« 雪山でハッピーバースデイ(神奈山) | トップページ | Alfa Romeo 156 Sportwagon »

2010年2月 1日 (月)

小布施で栗・栗・栗とちょっとアート(歩)

ホテルハーヴェストでゆっくり一夜を過ごし、朝のひとっ風呂。
本日は斑尾高原スキー場の裏斜面を楽しむつもりだったんだけど、あいにくの霧で視界が最悪。
これじゃ滑っても楽しめないということで観光に切り替え。

またもや私のお気に入りの小布施の街を散策。
観光シーズンでもないし、まして月曜なので静かな散策が楽しめました。

とりあえず時間があるということなので、北斎館、高井鴻山記念館、おぶせミュージアムを巡るチケット1000円を購入して、ちょっとしたアート巡り。

まずは北斎館。今回で二度目の入館だが、北斎の絵に対する執念には改めて敬意を感じる。今回は時間もたっぷり、北斎漫画のユーモアあふれた絵に、大いに笑う。

020101

アート鑑賞の後は、腹も空いたことだし、やっぱりこれ栗ごはん。
栗ご飯に山菜、漬物、みそ汁といたってシンプルながら、これがうれしい。
竹風堂で食べた25年ぶりの栗ご飯1000円なり。ちょっと思い出がよみがえる。

020102

この街には庭を見ながら、古民家風の建物で食事ができる食事処がいっぱいあって興味深い。それも手ごろな値段で食べられるからかなりお得な感じがする。
都内だったらいくらすることか。
のん兵衛のU氏について、普段入らない酒屋さんで試飲も楽しんじゃいました。
これもまた楽し。

そして2つ目の美術館、おぶせミュージアムへ。
ここは初めてだったんだけど、中島千波氏の桜の絵に感動。
私も桜の絵が描きたくなったなあ。

020103

続いて、小布施の豪商で葛飾北斎のパトロンでもあった高井鴻山記念館に。
ここも二度目だが、ここに入ると気分は完全に江戸時代。
幕末の志士や佐久間象山との交遊もあり、そんな雰囲気を今に伝える部屋が素敵でした。

020104

最後は、栗ぜんざいで締めくくるはずでしたが、急遽イギリス風のアンティーク喫茶、栗の木テラスへ。
栗の本場で食べるモンブラン、お味はいかに?
私はモンブランをお土産にしたので、栗のシュークリームにしたのですが、他の3人によるとモンブランは絶品だとか。もちろんシュークリームは美味しゅうございましたが。

さてお茶の後皆さんとお別れして、モンブランをお土産に家路を急ぎます。
途中湯の丸インターあたりから、大雪に。事故っている車もあり、ちょいと恐かった。

家に着いて、お土産のモンブランを食します・・・・絶品です、美味しいです。
和栗の味がして濃厚、家族もこれには大喜びでした。
しかし何でも小布施には、これを上回る究極のモンブラン、小布施堂の朱雀なるものがあるとか。今度はこれを食べに行くぞ~。

私が大好きな小布施、なかなか奥が深いです。

|

« 雪山でハッピーバースデイ(神奈山) | トップページ | Alfa Romeo 156 Sportwagon »

コメント

kanさん、こんばんは(*^_^*)
小布施、行ったことはないんですが、写真などで素敵な街だと思っていましたが、Kanさんのブログを読ませていただいたら、なお更行きたくなりました。
古民家喫茶やお食事どころ、北斎やアートの世界を堪能して、(わたしも、中島千波氏の桜の絵を見てみたくなりました。もちろん、kanさんが描く桜も見てみたいです。)〆は、英国風アンティーク喫茶ですか。
モンブランおいしそう♪栗シューも美味しゅうございましたか(笑)桐生の街もいい感じだし、秩父も良かったです~♪
昨年、行けなかった夏への扉は、いつ頃、開けましょうかしら?

投稿: sizuku | 2010年2月 6日 (土) 00時31分

小布施は学生時代からなので、気がつけば30年くらい通い続けています。まあ観光地なので週末は混みますから、できれば平日がお勧め。
街並みも素敵ですが、食べ物もおいしい。最強ですね。年々雰囲気が良くなっているのも、地域の方の努力のたまものです。
桐生も街並みの保存に力を入れているようで、いい感じでした。案外すてきな街並みは残っているんですね。
しばらく週末も忙しそうなので、夏への扉は3月になってからですかね。梅で騒がしいでしょうか?

投稿: kan | 2010年2月 7日 (日) 02時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/47453536

この記事へのトラックバック一覧です: 小布施で栗・栗・栗とちょっとアート(歩):

« 雪山でハッピーバースデイ(神奈山) | トップページ | Alfa Romeo 156 Sportwagon »