« 山里の庵 | トップページ | 秋色尾瀬ヶ原 »

2009年10月18日 (日)

尾瀬はやっぱり良かったよ

先週志賀高原で紅葉を見そこなったから、今日は何処へ行こうか?
懸案事項の瑞垣山や大源太山も考えたんだが、やっぱり自転車に乗りたい。
というわけで、月並みだけど自転車も山歩きも楽しめる尾瀬に行くことにした。

101810

AM5:00に家を出て、いつものように富士見下の登山口に着いたのはAM7:30。
先客は車5台ばかり。
いつも登山客でいっぱいな尾瀬エリアにあって、富士見下から入るこのルートは、いつも静かで気に入っている。尾瀬に入るときは、ここからがお勧め。
林道が長いけど、人のいっぱいいる登山道よりはよほどましである。
今日は林道をルイガノのミニベロMTB MV-5で移動。といっても登りに要する時間は歩くのとあんまり変わらないけど。
林道で出会った人は、1組2人のみで本当に静かな道だ。

101808

101803

林道の車止めから、台地状の田代原まであたりが紅葉の最盛期。
オレンジ色の光に包まれながらの林道を自転車で進む。
結構傾斜が急で、路面もあまり良くないから、無理せず半分くらい押し歩き。
それでも前回とほぼ同じ、1時間20分ほどで、富士見小屋に到着。
富士見小屋は今日で今シーズンの営業は終了。小屋閉めで忙しそうだった。

101811

富士見小屋にMV-5を置いてから、そのまま竜宮に向かう。
最初はクマザサと針葉樹の味気ない道だが、標高が下がると黄葉したブナの巨木の森になる。木々の間から、ちらちら尾瀬ヶ原が見えれば、竜宮はもうすぐ。

101809

落ち葉をカサカサ踏みしめて進むと、急に視界が開け、尾瀬ヶ原の向こうに至仏山が巨大にそびえるいつもの景色が目の前に広がる。
いつものことながら感動の風景とご対面。ベタな風景だが、やっぱり尾瀬は良いなあ。
特にこの時期は人も少ないし気持ちいいねえ。

101805

たいていは鳩待峠から人が入るので、10時に竜宮だとまだ静かなもの。
休憩所では10人ばかりがのんびりくつろいでいた。
今日は小春日和で、風がそよそよと本当に気持ち良い!
西に至仏山、東に燧ケ岳、この単純な風景が尾瀬の魅力です。

101812

竜宮から静かな木道をヨッピ川に向かう。こっちの道は初めてだ。
ヨッピ川を渡って、東に向かい東電小屋へ。
ここでトイレに寄ったのだが、ものすごい数のカメムシに腰が引ける。
虫が苦手な人は卒倒しそう。

101801

101813

101806

尾瀬の小屋は大抵が今日で営業終了。
それでも結構人は泊っていたようで、そこそこ人とすれ違う。

101814

温泉小屋から来る道と合流する三差路で、コンビニおにぎりを食べてちょっとまったり。
今回は防寒用の上着と、コンビニで購入した食糧くらいしかザックに詰めていない。
しかし自転車を使った快速ウォーキングでは、これくらいの荷物で充分。
おかげで足取りも軽く散歩気分だ。

101807

見晴らしの旅館街?は、小屋閉めに大忙し。
しかし小型とはいえ、重機は何処から持ち込むのかな???

101815

見晴らしから、富士見小屋に向かう途中なんだか雲行きが怪しくなってきた。
再びブナの森に入るが、日差しがなくなったので鮮やかさはいまいち。
さっさと急いで富士見小屋に到着。
帰りにアヤメ平に寄ろうかと思ったが、日差しもなくなったので寄らずに帰ろう。

101802

富士見小屋から再び自転車で、7Km先の富士見下を目指す。
登りはしんどくても、帰りは楽なもの、といっても路面が荒れているので注意が必要。
日差しがなくなっても、紅葉の森を走るのは本当に気持ちがいい。
登りは正直苦しくて、あまり景色を見る余裕がなかったが、下りは思う存分紅葉を堪能。
なんせペダルはほとんど踏む必要がないからね。

101816

途中カエデの巨木を見つけたり、写真を撮ったりとたっぷり紅葉を楽しめた、満足満足・・・で車に到着。
・・・とここでやめておけばよかったものを、まだ時間が早いからと、照葉峡に寄ってみた。
この照葉峡から坤六峠は、車、バイク、自転車と何度か通ったことがあるが、紅葉の時期は初めて。
で来てみると、いるわいるわ車がいっぱいで、ところどころ渋滞している。
確かに紅葉はきれいなんだけど、渋滞が気分をぶち壊し。
路肩に停めている自分の車が渋滞原因になっているとわかっていながら、そのすぐそば平気で写真を撮り続ける信じられない無法者が多数。
あんただよあんた、ハリアーに乗った中年夫婦。
なんだなんだ・・・この狭い道にロールスロイスが入ってきた。
周りきょろきょろ、分かれ道でウィンカーも出さず突然道の真ん中で止まって、どっちに行くか迷っているおばちゃん。
狭い山道に、いかにも普段山道を走らない人が大量に押し掛け、迷惑な大渋滞。
山道に慣れている人なら、何の問題もないんだけどねえ。

101804

101817

この後高速に乗るのも遅れて、大渋滞に突入。
やばい、娘と約束した夜のお祭りに間に合わない~。
それでもなんとか7時に着いて、夜の祭りに間に合って娘との約束を守れたのでした。
めでたしめでたし。

101819

101818

富士見下(7:30-7:40) - 自転車 - 富士見小屋(9:00) - 竜宮(10:00-10:10) - 東電小屋(10:50-11:00) - T字路(11:15-1130) - 見晴らし (11:45) - 富士見小屋(13:15-13:40) - 富士見下(14:15)

|

« 山里の庵 | トップページ | 秋色尾瀬ヶ原 »

コメント

 紅葉の最盛期に入りましたね。後姿はセルフタイマーですか?

投稿: sugi | 2009年10月19日 (月) 07時05分

尾瀬の紅葉はすでに最盛期を過ぎていました。今の最盛期は標高1200-1300m位でしょうか。
経験値でいうと、一週間に200mほど黄葉の最盛期は下ってくるので、来週あたりはそろそろ埼玉でも紅葉が楽しめそうです。
後ろ姿はセルフタイマーです。紅葉の林道を走る雰囲気が伝わるでしょうか。紅葉のトンネル、素敵ですよ。

投稿: kan | 2009年10月19日 (月) 12時32分

 セルフタイマー写真、とても巧く収まっていますね、感動物です!!
 植物にもよりますが、紅葉が遠目に綺麗に見える状態は、近くで見ると確かに盛りを過ぎた状態ですね。でも写真に撮ると様になっています。葉の大写しは駄目ですが。

投稿: sugi | 2009年10月20日 (火) 10時10分

レス遅くなりまして申し訳ありません。
今出張から帰りました、といってもまだ会社ですが。

最盛期の紅葉の森の中は、本当にオレンジ色の光で
輝いてます。
盛りの過ぎた森は、この輝きが足りないので
やはり少し寂しいかな。まあこれはこれで味わい
深いのですが。
サングラスが青系統だったのが失敗です。
せっかくのオレンジの光が半減です。(≧∇≦)

投稿: kan | 2009年10月23日 (金) 21時13分

kanさんが尾瀬を褒めるのも珍しいなと思いながら読んでました(笑)ほんと、人がいなければ最高の場所ですよね。
広葉樹の紅葉はもうとっくに降りてしまいましたが、ライブカメラだと尾瀬沼の唐松は今週末あたりが黄金でしたね。天気に憂いながらモニターで黄葉を眺めてました。尾瀬にはもうじき雪が降ってくるのでしょうね。

投稿: masa | 2009年10月25日 (日) 12時45分

lovely尾瀬って手を入れてない自然って感じがいいですね^^宝物、うんうん、頷けますhappy02
あのですね、九重・阿蘇は、この風景に山有りきと言う感じにした、つまり山また山、それも高い、そんな感じです。九重の国有林など、ピンクであり、白であり、琥珀色であり、灰茶でありと、雑木林の宝庫ですcrying(←感涙ものです)尾瀬に負けじと宣伝しちゃいましたcoldsweats01
kanさんは優しいお父さんでもあるんですね^^お嬢さんたちの宝物、ねっsmile

投稿: りょうこ’s | 2009年10月25日 (日) 13時30分

masa さん。
そうですか?尾瀬エリア、数えてみれば春夏秋冬10回以上入ってます。
観光地みたいな雰囲気は褒められたものではありませんが、慣れてしまえば人ごみに出合わないルートや季節もわかるので、最近ではなんとか楽しめるようになりました。
それにフルシーズン手軽に遊べるエリアとして、私にとって貴重な場所です。
いつの間にか雪の便りが待ち遠しい季節になりましたね。

投稿: kan | 2009年10月25日 (日) 21時30分

りょうこさん、尾瀬の記事を見ていただいてありがとうございます。尾瀬やアルプスは、行くたびによし、絵を描こうという気持ちにさせられてくれます。
現在イラスト作成中、なんとか紅葉シーズンに間に合わせたいです。

阿蘇はとても興味があります。Google Mapの地形で見るとその特異なカルデラに興味深々。カルデラの中を走る鉄道って、これまた面白そう。
高千穂なんかの神話の里も面白そうだし、菊池氏が南北朝時代活躍した場所なんかも訪れてみたいなあ。
日本にはまだまだ貴重な自然の宝庫がたくさんありますね。

投稿: kan | 2009年10月25日 (日) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/46521900

この記事へのトラックバック一覧です: 尾瀬はやっぱり良かったよ:

« 山里の庵 | トップページ | 秋色尾瀬ヶ原 »