽しいことはない。
雨に濡れて気分もめいるから、一刻も早く双六幕営場を目指すのみ。

092002

秩父平からの弓折岳までの登り返しがちょっときついくらいで、あとはだらだら尾根筋を歩いて、3時まえに双六幕営場へ着いた。
本来お花畑と双六池に囲まれた、至極気持ちのいいところなんだろうけど、完全雲の中で展望はゼロ、残念。
雨で途中昼食もクッキーのみで済ませたから、双六小屋でカレーライスを注文。
暖かい山小屋で食べる食事が、何と美味しいことか。

この後テントで濡れた服を着替え、シュラフに潜り込む。
明日は晴れてくれよ、一応天気予報では曇りのち晴れなんだから。

■コースタイム
笠ヶ岳幕営場(09:00)-笠新道分岐(10:00)-秩父平(11:20)-大ノマ乗越(13:00-13:10)-鏡平分岐(13:40)-双六幕営場(14:40)

|

« 笠ヶ岳~双六岳(1日目) | トップページ | 笠ヶ岳~双六岳(3日目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/49530817

この記事へのトラックバック一覧です: 笠ヶ岳~双六岳(2日目):

« 笠ヶ岳~双六岳(1日目) | トップページ | 笠ヶ岳~双六岳(3日目) »