« スカイクロラってDVD | トップページ | ちょっと出雲に立ち寄って(歩) »

2009年11月15日 (日)

古寺巡礼(上田塩田平 30km) ★★

秋たけなわ、思い出の地信州の鎌倉、上田塩田平で古寺巡礼。

111501

上田塩田平は、スキーや登山、旅行なんかでしょっちゅう通過するんですが、じっくり巡るのは15年ぶりくらい。ここら辺は今が黄葉の最盛期、景色はすっかり秋色です。
まずは塩田平の東、自然運動公園に車を置いて、MV5で塩田平を巡る。
坂を下って少し行くと、生島足島(いくしまたるしま)神社。
社殿が新しいので趣は少ないが、七五三を祝う人たちでかなりの賑わいでした。

111505

生島足島神社を出て、独鈷山のふもとに向かう。たいてい山のふもとには、生活用の狭い道があるんだけど・・・・。
ありました、ミニベロMTBに走るにはちょうどいい、生活用の狭い道。
民家や畑をぬって続くこんな道が、なんとも面白いんです。

111504
独鈷山と塩田平

111506
山ぎわには、まだ古い民家なんかものこっていて、のどかな風景が広がる。

111507
次に向かったのは前山寺。ここの本堂はカヤぶきで、裏には重要文化財の三重の塔があり、なんともいえない風情がある。
到着したときは、まださほど人もいなくていい雰囲気だったのだが、そのうち撮影会?の団体が到着。でっかいカメラをもって境内をうろうろ、これじゃ古寺の風情もあったもんじゃない。楽しみにしていた名物のくるみおはぎをあきらめ、そそくさと立ち去る。

信濃デッサン館や、龍光院、中禅寺といった見所もまだあるが、茶房パニで昼食をとるため、先を急ぐ。
マレットゴルフ場の先から、塩田の散策コースを離れ、少し山に入ったところにその喫茶店はあるらしい。ネットで調べて見つけたのだけれど、その立地がどう考えても怪しげで、興味をそそられる。

111508

自転車で20分も山道を進むと、野倉の里が現れた。トタンで覆われているが、昔ながらのかやぶき屋根が残る風情ある集落だった。そしてその先には夫婦道祖神が鎮座していた。
偶然ですが11/21に放送されたフジテレビのハッピーバースデーのロケ地は、この野倉でした。テレビに映っていた風景は、確かにこの集落そのものです。背景に映っていた女神岳が美しかったです。もっともあの美しい湖は周辺にはありませんでしたが。

111502

さて目的の茶房パニですが、外見からして怪しげな雰囲気が漂います。
外見は決しておしゃれなものではなく、山小屋を少し大きくした感じ、建物は古いログハウス風です。といっても、この山里には凄くなじんでいい感じ。
中に入ると、こじんまりした席が10席ほど、後はテラスにテーブルが二つありました。

111509

玄米おにぎり定食をいただきました。メニューはちょっとお高めですが、この値段でこの山里を満喫できるのですから素敵です。食材も山里らしい素朴なもの、そこがまた嬉しかったりします。
そのうち二組ほどお客さんが来店。そのうち一組は若い女性のグループで、素敵なお店という感想が聞こえてきます。
へ~、若い女性でもこんな山里のお店が好きなんだと、ちょっと意外な感じ。
お店の二人の女性の対応もとてもあたたかく、なんだか居心地が良かった。
私的には、すっかりつぼにはまったお店です。
ちょっと風が強かったですが、珈琲を追加して外のテラスでいただきます。
ここから野倉の山里をのんびり眺める至福な時間、山上集落ファンにはたまりません。
お店の営業は11月30日までで、冬季は営業しないとのことですから、気になる方はお早めに。

111510

お店を出た後は、少し野倉の里を散策し、別所温泉へと下ります。途中ハイキングコースに入り、落ち葉のじゅうたんのふかふかの小道を走ります。

111511

北向観音は立派な石垣のなる厳かな感じのお寺。善光寺と対になるお寺で、両方お参りしないと片参りになるとか。もちろん私はすでに両方お参りしていますが。

111503

111512
次は安楽寺と国宝八角三重塔に向かいます。さすが国宝といだけのことはあって、かなりの人がお参りに来ます。光の加減で塔がうまく写せなくて残念。
本日二つ目の塔を制覇。

111513
お隣の常楽寺、こちらは若干人は少なめですが、かやぶき屋根の本堂など、なかなかいい風情をかもし出しています。

111514

さて日も西に傾き始めたので、本日3つ目の塔を目ざし先を急ぎます。
ひと山越えて大法寺へ行く途中、浦野宿や東昌寺を通り過ぎます。
時間があればゆっくり散策するのですが、今日は通り過ぎるだけ・・・残念。

111515

最後の大法寺と国宝三重塔で、本日三つ目の塔制覇。本来これと併せて信濃国分寺三重の塔をあわせ、4つの塔を巡るのですが、本日は時間切れ。
ここを訪れるのは、今日が初めて。正直こんなところに国宝の三重塔があるなんて、つい最近知りました。これで長野の国宝の建造物5件を訪れたことになります。
しかし国宝といっても、やはり知名度は低いらしく、この時期でも訪れる人はまばら。個人的には静かで好きですが。
塔の姿は、見返りの塔といわれるほど美しいもので、山里の素朴なたたずまいが旅の終わりには似合ます。

朝から塩田を巡って、上田電鉄別所線沿いを走り、3時に出発点に到着。
これならなんとか渋滞前に高速乗って帰れるかと思ったが、事故渋滞でアウト。
仕方がないので、途中高速を降りて、鬼石の桜山温泉センターに寄ってゆっくり帰りました。

塩田平は鎌倉時代北条氏の一族が治めたところで、文化の香りが色濃く残り自転車で散策するにはちょうどいい広さ。このほかのも海野宿や上田城、信濃国分寺、懐古園、布引観音などを巡れば、たっぷり2日間自然と文化を堪能できる素敵な場所です。

|

« スカイクロラってDVD | トップページ | ちょっと出雲に立ち寄って(歩) »

コメント

 信州へお出かけでしたか。とっても懐かしい景色が色付いて、申し分なく美しいですね。
 オフロードタイヤか、タイヤ径の大きな自転車が必要になりそうです。

投稿: sugi | 2009年11月16日 (月) 08時28分

高速で碓氷峠を越えると、黄葉した木々で色が全く違いました。まだまだ信州には懐かしい風景が息づいてます。
別にロードでも走るとこには困りませんが、ちょっと脇道に入るなら、径の太いタイヤがあったほうが楽しめます。

投稿: kan | 2009年11月16日 (月) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/46773432

この記事へのトラックバック一覧です: 古寺巡礼(上田塩田平 30km) ★★:

« スカイクロラってDVD | トップページ | ちょっと出雲に立ち寄って(歩) »