« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月28日 (日)

ツールド美ヶ原(当日) 2009

朝の4時半に起床し、準備を整えて5時半に松茸山荘から、浅間温泉の会場まで自転車で向かう。
今日の天気予報は晴れ時々曇りで、気温もだいぶ上がりそう。入念に水分補給をしておかなければと、スタート前にこまめに分けて約1Lの水分を摂取。
会場についたらまずは防寒着等の荷物を、運搬用のトラックに預ける。6時45分までに荷物を預けて、私のスタートの8時20分まで、けっこう待っている時間が長い。その間に入念にエネルギー補給しつつ、開会式やらを眺める。
スタート前に最も気を使うのがトイレで、朝一だと何かと調子がいまいち。一度トイレに行ったものの、排出できたのは昨日の食べた分の1/3程度といったところ。やはり前日に食べすぎたせいか、心なしか体が重い?

062805

2000人以上のエントリーがいるので、スタートといっても細かくグループ分けされ、時間がかかる。先にnekoJさん、banちゃんがスタートしていくと、段々緊張してきた。いよいよ自分のグループの番だ。まあ先が長いし、スタートダッシュはあまり関係がないから、後ろのほうからゆるゆるスタート。
心配していた集団も、温泉街を抜け直線の急傾斜の坂道にかかるころには、けっこうばらけていて一安心。しばらく激坂をひーひー言いながら問題の直線が終わりゆるいS字カーブに差し掛かかろうとするころ、突然左前方にいた自転車が、自分の目の前すれすれを横切りびっくり。事前にこの辺りでは、坂に耐えかね、無意識に横に走る自転車があると聞いていたので、なんとか回避したが、「おおお・・・・」と思わず叫んでしまった。その声に驚いたのか、前方をふらふら横切った自転車が、そのまま右側の路肩に突っ込み落車。やっぱりここは鬼門です。

062801

幸い問題のS字カーブは、たまたま自転車が一台も走っていない状態だったので、ダンシングで一気に通過。ここさえ通過してしまえば、あとは何の問題もない。ただ美鈴湖までは、結構歩いたりする人が道の脇にいるのでちょっと注意が必要。また目の前でフラフラと落車する人を3人ほど見かけたので、落車に巻き込まれないよう、周りの人を良く観察しないと危ない。
美鈴湖まで23分弱と前回の試走とほぼ同じペースだが、緊張のためだろうか試走の時より心拍数が高めでちょっと苦しい。

062802

さて美鈴湖からが本当の長い坂道の始まり。ここをどういうペースで走るかが肝心なところだが、今考えると失敗だったかなと思う。
心拍数160-165で走り、心拍数が160くらいになると、適当にダンシング心拍数を上げるという走り方は、ちょっと心拍数のムラが多すぎて効率悪いかも。
ラインどりも適当で、コーナーではインが空いているからと、ダンシングでインベタを登ってしまった。心拍数しか気にしてなかったので、ダンシングできるならまあいいかと思っていたが、第三チェックポイントあたりに差し掛かると、太ももの筋肉がぴくぴくつりそう。どうやら無駄な筋力を使ってしまったようだが、後の祭りである。
水分補給もちょっと失敗で、事前に水分の補給し過ぎで、げっぷしながら走る羽目に。気温も思ったより低めで、結局500mLのボトルの1/3くらいしか飲まなかった。

062803

まあそんな状態で、多少苦しみながらではあったが、それでもおおむね楽しく武石峠までやってきた。ここまでちょうど一時間半。試走のときとほぼ同じタイム、でもここで足はすでに売り切れ状態。稜線への最後の登りをクリアして、ここからゴールまでは下り基調。後はもうどうでもいいやと思い全力でこぎ倒し50kmオーバー。ここで楽しまなきゃやっぱり。
そしてゴール前の最後の登りでやはり大失速。全く足に力が入らす、ヘロヘロへロ・・・。
ゴールまでが遠かったこと、たぶんここで試走の時より2分以上余分にかかり、結局試走より2分以上悪い、1時間46分11秒でゴール。おまけに試走のときより疲れがひどい。
書き留めるほどの記録ではないけれど、後日振り返った時何かと役に立つので、恥しながらも記録しておく。

062804

大満足とはいかなかった結果だが、天気にも恵まれ無事完走したことを喜びたい。このあと nekoJ さんや banちゃんと合流して、途中記念写真を撮りながら下り、閉会式のある会場に戻る。
結局閉会式の後、抽選会が終わったのは3時近くであった。さてこれから宿に戻ろうと思って自転車を持つとなんか変だ?げっ前輪がパンクしてる。下るときは何もなかったのに・・・それでも会場に帰ってきてからのパンクで良かった。本番中にパンクしたらお手上げだった。
タイヤのチューブを交換して、宿に戻りひとっ風呂浴びた後、皆で無事帰宅したのでした。今日も一日楽しかったねえ。
今大会一緒にエントリー下さった、nekoJさんbanちゃんありがとうございました。

来年こそは1時間30分台を目指すぞ~ happy02 ファイト!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月27日 (土)

ツールド美ヶ原(前日) 2009

いよいよツールド美ヶ原本番前日、AM8:30にbanちゃんにピックアップしてもらって、nekoJさんともども、信越道を一路松本を目指す。
天気がいいので、渋滞するかも?と思ったが、きわめて順調に松本インターまで到着。

本来ならこのまま浅間温泉で、エントリーとなるのだが、まずは腹ごしらえと向かった先は、松本の隣山形村にある唐沢そば集落。前々から一度来てみたかったのだけれど、なかなか機会がなくて、本日やっと念願がかないました。
ここは数百メートルのエリアにお蕎麦屋さんが十数件。お蕎麦屋さんといっても、普通の民家みたいな店が多く、そこがなんともいい雰囲気。どこに入ろうかなあと思って、通りを一往復、縁側が気持ちよさそうなそば幸さんに決定。
お店は全く普通の民家、あまり古そうでもなく近所のおばちゃん家ってなかんじ。庭にちょっとした縁側の張り出しが作られ、こんな日には気持ちよさそう。
当然この席に陣取り、皆もりそば600円と天ぷらの盛り合わせ(800円)を注文。そばは細めの田舎そば、つるつるしこしこ美味しくいただく。量もそこそこ多くてこれで600円なら十分お得。
そして最後に出された濃厚トロトロそば湯が絶品。
席数は多かったのですが、なぜか本日は私たちのみで少しさみしい感じ。いつもならこんなことはないのですがと、ここのご主人も首をかしげてましたが。いつもはもっと多いようです。
さわやかな高原で、庭を眺めてのんびりそばをすする、至福のひと時でした。

062701

さて食事の後は浅間温泉のツールド美ヶ原のエントリー会場へ。昨年も来たけれど、さすが2000人以上のエントリーがある大会だけに、なかなか賑やかで、お祭りイベントが始まるんだなあと期待が高まる。
いろいろアトラクションなんかもあるみたいだけど、本日はさっさとエントリーを済ませて、ちょっと軽く汗を流しに向かう。

軽く走るのにちょうどいいコースの入り口を、前回の試走時に見かけたので、そこに向かう。その場所とは、安曇野を一望できる長峰山です。ちょっと前に自転車の雑誌に紹介されていたようだけど、ここに来るのは実は2度目。といっても30年くらい前になるから、記憶は本当にうる覚えですけど。

浅間温泉から、篠ノ井線田沢駅の近くに抜ける道の途中から山道に入っていきます。道は多少せまいですが、路面は良く車もほとんど走っていませんから、気持ちよくロードバイクで走れます。標高差300m余りをひと登りで光城山に着きます。ここは展望がないので、そのまま進んで長峰山へ。
うる覚えでちょっと迷いましたが、パラグライダーの発着所がある気持ちよい展望台がありました。北アルプスがかすんで見えるのがちょっと残念ですが、この時期はまあこんなもんでしょう。今日は日差しも強く暑い日ですが、山上に吹く風はさらりと気持ちがいいです。

062702

ひとしきり展望を楽しんだら、下山して車を停めている浅間温泉に戻ります。途中でーらぼっちの金○池なんてのがあったり、清らかな湧水の流れがあったり、安曇野は散策するには事欠かないところです。

さて本日のお宿、松茸山荘に向かいます。到着したらひとっ風呂、今回は前回工事中だった露天風呂が使えて満足満足。
風呂の後は、お楽しみの夕食。ここはお値段の割に夕食が豪華でボリューム満点。本来だったら大喜びなんですが、なんせ明日はレース本番。お酒もあまり飲めないし、食べすぎはもってのほか。でもこうも美味しいものが出されるとついつい・・・・結局食べすぎましたcoldsweats01

おなかいっぱい、もう食べられません。本番ではこの食事の大部分をおなかに抱えたまま、美ヶ原に登ることになったのでした。

062703

食事が済むと明日も早いので、皆でさっさと就寝です。昨年のように雨音に眠りを妨げられることもなく、本日は気持ちよく眠りにつくことができました。sleepy

翌日に続く・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

Alpine A110

Illustrator でフォトリアルなイラストを描こうと、一日頑張ったんだけど、途中でめげて、なんちゃってリアルになってしまいました。
集中力は、一日が限度かな・・・。
フォトリアルなイラストを描くには、やっぱり高品質な素材画像が必要のようです。
今度友達のセブンを描くことになっているから、その写真が楽しみ。

Alpine A110 は 1300cc ~ 1600cc OHV のエンジンながら、1973年のWRCで初代総合チャンピオンになったそうな。
こんな軽量級の車で、昔は戦っていたんですね。

Alpine_s

大きなサイズはこちら

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

Dino 246GT 艶々バージョン

ちょっと前に描いたディーノだが、いまいち詰めが甘い。
というわけで、ちょっと修正しました・・・・て、ほぼ描き直しに近いけど。

Dino_s

キーポイントは車のテカリ具合。
この辺はWeb2.0風、テカリボタンのテクニックで、簡単にテカリが再現。
本物とはちょっと違うけど、雰囲気的にはいい感じに仕上がりました。

大きいサイズはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

赤城山で最終調整(40km) ★★

ツールド美ヶ原がいよいよ来週に迫った。
ということで本日は本番前の最終調整で、いつもの赤城山を赤城神社から登ってきた。
朝6時に家を出て、いつものスタート地点総合運動場に近づくと、曇り空は霧雨となり、車のウィンドウを濡らす。
どうしようかなと思いつつ、駐車場でしばらく待つが、美ヶ原も良くてこんな天気だろうと登ることにした。結局8時過ぎにスタートし、まずは赤城神社へ。
一般的に赤城山のヒルクライム計測は、赤城神社より下のR353からなのだが、私はいつも赤城神社からがやりやすいので、ここから計測。一旦呼吸を整えて、ヒルクライム開始。
相変わらず霧雨が降っていて路面が濡れているが、まあ登りは問題ないだろう。ウィンドブレーカーをどうしようかと迷ったが、結局着ずに登ることにした。
まあこれが正解だったようで、登るには暑くもなく寒くもなくちょうどいい。雨もしばらく登ったら、ほぼ止んだ。
調子のほうは良いようで、前半は心拍数165キープを目安でいく。途中一番きつい展望台前の坂はさすがに170をオーバーしたが、そのほかは予定通り。途中コーナーの坂のきついところはなるべくダンシングでクリアを心がける。
展望台には約39分、なんとか今までのタイムを下回っている。展望台で一気に高まった心拍数を下げるまで、しばらく時間がかかったが、その後も順調に登って、結局1時間3分30秒。happy01
とりあえず今までの自己記録を3分ほど短縮できた、一時間切りも可能かも?
ちょっと気になった心拍数だが、最後がちょっとばて気味だったので、本番でずっと心拍数165キープは難しそうだ。やはり美鈴湖までが165その後が160ってところが妥当なせんらしい。

062001

結局小沼まで足を運んで、しばしあたりを散策。この辺は多少青空も見え、天気も回復しそう。蓮華つつじはすでにピークを過ぎていたが、それでも林の中に点在する朱色の花はあでやかだ。

しばし休息後、下ったのだが濡れた路面に神経を使い、ブレーキ握りっぱなしの腕はパンパン。スピードも20kmそこそこで走るのがやっとで、対向車とすれ違うのは要注意、今日は登りより下りがしんどい。
雨のためためらっていたローディー達も、徐々に活動を開始したようで、下りでは10人余りのローディーとすれ違う。きっとこの中に来週の美ヶ原に参戦する人がいるんでしょうね。

無事に下山したら、あたりの天気は回復して晴れ間が見えていました。本番前にあまり疲労をためるのもなんですから、このまま帰宅。午前中に本番前の最終調整は終了です。
後は本番の天気を祈るのみです。

走行時間 2時間30分
走行距離 36.6km
平均スピード 14.6km
最高スピード 52.9km
累積標高 1300m
平均ケイデンス 52
平均心拍数 134
消費カロリー 1497kcal

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

ツールド美ヶ原試走 (30km) ★★

ツールド美ヶ原もあと2週間、ここらでKコースを試走しておかないと。
ということで集まったFF21エントリーメンバー3人(nekoJさん、banちゃん、kan)+サポート1人(sugiさん)で、ツールド美ヶ原のコースを試走してきた。
banちゃんに皆さん自宅でピックアップしてもらい、高速道路を一路会場を目指す。
AM9:00には、豊科インター近くの安曇野スイス村に到着。ここからスタート地点の浅間温泉までの10km余りを、ウォーミングアップしながら自転車で向かう。
空も明るくなり、時折ポツポツ降っていた雨も、なんとか今日は大丈夫だろう。

浅間温泉会館で小休止。ここからおのおの自分のペースで、ツールド美ヶ原のゴールを目指す。
私といえば昨年このコースを試走して、2時間5分もかかってしまい、かなり凹んだ。今年は本番を目指し、かなりコンディションを調整してきたので、それなりにしっかり走ろうと思う。
美鈴湖までは、心拍数170前後で走り、その後は心拍数155前後で山頂を目指すつもり。今日の目標は1時間50分以内ってところ。

061401

さてスタートしてすぐに有名な激坂が待っている。昨年初めて走った時には、心拍数は限界の180を超え死ぬかと思ったが、三度目ともなると余裕がでるものだ。激坂といっても、本当にきつい個所は短く、今回はさほどきついとも思わなかった。ただ一か所、直線最後の小さなコーナーが鬼門。うまく登れるルートが極端に狭まり、巻き添え落車の危険大。ここさえ気をつければ問題ないと思うが。
昨年は全然余裕がなかった美鈴湖までだが、今回は多少ダンシングも交えて登れるようになった。なによりここでの最大心拍数が171というのは、すごく楽チンだったということだ。平均でも165と、余裕の心拍数。美鈴湖まで23分、なんだか今日は調子が良いぞ。

061402

美鈴湖で心拍数を下げて調整するつもりだったが、特に必要もなくそのまま武石峠までの長い上り坂にはいる。ここから坂の勾配はぐっと緩み、スピードもあげることが可能だ。とはいっても先は長いので力加減が難しい。当初心拍数155でいくつもりだったが、調子がいいので、160くらいでも大丈夫そうだ。スピードのほうは、心拍数しだいってことで。
心拍数が155くらいまでになったら、ダンシングで160くらいまであげるというのが、ちょうど具合が良いようだ。

061403

この調子で登って行くのは、実に気持ちがいい。試走ということもあるが、体調は完全に自分のコントロール下にあるので、苦しさはまったくなく、完全にヒルクライム・ハイ状態。昨年夏の乗鞍岳以来のハイな状態である。純粋にヒルクライムって楽しいなあ。

今日はツールド美ヶ原の本番も近いということで、ずいぶん多くの人が自転車で登っているし、下ってくる人ともすれ違う。この人の多さは白石峠以上だが、コースが長いのでさほどの混雑とは感じない。
昨年は何人かのローディーに抜かれて、しょっぱい思いをしたが、本日は抜かれることもなくラッキー。一応数人をパスして、ちょっとうれしい。catface

061408

武石峠を過ぎると、美ヶ原の台地の上になり、かなりスピードの出る快適コース。今まで抑え気味に登ってきたものの、ここからは全力で踏み込む。オーバー50kmで高原を突っ走るのは実に爽快。このコースのクライマックス、最後の登りではやはりへたれてちょっと失速したが、気持ちよくゴール地点の駐車場に滑り込んだ。
今回のタイムは1時間44分、目標の1時間50分は楽にクリア、何より全然苦しくなかったのがうれしい。本番では1時間40分きりが狙えそうだ。

061404

私が到着後すぐにbanちゃんが到着。山頂は涼しいものの、寒くていられないほどではないので、休憩所で温かい珈琲でも飲みながら、nekoJさんとsugiさんを待つことしばし。
少し心配していたが、約2時間30分で両氏ともゴールして、ほっと一安心。
実は今年もツールド美ヶ原にエントリーしたnekoJさんはは、すでに還暦を超えたうえ昨年末に胃がんの手術を受けたばかりで、現在も抗がん剤でリハビリ中。一昨年のタイムは1時間40分台とすごい人なのだ。これで今年もツールド美ヶ原走れますね。

休憩所で温かいうどんを食べた後、皆で写真を撮りながら下る。途中美鈴湖の売店で、お約束のソフトクリームをいただく。疲れた体には高カロリーで即効性のなるソフトクリームが実に美味しい。
その後車を置いた安曇野スイス村に向かうと、途中ポツポツ雨が。もう少し安曇野を走りたい気もしますが、今日のところは自転車を降りるとしましょう。

061405

少し時間的に早いので、温泉はお気に入りの「ファインビュー室山」へ向かいました。駐車場は混んでいたものの、風呂はさほどでもなく、安曇野を一望できる露天風呂で和やかに歓談です。

その後美味しそうなお店を探してうろうろ、結局穂高駅前の「田舎家」といううどん・そば屋に入りました。メニューのお値段はちょっと高め。しかしここで頼んだ、"わさびやまかけそば"が絶品。量も多めでおなかいっぱい、大満足でした。しかし後で調べたらここは味噌煮込みうどんがお勧めだということ。今度はぜひ味噌煮込みうどんを食べてみたい。

帰路はbanちゃんに運転をお任せしてしまい、非常に楽をさせてもらいました。coldsweats01
途中またもや雨が降り始め、そして最後には土砂降りで雷まで。
今日のヒルクライムは暑くもなく寒くもなく、最高のコンディションで、別なところでは雨というまさに狙ったような、ピンポイントコンディション。皆さんも楽しまれたようで、つくづくついていました。
次回は美ヶ原本番、今年は走りたいですね。

走行時間 3時間34分
走行距離 68km
平均スピード 19km
最高スピード 59.4km
累積標高 1550m
平均ケイデンス 58
平均心拍数 137
消費カロリー 2189kcal

061406

061407

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

スバル360

SUGI さんリクエストのスバル360です。

061301
大きいサイズはこちらから

スバルだし、適当に描いとこうと思ったのですが、描き始めると結構はまって、気合いを入れちゃいました。
とその前に、ぼう倶楽部のAさんから、いつものイラストの依頼が。締め切り15日って、短すぎじゃない?とぶつぶつ言いながら、3時間ほどで仕上げる。
そしてまたスバルのイラストの続き。
さすがに小さすぎの車で、格好がいまいちかと思って描いていると、いつしか曲線の美しさがじんわりしみてきた。やっぱり丸っこい車は好きです。

これくらい描けば、印刷に耐えるかなあ。・・・なんだかA3プリンターが欲しくなってきた。
本屋をふらふらすれば、やっぱり旧車っていいなあ。まあこちらは無理ですが。

次回はお友達の凸氏のセブン。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

FF21倶楽部ラン(若洲海浜公園)

今回の倶楽部ランの目的地は、若洲海浜公園。
以前子供と葛西臨海公園まで自転車で走った時は、途中の人の多さにうんざりしたが、まあ一度くらい海まで往復もやってみたかったので参加してみた。
海まで往復170kmほどだが、どうせ速く走ることは不可能な道だからたいしたことないだろう。

060701

朝9:00に秋ヶ瀬公園に集合、総勢22人で荒川沿いを一路海まで目指す。
しかし都内の荒川土手のサイクリングロードは、本当に走りにくい。厳重すぎる車留めゲートは、自転車に乗ったまま通過することは不可能。これでサイクリングロード?とは。
埼玉のサイクリングロードも走りよいとは言えないが、これほど最悪ではない。よく都民も我慢しているなあ、不思議だ coldsweats02
おまけに景色は変わらず、人と自転車もごちゃごちゃ。これはある意味苦行だ。

途中後輪のホイールのバランスが崩れ、タイヤがぶれぶれ状態なのが発覚。下手にいじるのもよけい悪くなりそうなので、今日はこのまま走って、帰りにセオサイクルで調整してもらおう。しかし乗っていても案外気がつかないものですね。

まあそんな状況でも淡々と走って、若洲海浜公園に到着。
海が近いというだけの公園だが、駐車場へ入るために車の大行列。
海といっても別段奇麗なわけでなく、先日お台場に行った時と同じく、海の色が赤黒く異様に濁っているのが不気味だ。正直海の匂いはかなり臭い。

それでも途中のコンビニで、お弁当を買って食事を済ませて集合写真。今日はしっかりおさまりました。

さてあの道を帰るとなると、かなりうんざりだが仕方がない。あまり大きな集団では、周りに迷惑なので、さっさとばらけて帰ろう。帰りは行きの半分くらいの人出で、多少走りやすい。
K氏と二人ちょっと抜け出して走っていると、後からFF21の集団が追いつき、そのまま追い越していく。
ちょっと人が多く、30km/hオーバーは迷惑かなとも思いつつ、60歳近辺の諸先輩に抜かれたままでは、さすがにまずいだろうと、追いかける。といっても100km近く走行し向かい風に33km/hはさすがに辛い。それにいたるところに車留めや、人がいるから、0km/h-30km/hの繰り返して、心臓の負荷も半端じゃない。
結局途中休憩はあったものの、秋ヶ瀬公園までこの調子で、当初のお気楽気分はどこへやら、最後はかなりヘロヘロ状態のツーリングとなりました。

ここで皆様とお別れして、上尾のセオサイクルに向かいました。ホイールが完全にいかれていたらどうしようと心配しましたが、なんとか張りの調整だけで無事もとに戻りました。やれやれ。
とりあえず海までの往復は経験できたので、もうしばらくは荒川沿いを都内に向かうのは遠慮しときます。

走行時間 7時間25分
走行距離 170km
平均スピード 23.1km
最高スピード 42.8km
累積標高 --
平均ケイデンス 77
平均心拍数 125
消費カロリー 3835kcal

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月 6日 (土)

ニューマシン

ニューマシンといっても自転車ではありません。
パソコンが壊れて、DELLの新しいマシンを購入して早一ヶ月。
10万円以下で、クワッドコア、4Gメモリ積んでofficeまで着いてる。
やっぱり早いマシンはいいなあ。何がいいかっていうと、やっぱりIllustratorがサクサク動くってこと。
Macromedia が Adobe に吸収合併され、FreeHand から Illustrator に移行したんだけど、前のマシンでは遅くてまともに使えなかった。ニューマシンでやっと快適に使えるようになった。それで現在いろいろ試行錯誤中。

自画像のイラスト描いてみた。だれか自分のBIKEとイラスト描いて欲しい人いる?
リクエストで何でも描けまっせ~。退職後の仕事にしようかなあと思案中 coldsweats01

060602

| | コメント (4) | トラックバック (0)

LANCIA STRATOS

neko j さんのリクエストのランチアストラトスです。
描いてもやっぱり特異な形ですね。
まあそれだけ、男心がくすぐられますが。

そしてランチアストラトスといったら、アリタリアのスポンサーカラーがきれいなことも特筆的。
なんかプラモデルのデカールを貼っているみたいではまります。

060601

大きいサイズはこちらから

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »