« FF21倶楽部ラン(古河) | トップページ | グランフォンド糸魚川前日 2009 »

2009年9月20日 (日)

前日光から日光へ(170km) ★★★

昨年11月、天候悪化のため途中リタイアした、前日光の山々を抜け日光に至るルートを走ってきた。
けれど昨年足利から入ったルートは、途中通行止めの道を無理やり通過しての行程だったので、今回は栃木から昨年引き返した場所に直接アクセスする。
朝5時半出発。栃木までは結構車の通行量が多い道なので、なるべく早朝に通過してしまいたいところ。
渡良瀬遊水池の横を通過して、三毳山のふもとまでくると、車も少なく気持ちよい道が続く。
この辺は緩やかな起伏が続き、三毳山公園やとちぎ花センター、いわふねフルーツパークなど、見所もたくさんあって、ツーリングに良さそう。
フルーツパークで小休止した後は、東北自動車道沿いの道を一般道を栃木市へと向かう。
この道の交通量もさほどでもなく助かった。

092001

栃木市街をかすめて、県道32号に入る。最初は4車線の交通量の多い道だが、すぐに旧32号に入ると、民家の間を抜ける静かな道へ。ここからは本格的に私の大好きなのんびりした道が始まる。
そして大越路峠のトンネルを超え、県道15号下粕尾に至る。この15号を詰めると、足尾へとつながっている。
上粕尾までは、思川の清流を眺めながらの緩やかな登りで、本当に気持ち良い道だが、これが曲者であった。あまり疲労が気にならなかったのだが、100km走ったあたりから急坂となり、急速に疲労が増してしまった。
山の神で一休み小さな菓子パンをほおばるが、全然エネルギーが足りなかったらしく、粕尾峠途中で完全にハンガーノック。アミノバイタルを飲んでも回復せず、ヘロヘロ状態で粕尾峠になんとかたどり着いた。
幸い粕尾峠の坂は、狭くてコーナーが多い九十九折の道ながら、意外とゆるくてヘロヘロ足でも、なんとか登ることができたこと。いつもの白石峠級だったら完全アウト。
途中でロードバイクのグループにあっさり抜かれるし、情けないったらありゃしない。正直ツールド美ヶ原より何倍も苦しく感じた。
1300mの山ということでなめていたのを深く反省。
そして粕尾峠から前日光牧場まで、もうひと登り。途中またもたまらず小休止、まいったなこりゃ。

092002

やっと前日光牧場に到達し、気持ち良い風景が広がった。ここからは男体山や女峰山などの日光の山々が美しく眺められる。空気もからっとして爽やか、ここまでの苦労が報われる。
やっとエネルギー補給ができるものの、疲労であまり食べられそうもないので、たこ焼きとジュースで済ませる。ここから古峯神社まではほぼ下りオンリーなので問題ないだろう。

大休止して少し疲労も回復、ここから古峯神社まで、最近開通した広くて快適すぎる道を一気に下る。しかし人も住まないこの山の中に、過剰としか言いようがない道は、税金の無駄遣いにしか見えなく腹立たしいかぎり。生活道路でもなく、たいして観光客も来るわけじゃなし受益者は建設業者以外いるんでしょうか。

092003

古峯神社に来ると、さっきまでののんびりした風景が嘘のように、多くの人と車で賑わっていた。さすが由緒ある神社で、遠くから観光バスが何台も乗りつけていた。
とりあえずここのお土産やみたいな食堂で昼食をとる。正直このような雰囲気の店は敬遠するのだが、一刻も早くエネルギーの補給が急務だから仕方がない。
対応は想像のごとくあまり良くなかったが、味は可もなく不可もなくといったところで、まあ仕方ないか。

092004

この後社殿を後回しにして、有料(300円)の庭園を散策する。この庭園は予想以上に素晴らしく、一時間余りもゆっくりしてしまった。
人工に創られた庭園ながら、背景の自然をうまく取り入れて、とにかく景色が素晴らしい。
紅葉の時はさぞ見事なことだろう。庭園内に散在する数寄屋も、景色に溶け込んで美しい。
ここで飲む抹茶や珈琲をのんびり飲みたいのはやまやまだが、そろそろ3時なので、先を急がねば。

092005

ここから8kmほど下り、そこから北上、小さな峠を越えて小来川に出てさらに日光へと続く道を走る。この道はシルバーウィークなど全く感じさせない、本当にのんびりとした良い道だ。
最後に道を間違え、うっかり左折するところを直進し、今市に出てしまった。しばらく幹線道路から外れた道を行くものの、どうしようもなくR119に出たら、最悪の渋滞。
道が狭いのですり抜けるスペースもなく危ないったらありゃしない。

092006

狭い道と渋滞に難儀しながらなんとかJR日光駅に到着。記念写真を撮って、写メールを送る。
ここから日帰り入浴施設、やしおの湯に向かうのだが、日光市街は延々と渋滞が続き、悲惨としか言いようがない。混むのはわかっているのだから、車なんかで来るもんじゃないと思うのだが。
やしおの湯はそれほど混雑することもなく、まずまず快適に過ごせた。汗を流してさっぱりした後、すでに真っ暗になった道を東武日光駅に向かう。

自転車をパッキングし日光駅を7:20発の鈍行にのって、我が家に向かいました。特急は満席で乗れないとのことでしたが、鈍行はガラガラ、輪行しても何の気兼ねもいらないので快適快適(^O^)/。
しかし栗橋でJRに乗り換えるはずが、うっかり南栗橋まで行ってしまった。仕方がないのでここからもう20kmほど自走して帰りました。まあ夜遅かったので、さほど交通量もなく、意外と順調に11時ごろ我が家へたどり着きました。

走行時間 8時間30分
走行距離 170km
平均スピード 20.3km
最高スピード 65.4km
累積標高 1300m
平均ケイデンス 77
平均心拍数 136
消費カロリー 4799kcal

092008

092007

|

« FF21倶楽部ラン(古河) | トップページ | グランフォンド糸魚川前日 2009 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/46291237

この記事へのトラックバック一覧です: 前日光から日光へ(170km) ★★★:

» プラセンタ100の効果 プラセンタの効果と口コミ・感想 [プラセンタ 効果]
プラセンタ100が大評判!プラセンタの注射と違って通院しなくて済むし、プラセンタ100は毎日続けられる値段だから効果をずっと感じられるのが気に入っています。プラセンタの副作用が心配な方はトライアルでお安く試せるのがいいですね。 [続きを読む]

受信: 2009年10月15日 (木) 23時42分

« FF21倶楽部ラン(古河) | トップページ | グランフォンド糸魚川前日 2009 »