« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月28日 (日)

ヤマセミの森

Keiryu_s

artist side のちょっとしたコンテストに、緑というテーマで描いた作品。といっても投稿したのは、修正前でこの作品ではありませんが。
同じような作品を2回投稿するのもなんですので、修正したものはこちらで公開しましょう。
なんだか春ももうすぐそこまで来たようです。
新緑にはこんな渓流に行ってみましょうか?心当たりはありますんで。
でもヤマセミは見れないか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

ついに納車、ALFA 156 SW

ついにALFA ROMEO 156 Sportwadon が納車されました。
ショップに入荷してから、この2週間が長かったこと。

早速ドライブ、とその前にガソリン入れないと。
あれキャップが空かない?ガソリンスタンドで焦りました。
結局ショップに電話で確認、単にキャップが堅かっただけでした。

022101

運転した感想は・・・・
バックが恐い、後ろ見えないし今までバックモニターに頼りっぱなしだったから、バックってどうやってするんだっけ?状態。
NAVIがないとなんか非常に不安で落ち着かない。別に近所を走っただけなのに、こちらも今までいかにNAVIに頼りっぱなしかってことです。
肝心の走行フィーリングはというと・・・ポジションこそ低めですが普通です。スピードを出せるような道を走ったわけじゃないので、本当の感想はこれからですが。
でもこの普通っていうのは、私にとってというか家族にとって、期待どうりの非常に好ましいものです。これから長い付き合いしたいんで、あんまりとんがったフィーリングでは疲れますから。
でも本当のところどうなんでしょう、ワインディングロードを走るのが楽しみ。

022102

・・・で肝心なのは乗るときと降りたとき、最高に幸せな気分です。なんたって車が美しい~、うっとりしてしまいます。
写真で見ると、丸くちょっとぽっちゃり気味に見えますが、実物はもっとシャープで低くてワイド、ワゴンというよりクーペのスタイルですね。
この辺の美意識は、子供にも分かるようで、奥さまともどもかなり受けが良いです。
さすがに後部の中央の座り心地はいまいちですが、割と小柄でドライバーシートを前に出すので、後部座席の足元はかなり広いです。
狭いと言われるラゲッジルームも、2名乗車を考えるなら十分。懸案のロードバイクも楽々積載可能です。

まだ100kmほどしか走っていないので、実際のレポートはこれからですが、素敵なALFAライフの始まりです。
今日はちょうど2月生まれの長女と次女の合同誕生祝い。
サラブライトマンのアマルフィー・サウンドトラックを聞きながら、イタリアンレストランへ向かい、大好きなピザとパスタで楽しい会話を楽しめば、気分はすっかりイタリアン(^_^)v

SHOPのPAZZOさん、本当にお世話になりました。ショップで盛り上がった話は、またおいおいに。

このBLOGのタイトルを変えようとも思ったんですが、まだロードバイクのほうも楽しむので、やっぱりこのまま。車の話題もたくさんありそうで、ちょっとBLOGの話題とそぐわなそうなので、今後車の話題は以下のBLOGに掲載していきます。

やっぱALFAっしょ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月13日 (土)

STEP WAGON 最後の出撃

先日買い取りが決まり、明日は引き渡しのSTEP WAGON最後の出撃です。
向かった先はオグナホタカのスキー場から、前武尊岳荒砥沢。
しかし、小さなデブリつきガリガリバーンの上にうっすら新雪10cm。
ほとんど相手にしてもらえず、撃沈。心も萎えた。

021301

まあ車を替えたら当分雪山へはこないから、あきらめがついてちょうどいいか。
とても登り返す気力もなく、そのまま温泉へ直行。
しゃくなげの湯に寄って、一同解散。
同行して下さった、SARU&POCHI夫妻、TANYANさんありがとうございました。
当分雪山に出撃はないと思いますが、また今度よろしくお願いします。

021302

それにしてもステップワゴンは4WDだし、荷物をいっぱい積めるし、スキーには便利な車でした。
かなり名残惜しいが、今度のオーナーのもとで頑張るんだよ~。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

