« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月24日 (月)

魚、貝、肉、魚、魚(ドライブ)

先週の自転車仲間の集いに続き、今週は山スキー仲間から集合がかかった。
今回は約1年ぶり恒例の凸邸で、食って飲んで遊んでの集い。

普段首都高なんてめったに走らないから、混み具合が全く分からない。
その上、目的地の千葉県東金はどこを走っても同じような風景で
凸邸を見つけるまで、ぐるぐる回ってしまった。
結局集合より1時間ほど遅れて、凸邸到着。

052201

到着すると、いきなり怪しげな肉かたまりを、のこぎりで
ぎーこぎーこと切断していた。えらい光景だなこりゃ。
まあこれは、巨大なマグロの頭を解体していたのだが。
そしてこれで豪快なマグロノカブト焼き。
この集りのメンバーには、海の男がいて、普段では食べられないような
魚をさばいてくれる。
もちろん目的はこの美味しい魚を、みんなでワイワイやって食べて飲んで。
もうお腹いっぱい、食べられません。

そしてこのお宅のガレージ(納屋?)は怪しげなお宝(ガラクタと紙一重)がいっぱい。
動作可能なセブンの他、フレームだけになったセブンがもう一台。
しかしこのフレームがちゃちなこと。
昔実家にあった耕運機の荷台を思い出しちゃった。
これで新車が500万円以上するなんて暴利というか、あほらし。
中古だと100万円ちょっとで手に入る、これが妥当なところだね。
ちなみに最初の一台は、スズキのバイクエンジン(ハヤブサ)が搭載されてます。
ちょっとアクセル吹かしてみましたが、その吹けの良さは異常だ。

052202

そのまま夜の部に突入。
キンメダイの刺身、脂がのって最高、ブリ大根も味が染みてて絶品。
惜しむらくは食べすぎで、これ以上あまり食べられません~。
最後にSARU&POCHI夫妻のつってくれたティラミスで締めくくり。

そのまま凸邸で泊めてもらい、翌日はちょっと用事があったので
朝一で帰ってきました。

今日もいろいろ楽しかった、美味しかった~。
またやろうね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

あじとプロジェクト

自転車仲間のnekoJさんが、そろそろ定年なのでなんかやらない?
ということで、小川にあるnekoJさん家の土地を使って、あじとでも作ろうか
ということに話が盛り上がった。
それじゃあとりあえず土地を見に行こうということで
有志8人で、小川に向かった。

051602

場所は仙元山の麓、槻川沿いののどかな里山。
ここは自転車乗やハイカーには、かなり有名な遠山郷を抜ける道沿いなので
サイクリストやハイカー向けの、ちょっとしたCafeなんかができたら
おもしろいねという話や、馬鹿っぱなしで楽しい話は尽きません。

爽やかな風と、楽しい仲間との、まどろみながらのひと時でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

秩父高原牧場

山トレ3日目、いつもの大野峠へ。
今日はなんだか調子いい。
初回に比べて、タイムは10分以上短縮のうえ、あまり疲れなかった。
この要因はシートを1cmほど下げたからのようだ。
しかしこれほどポジションが走りに影響するとはびっくり!
といいつつも検証が必要。近いうちに白石峠や赤城山で検証しよう。

051501

大野峠から定峰峠を経由し、林道秩父高原線を通って、秩父高原牧場へ。
風が爽やか、しぼりたて牛乳からつくったソフトクリーム、美味しいです。
この辺り(二本木峠)はこの時期、山つつじの群生が非常に美しいところ。
・・・て昨年初めて見たんだけど。
新緑と朱色のつつじのコントラストが絶妙です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

峠の茶屋でそばを食す(顔振峠)

前回の大野峠がだめだめだったので、再度登ってきました。
まあ4,5日でそう変わるわけでもないけど、坂に対しての気持ちだけは何とか慣れたかな。
帰りは前回とは反対方向の顔振峠に向かいました。

050801

目的は毎年この時期に行っている富士見茶屋の手打ちそば。
新緑のこの時期、標高500mの峠で食すそばは絶品。
心地よい爽やかな風に包まれて、至福のひと時です。
明日はFF21の倶楽部ランなので、あまり疲れを残さないよう、このまま帰宅しました。
本日の走行距離110kmってところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

山の上にも春が来た

そろそろ本格的にツールド美ヶ原に向けて準備せねば。
というわけで、いつもの大野峠に行ってきました。

050301

今シーズンの初登りですが、ううんこりゃやばい。
タイムを気にせず、登ればさほど苦しいこともあるまい、と思ってたんですが、もう登るのが精一杯で、何の余裕もありゃしない。
昨年は苦しいながら、余裕もあったように思ったんですが。
やっぱりトレーニング不足と昨年より4Kgほど重いせいかしらん。

050302

まあとにかく登ったんで、堂平山のキャンプ場に向かいました。
心地よい風が吹き、昼寝するには最高です。
しばしまどろんで、帰路につきました。
それにしても、いつもながら淡い緑がまぶしい一日でした。

050303

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »