« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月30日 (日)

ALFA ROMEO 1300 Junior

ALPINE A110 は途中挫折したので、再びフォトリアル作品にチャレンジ。
毎日ちまちま描いて一週間かけIllustratorのみで仕上げました。
通常描く車の3倍ぐらい時間がかかってしまいましたが、仕上がりには満足。

アルファロメオの中では、このジュリアGT系のデザインが一番好き!
1300ccで馬力も90PSそこそこですけど、走っている姿は渋い!あこがれます。
今でも200万円くらいで手に入るようだし・・・意外と現実的かも?
デザイナーはかのジョルジェット・ジウジアーロ大先生。
ジウジアーロといえば、彼のデザインした車、前に乗っていたんです。
ピアッツアですけど。
こちらの車もアルファ並み?によく壊れ泣かされましたけど、最近無性に欲しくなります。

Jr_s

大きいサイズはこちらから

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年8月29日 (土)

大野峠

そろそろ夏も終わりで、ちょっと高いところを走ろうと思ったのだけれど、天気予報はまたもや悪天候に変わり、午後から崩れるという。
それじゃ車で出かけるのも、ガソリン代がもったいないので、近場で過ごすことに。
朝6時出発して、大野峠を目指す。
午後から雨とい予報なので、午前中で帰宅予定だが、それにしては良すぎる天気で朝から気温もぐんぐん上昇。
今回はグランフォンド糸魚川に向けての練習なので、スピードは二の次、単に坂に慣れることなので、淡々と登る。日差しがまともにあたる道は辛いが、おおむね木陰の道で助かる。
大野峠でしばし休息。

082901

今日はとっとと白石峠から、定峰峠、秩父高原線に入り、秩父高原牧場へ。
この間10人以上のローディーと遭遇、この暑いのにお互いご苦労様です。
高原牧場で、お約束のソフトクリーム。10時前だったから、準備中?最初のソフトクリームだったから、ちょっと小さいか?

ここからさっさと釜伏峠から下って帰ろうと思ったが、やっぱり腹が減った。ということで途中で左に曲がって、風布の里に下り、もりそばをいただく。
ここまでは、晴天と言いながらも、そこそこ涼しく快適な道だが、ここからがゆうつな酷暑の道。天気予報では、昼から曇りのはずなのに、全然曇る気配なし、おっかしいなあ。
最近の天気予報はさっぱり当たらず、ローディー泣かせです。

それでも途中体を冷やしつつ、いつもの荒川沿いの裏道を延々走って12時になんとか帰宅。留守番の子供たちと一緒に昼食を食べたのでした。

午後は冷房のきいた部屋で、テレビを見ながらウトウト、ゴロゴロ、う~ん幸せだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

久々のお山

当初の予定では朝4時に起きて、車で足を延ばすつもりだったが、朝4時はなぜか雨。
昨日は徹夜でイラスト描いてたから、このまま起きられず。
結局起きたのは朝の7時。
この時間だと遠出は無理なので、あきらめて秩父高原牧場でもゆるりと行こうか。
天気予報では幸い曇り・・・・のはずだが、出かけるころには完全に晴れ。

暑そうだが、このまま自転車に乗らないと、9月のグランフォンド糸魚川がきつそうだからこの辺で走るモードに切り替えなければ。

081601

荒川沿いを寄居の鉢形城址公園へ。まだ朝ということもあり、気温はそれほど高くない。
ここから釜伏峠に向かう。道は比較的日影が多く、風はひんやり快適。
たいして苦労もせず釜伏峠についた。このまま登谷牧場のレストハウス?というほどのものではないが、たまにはここのソフトクリームをいただくことにしよう。

冷房の利く場所でソフトクリームを食しながら、しばらく休憩。
このあと秩父高原牧場へ。なるべく下界に降りないよう、のんびり向かう。
途中二本木峠の木陰で昼寝。木陰にいる限り気温はちょうどいい。

牧場でしぼりたての牛乳を飲んだら、林道秩父高原線で、定峰峠へ。
ここまでは木陰も多く、比較的楽だったが、ここから白石峠までは木陰がなく、体温がたちまち上昇。
白石に着くころには、ヘロヘロ。飯も食べていないので、このままグリーンラインを進むのはあきらめた。
とりあえず堂平にあるキャンプ場を目指す。そこの自販機でソーダを飲んで、やっと一息ついた。
ここの木陰で、一時間余り熟睡。900m近い標高に吹く風はさわやか~。
といってもいつまでもここにいるわけにはいかないので、帰ることにする。
下りは気持ちいいが、問題はときがわから鴻巣までの灼熱地獄。
時間は午後二時、暑さはピークを迎える。といっても例年ほどの暑さではないので助かる。
道の駅とコンビニに2度ほど休息して、体温を下げながら、無理せずゆっくり帰る。
途中のコンビニで、浦和から来た女性と少し会話。
なんでもこの炎天下、一人で白石峠往復だとか。
「自転車も少ないですねえ」・・・て、そりゃそうだこの暑さじゃね。
私も白石峠の登りを避けて、完全逃げ腰モード。
根性あるねえ、御見それしました。
結局帰宅したのは5時近く、のんびりだったから疲れはしなかったけど、とにかく体温があがってうんざり。この暑さが佐渡旅行の時あったら、良かったのにねえ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

AUTOBIANCHI A112 ABARTH

昔欲しかった一台。今でもトラブルがなけりゃあ充分手が届く範囲かも?
最近子供たちと車に乗る機会がすっかり減って、そろそろミニバンじゃなくてもいいかなあ。
最近魅力的なイタリアの小型車も多いことだし。
・・・て、やっぱり子育て終わらなきゃ無理か。

隣のお姉さんはお約束ということで・・・(^_^;)

Autobianchi_s

 http://bar217.at.webry.info/200908/article_4.html

林部研一氏のイラスト展が小川町BAR217で、8/28から8/30まで行われるそうです。
ぜひ見にかなければ。
でもなんか入りにくそうな店だなあ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月13日 (木)

Fairlady Z 432

車体自体は簡単に描けたんですが、背景の処理を試行錯誤でずいぶん時間が経ってしまいました。
スケッチのようになるべく簡単にサクッと描けたらいいのですけど、イラレだとなかなかサクッとはいきません。
結局のところ、加工した写真をライブトレースするのが簡単でイラレっぽい仕上がりということで落ち着きました。

先日本物のZ432を初めて見ました。
縦の2本出しマフラー、最初は嘘っぽいと思ったのですが本物で、感動ものです。
今では1000万円ほどで取引されている、超高級車ですが
サラッとしたたたずまいで、嫌味っぽくなくかっこいい~。

_s

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月 8日 (土)

雨、雨、雨の佐渡旅行(ドライブ)

8月8日から11日まで、家族で佐渡旅行へ行ってきた。
まぶしい太陽ときれいな海を期待して行ったんですが、あいにくの悪天候。
ちょっと悲しかったですが、佐渡をあっちこっち回って、自転車で来たら楽しそうな道がいっぱいあることを実感。
次回はぜひ自転車旅行をしてみたい。できたら山の中のルートをね。

080801

初日は新潟港からフェリーで佐渡の両津まで。
この日は両津のお祭りで、夜は花火大会。
しかしお祭りはかなりわびしく、ちょっと悲しげだった。

080802

二日目、朝起きたら外はどんより曇り空。
とりあえず佐渡の西海岸にある達者海水浴場へ。
しかし自動車で移動中にすでに雨がポツポツ。
写真は途中のひまわり畑と、版画美術館の中庭。

080803

とにかく雨でも無理やり海に入った。
海水は超冷たいが、ところどころ温かいところあり。
何やら地中から温水が湧き出している模様?
それでなんとか1時間くらい海に入っていたが、雨が本格的になり退散して、近くの温水プールへ向かいました。

080804

三日目も朝から雨。仕方ないのでお約束の砂金探し。
1回すくえば、小さな破片が一つは入っている感じで結構楽しめた。
嫁さんだけボウズでしたが。
そのあとは雨の合間をぬって、こちらもお約束のたらい舟。
これで15時間かけて、柏崎まで渡った女性がいるというので驚きです。

080805

こちらは宿根木の町並み保存地域。
レトロな町並みが迷路のように密集しています。

080806

4日目も天気はいまいち、海もどんより曇り空では入るのをあきらめました。
帰りのフェリーで、かもめ達と戯れたことが、せめてものすくいです。
まあこんな夏休みもあるさ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

吹奏楽部定期演奏会

FF21の倶楽部ランのため、いつものように7時半に平成の森公園に集合。
皆様に挨拶して歓談していると、ポツポツ雨が。あっという間にザーザーの本降りになり、本日の倶楽部ランは来週に延期。
といっても次週は家族旅行なので、参加できませんが。
解散となるものの、雨は相変わらず降り続き、仕方ないので雨の中を自宅へと向かう。
自宅に1kmと近づいたころには、すっかりずぶ濡れ。今更急いで帰っても仕方ないので、荒川土手をそのまま熊谷方面に向かう。
濡れてしまえば、あとは雨もたいして気にならず、静かなサイクリング道路を25km/hくらいでのんびり走る。一般道路な神経を使うところだが、雨のサイクリング道路は意外と気持ち良い。
少なくとも炎天下走るよりは、全然快適だ。たまにはこんな走りもいいかも。
ただし、自転車掃除が待っていなければ。

080201

約50kmほど走り、帰宅後すぐに自転車の掃除。以前ちょっと放置したら、チェーンが錆びて取り替えになってしまったので、本日は速攻、入念に2時間かけてお掃除。

倶楽部ランの予定がなくなってしまったので、午後は、来なくていいと言われた、娘が所属している吹奏楽部の定期演奏会へ行こう。
とはいえ1年生の次女は、まだ演奏させてはもらえないのだが。
嫁さんと三女と一緒に、定期演奏会会場へ到着すると、結構人が並んで待っている。
はっきり言って、中学生の定期演奏会、まあそこそこ聞ければいいだろうと、なめてました。
その認識は見事に裏切られ、演奏は実に楽しく感動的なものでした。
家族が演奏しているとか関係なく、充分楽しめる。
今の中学生の吹奏楽って、こんなにレベルが高いんですね。
なかにはスイングガールのような、ジャズっぽい演奏があったり、天地人のテーマのように、迫力ある曲目あったりと、本当に楽しめたし、何より演奏が堅苦しくなく、とても楽しそうなのが良かった。
今日ばかりは、雨に感謝。次回は娘の演奏が聴けるかな。楽しみ楽しみ。

080202

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

別府史之選手

7月27日に終了したツールドフランスで、なんと日本人として初めて
別府史之選手(112位)と、新城幸也選手(129位)が完走しました。
1903年から開催されていますが、日本人選手が出るのが13年ぶり2度目
前回は途中棄権していますから、今回が初完走なんですね。

3週間でコースの全長3500km、一日平均170km以上、山岳地帯での標高差2000m
以上のコースを平均時速40kmで走り切る、まさに超人たちの戦いですから
完走するだけでも、凄いことです。

普段レースはあまり見ないのですが、この快挙に感動したので、別府選手を描かせて
もらいました。

自転車仲間の方から、夜更かしばかりしてないで、練習にも出なさいということなので
明日は久々倶楽部ランに参加です。
そろそろ朝練を再開しないと、ほんと走れなくなっちゃいそう。

Beppu_s

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »