« ヤマセミの森 | トップページ | 初チャリ(越生梅林) »

2010年3月 8日 (月)

トラディショナルイングリッシュティー(食)

030701

天気が良ければ、久々倶楽部ランに参加でもしようと思ったんだけど、あいにくの天気。
家でゴロゴロしているのもなんだから、ちょっと家族でドライブでも。
と言っても次女は吹奏楽で忙しいから、次女と嫁さんは誘えない。
長女と三女を誘ったら、三女が機嫌が悪く、嫁さんと一緒にお留守番。
結局長女と二人で、久々のドライブだ。

実を言うとただ誘っただけでは、長女はドライブに付き合ってくれない。そこで紅茶好きの趣味を考え、ちょっとリッチなティタイムでも?と、赤城山の麓にある、カフェ・ルーエに誘ってみた。
ここは紅茶が本格的に楽しめて、ちょっと郊外にあるという条件で、ググって見つけた。
そしてなんと、偶然にもちょっと変わった車で来ると、スコーンを一皿サービスといううれしいおまけが(要HP参照)。
というわけで、雨模様のあいにくの天気のなか、AlfaRomeo156SWで赤城山麓を目指す。

雨で高速道路は空いていて、順調に1時間半あまりでカフェ・ルーエに到着。
ちょうど12時で、お茶という時間ではないし雨だし、客は私たち2人のみ。
早速この店お勧めの、トラディショナルイングリッシュティーをオーダー。
これは紅茶のほかに、ショートブレッド、バナナブレッド、スコーン、ケーキがついて、1500円。
紅茶は3杯分くらいあり、ケーキなどもなかなかの量なので、女性なら昼食代わりにちょうどいいくらい。
娘はせっかくだからと、プレミアム・ダージリンティー(+100円)を注文して、飲み比べてみた。

030702

でてきた紅茶を、奥さまが丁寧に入れてくださる。
そして一口飲むと、普段無愛想な娘がニコッと笑う。
いいなあ、やっぱり子供の笑顔って、お父さんはうれしいぞ。
本格的な紅茶に、紅茶好きの娘もご満悦。

少し経って、ショートブレッド、バナナブレッド、スコーンが出てきたんだけれど、これが実に美味しい。
クロテッドクリーム、ホイップクリーム、手作りジャムをつけて食べると、本当に最高。
先日小布施で食べた、モンブランも感動したんだけど、ここでもまたまた感動。
おまけに今日は娘の笑顔つきだしね。

最後にレアチーズケーキが出てきたんだけど、これが口の中でふんわりとろけて、たまりません。
このときせっかくだからと、HPを見させてもらって、アルファロメオできましたとお伝えしたところ、車担当のご主人が出てきて、ひとしきり車談義。
ご主人は、もっぱらルノーやシトロエンといった、フランス車を乗られているとのこと。
現在はカングーとルーテシアをご所有とか。
そして、変わった車で来るとスコーン一皿(+α?)というサービスを受け、玄関前で写真をぱちり。
楽しいひと時、ありがとうございました。娘も私も大満足です。
今度は家族全員で来ようと、娘と話したのでした。

030703

このまま帰るのはもったいないので、お茶のあとは伊香保で優雅に美術鑑賞。
今回は娘の希望でガラス工芸美術館です。
メインはエミール・ガレやドーム兄弟などの、アール・ヌーボーのガラス工芸の品々。
雨のため割と空いていたためか、学芸員さんが丁寧に作り方を解説してくれて、とてもためになりました。
その手間暇かけた創作の執念は、本当に感動モノです。

最後に伊香保の温泉街をぷらっとして帰路につきました。
最近ちょっと娘と距離を感じていたんですが、紅茶と美術という趣味でまた距離が縮まったみたい。
車を買い換えて、家族と一緒にプチ・グルメツアーというもくろみは、結構いい選択だったようです。

|

« ヤマセミの森 | トップページ | 初チャリ(越生梅林) »

コメント

オシャレですね!!!
 一番上の娘さんと馬が合うみたいですね、ある年になると女の子は離れてゆきますが、共通の趣味で一緒できるとは幸せですね。

投稿: sugi | 2010年3月 9日 (火) 06時49分

sugi さん
一時期かなり離れましたが、最近落ち着いたようです。少し大人になったということか?
基本的におしゃれな場所は好きです。ただ街の中のおしゃれな場所は苦手ですが。

投稿: kan | 2010年3月10日 (水) 02時16分

紅茶おいしそうだしよく店をご存知で
また娘産とALFAというのもお洒落ですね
羨ましい!!
今度息子を誘って(肉で釣るとか)!!!

投稿: nekoj | 2010年3月12日 (金) 21時28分

nekoJさん、そろそろ暖かくなってきたので、チャリでも始めましょうか。
肉で釣るならここなんかどうでしょう?
http://www.lily.sannet.ne.jp/ashikaga-aiba/

チャリでも車でも、今度ご一緒しませんか。

投稿: kan | 2010年3月12日 (金) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/47753493

この記事へのトラックバック一覧です: トラディショナルイングリッシュティー(食):

« ヤマセミの森 | トップページ | 初チャリ(越生梅林) »