PAZZOにALFAがやってきた

探してもらっていた、Alfa Romeo 156 Sportwagon V6 がついに近くのショップPAZZOに入りました。
イラストを描いていると、どうしても絵になる車が欲しくなって、ついに本物ゲット。
そうは言っても、今のっているステップワゴンは10万km走ったし、子供が大きくなってライフスタイルも変わったし、ちょうど良い機会です。
価格だって中古だから、そのへんのエコカーより安いしね。

それにしても待望のALFA ROMEOのスタイルにはしびれます。
こんな自己主張の強いデザイン、日本車だったら絶対許されませんが
そこは長い伝統のALFA ROMEO、美しくても嫌味に見えないのが凄い。

子供たちと一緒に、ショップに行って実物を見せたら「カッコイイ~」となかなか好評。
色がシルバーと聞いていて、地味かなあと思ったのですが、実物の綺麗な塗装にうっとり。
周りの色を反射して、実に微妙な色合が最高に素敵です。

走行距離が13,000kmと少なく、希望どうりのV6 2500を探してくれたPAZZOのBerryHiroshiさんに感謝です。

この車が納車されるまで後2週間、納車されたらBLOGのタイトル変えるかも・・・・。

Alfa156sw_s

大きなイラストはこちらから >>

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年2月 5日 (金)

Alfa Romeo 156 Sportwagon

Alph156sw25v_m
昨日お願いしておいたショップPAZZOの方から、オークションで落としましたとの連絡。
土曜日には、ショップでお目にかかれるとのこと。やったねヽ(´▽`)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

小布施で栗・栗・栗とちょっとアート(歩)

ホテルハーヴェストでゆっくり一夜を過ごし、朝のひとっ風呂。
本日は斑尾高原スキー場の裏斜面を楽しむつもりだったんだけど、あいにくの霧で視界が最悪。
これじゃ滑っても楽しめないということで観光に切り替え。

またもや私のお気に入りの小布施の街を散策。
観光シーズンでもないし、まして月曜なので静かな散策が楽しめました。

とりあえず時間があるということなので、北斎館、高井鴻山記念館、おぶせミュージアムを巡るチケット1000円を購入して、ちょっとしたアート巡り。

まずは北斎館。今回で二度目の入館だが、北斎の絵に対する執念には改めて敬意を感じる。今回は時間もたっぷり、北斎漫画のユーモアあふれた絵に、大いに笑う。

020101

アート鑑賞の後は、腹も空いたことだし、やっぱりこれ栗ごはん。
栗ご飯に山菜、漬物、みそ汁といたってシンプルながら、これがうれしい。
竹風堂で食べた25年ぶりの栗ご飯1000円なり。ちょっと思い出がよみがえる。

020102

この街には庭を見ながら、古民家風の建物で食事ができる食事処がいっぱいあって興味深い。それも手ごろな値段で食べられるからかなりお得な感じがする。
都内だったらいくらすることか。
のん兵衛のU氏について、普段入らない酒屋さんで試飲も楽しんじゃいました。
これもまた楽し。

そして2つ目の美術館、おぶせミュージアムへ。
ここは初めてだったんだけど、中島千波氏の桜の絵に感動。
私も桜の絵が描きたくなったなあ。

020103

続いて、小布施の豪商で葛飾北斎のパトロンでもあった高井鴻山記念館に。
ここも二度目だが、ここに入ると気分は完全に江戸時代。
幕末の志士や佐久間象山との交遊もあり、そんな雰囲気を今に伝える部屋が素敵でした。

020104

最後は、栗ぜんざいで締めくくるはずでしたが、急遽イギリス風のアンティーク喫茶、栗の木テラスへ。
栗の本場で食べるモンブラン、お味はいかに?
私はモンブランをお土産にしたので、栗のシュークリームにしたのですが、他の3人によるとモンブランは絶品だとか。もちろんシュークリームは美味しゅうございましたが。

さてお茶の後皆さんとお別れして、モンブランをお土産に家路を急ぎます。
途中湯の丸インターあたりから、大雪に。事故っている車もあり、ちょいと恐かった。

家に着いて、お土産のモンブランを食します・・・・絶品です、美味しいです。
和栗の味がして濃厚、家族もこれには大喜びでした。
しかし何でも小布施には、これを上回る究極のモンブラン、小布施堂の朱雀なるものがあるとか。今度はこれを食べに行くぞ~。

私が大好きな小布施、なかなか奥が深いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »