« 桐生市街をポタリング ★★ | トップページ | SKYLINE 2000GTR »

2010年1月17日 (日)

ゲレンデで底なしパウダー(岩原)

今シーズンは本当に雪が多く降っているようだ。
風邪も治ったことだし、お手軽ゲレンデパウダーでも楽しむとするかと、岩原スキー場へ向かった。
岩原スキー場、現在は経営危機ということで、山頂から東に広がるゲレンデがすべて閉鎖になっている。オープンしているゲレンデに飽きたら、クローズしているゲレンデに滑り込もうと、シールをザックに詰め込んで、一路岩原スキー場へと向かった。

011601

岩原スキー場にはAM8:30に到着。一部渋滞でのろのろ運転はあったが、それでも2時間半で到着。高速料金1000円で、最寄りの東松山インターから乗れるから本当にありがたい。
岩原スキー場はやはり人が少なく、さみしい限り。時間の経過とともに客は増えたが、それでも学校のスキー体験授業とおぼしき団体がメインで、かなりうらぶれた感じだ。

雪の状況と言えば、すさまじい雪の量で、ゲレンデ脇には大量のパウダーが残っている。試しに入ってみると、雪が深すぎてあえなく撃沈。相当の斜度がないと、すぐに止まってしまうし、こけたらなかなか脱出できない。

しょうがないから、山頂リフトがあくまで、下のゲレンデで軽く流すことにする。ひっきりなしに降り続く雪で、雪の感触はなかなかいいが、いかんせん斜度が緩すぎる。
大雪のため、山頂リフトが運航できたのは正午になってから。それも迂回路のみで、正面の急斜面はクローズ。係員のおっちゃんが言うには、新雪が胸まであって、一度こけたら脱出困難。とても救出にいけないからクローズとのこと。
大きな声では言えないがと、前置きしつつ、ロープをくぐって滑って転倒しても救出にはいけないからね・・・・(暗黙的にそれでも行きたいならどうぞ?てことか)

さすがにロープをくぐっていきなりトップからドロップってのは、ビビってできないので、少し迂回路を下って行くと、ボーダーが10人くらい様子を見ている。下をのぞくとあえなく撃沈して身動きが取れなくなっているボーダーが二人。ボードも浮かないほどの深い雪にこりゃだめかとあきらめかけたが、行けそうな急で短めのラインを見つけ、思い切ってドロップ。
予想どうりの底なしのパウダー。30度くらいの斜面にも関わらず、ターンしたらそのまま沈みそうなので、バランスをキープしたまままっすぐ下に落ちるのみ。
スピードが出ないので、オーバーヘッドとはいかないが、雪は極上といっていい。惜しむらくはこの三日間降り過ぎで、1m以上の新雪のため浮力が足りないってこと。それでもゲレンデで底なしパウダーなんて超久しぶりだ。
2回目のドロップで油断していたら、最後にバランスを崩して撃沈。雪が深すぎて脱出するまで5分くらいかかった。

一人でクローズしているトップからドロップするのに躊躇していると、ちょうど同じようなテレマーカーと流暢に日本語を話すアルペンの外人さんと、何となく合流して、クローズされている正面のバーンに突入・・・、と言っても斜め横からだけど。
とにかくこけたら悲惨だから、慎重に底なしパウダーを滑り(それでも一度撃沈)、ピステン(圧雪車)の入っている大斜面まで到着。ここは上部がクローズされているので、誰も入ってこない一人占め状態。この斜面を高速カービングで滑ると、超気持ちいい~!
結局5回ほど、最後の2回はトップからドロップして、まっすぐ落ちるだけだけど、超ディープな新雪を楽しみました。途中パトロールが入ってきて、近くを滑って行きましたが、何も言われませんでした。クローズされていてもゲレンデの中なので、自己責任ってことでしょうか。
ご一緒くださったお二人、ありがとうございました、楽しかったです。また何処かでお会いしましょう。

2時過ぎには、太ももパンパンで休憩しても回復せず、サラッと流して4時にはスキー場を後にしました。快適パウダーランとはいきませんでしたが、久しぶりにゲレンデでディープパウダーを堪能して面白かった。この前のかぐらの印象とは大違い。

帰りは順調で、自宅まで2時間かかりませんでした。

|

« 桐生市街をポタリング ★★ | トップページ | SKYLINE 2000GTR »

コメント

こんにちは^^
今シーズンを振り返ってWEBを彷徨っていましたら、偶々このサイトに辿りつきました。ご一緒させて頂いたテレマーカーのヨコヤマです。
KANさんの記事を読んでいると、あの日の楽しさが蘇えってきますね~。なにより、ロープなんてくぐったことのない真面目な青年スキーヤーの私が、あの日以来、「ロープは入り口」が口癖の不良中年スキーヤーになってしまいましたから…。悪の道?にお誘い頂き感謝しています!岩原は競争率が低くていいですね。またいつかお会いできる日を楽しみにしております!
自分も自転車(MTB)乗ってますので、どこかですれ違うかも…知れませんね。ちなみにあの外人さんは、冬は湯沢のマンションで翻訳のお仕事をされているようです。羨ましいですね~。

投稿: ヨコヤマ | 2010年4月 7日 (水) 12時47分

どうも、あのときは楽しかったですね。
でも普段はロープをくぐらないですよ。ロープの切れ目を探して入ります(うそ)
あのとき、リフト乗り場の係員のおっちゃんの口調が、入りたければご自由に、助けに行かないけどってなニュアンスだったのでOKと判断しました。
私も2年前は湯沢のマンション借りて、家族で毎週滑ってました。凄く安いので、街に住むより断然お得です。
また来シーズン会うかも知れませんね。多分岩原やNASPAでお手軽スキーやってると思います。
その時にはよろしく。

投稿: kan | 2010年4月 8日 (木) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/47317956

この記事へのトラックバック一覧です: ゲレンデで底なしパウダー(岩原):

« 桐生市街をポタリング ★★ | トップページ | SKYLINE 2000GTR »