« ツールド美ヶ原(前日) 2009 | トップページ | DUCATI 900 SS DESMO »

2009年6月28日 (日)

ツールド美ヶ原(当日) 2009

朝の4時半に起床し、準備を整えて5時半に松茸山荘から、浅間温泉の会場まで自転車で向かう。
今日の天気予報は晴れ時々曇りで、気温もだいぶ上がりそう。入念に水分補給をしておかなければと、スタート前にこまめに分けて約1Lの水分を摂取。
会場についたらまずは防寒着等の荷物を、運搬用のトラックに預ける。6時45分までに荷物を預けて、私のスタートの8時20分まで、けっこう待っている時間が長い。その間に入念にエネルギー補給しつつ、開会式やらを眺める。
スタート前に最も気を使うのがトイレで、朝一だと何かと調子がいまいち。一度トイレに行ったものの、排出できたのは昨日の食べた分の1/3程度といったところ。やはり前日に食べすぎたせいか、心なしか体が重い?

062805

2000人以上のエントリーがいるので、スタートといっても細かくグループ分けされ、時間がかかる。先にnekoJさん、banちゃんがスタートしていくと、段々緊張してきた。いよいよ自分のグループの番だ。まあ先が長いし、スタートダッシュはあまり関係がないから、後ろのほうからゆるゆるスタート。
心配していた集団も、温泉街を抜け直線の急傾斜の坂道にかかるころには、けっこうばらけていて一安心。しばらく激坂をひーひー言いながら問題の直線が終わりゆるいS字カーブに差し掛かかろうとするころ、突然左前方にいた自転車が、自分の目の前すれすれを横切りびっくり。事前にこの辺りでは、坂に耐えかね、無意識に横に走る自転車があると聞いていたので、なんとか回避したが、「おおお・・・・」と思わず叫んでしまった。その声に驚いたのか、前方をふらふら横切った自転車が、そのまま右側の路肩に突っ込み落車。やっぱりここは鬼門です。

062801

幸い問題のS字カーブは、たまたま自転車が一台も走っていない状態だったので、ダンシングで一気に通過。ここさえ通過してしまえば、あとは何の問題もない。ただ美鈴湖までは、結構歩いたりする人が道の脇にいるのでちょっと注意が必要。また目の前でフラフラと落車する人を3人ほど見かけたので、落車に巻き込まれないよう、周りの人を良く観察しないと危ない。
美鈴湖まで23分弱と前回の試走とほぼ同じペースだが、緊張のためだろうか試走の時より心拍数が高めでちょっと苦しい。

062802

さて美鈴湖からが本当の長い坂道の始まり。ここをどういうペースで走るかが肝心なところだが、今考えると失敗だったかなと思う。
心拍数160-165で走り、心拍数が160くらいになると、適当にダンシング心拍数を上げるという走り方は、ちょっと心拍数のムラが多すぎて効率悪いかも。
ラインどりも適当で、コーナーではインが空いているからと、ダンシングでインベタを登ってしまった。心拍数しか気にしてなかったので、ダンシングできるならまあいいかと思っていたが、第三チェックポイントあたりに差し掛かると、太ももの筋肉がぴくぴくつりそう。どうやら無駄な筋力を使ってしまったようだが、後の祭りである。
水分補給もちょっと失敗で、事前に水分の補給し過ぎで、げっぷしながら走る羽目に。気温も思ったより低めで、結局500mLのボトルの1/3くらいしか飲まなかった。

062803

まあそんな状態で、多少苦しみながらではあったが、それでもおおむね楽しく武石峠までやってきた。ここまでちょうど一時間半。試走のときとほぼ同じタイム、でもここで足はすでに売り切れ状態。稜線への最後の登りをクリアして、ここからゴールまでは下り基調。後はもうどうでもいいやと思い全力でこぎ倒し50kmオーバー。ここで楽しまなきゃやっぱり。
そしてゴール前の最後の登りでやはり大失速。全く足に力が入らす、ヘロヘロへロ・・・。
ゴールまでが遠かったこと、たぶんここで試走の時より2分以上余分にかかり、結局試走より2分以上悪い、1時間46分11秒でゴール。おまけに試走のときより疲れがひどい。
書き留めるほどの記録ではないけれど、後日振り返った時何かと役に立つので、恥しながらも記録しておく。

062804

大満足とはいかなかった結果だが、天気にも恵まれ無事完走したことを喜びたい。このあと nekoJ さんや banちゃんと合流して、途中記念写真を撮りながら下り、閉会式のある会場に戻る。
結局閉会式の後、抽選会が終わったのは3時近くであった。さてこれから宿に戻ろうと思って自転車を持つとなんか変だ?げっ前輪がパンクしてる。下るときは何もなかったのに・・・それでも会場に帰ってきてからのパンクで良かった。本番中にパンクしたらお手上げだった。
タイヤのチューブを交換して、宿に戻りひとっ風呂浴びた後、皆で無事帰宅したのでした。今日も一日楽しかったねえ。
今大会一緒にエントリー下さった、nekoJさんbanちゃんありがとうございました。

来年こそは1時間30分台を目指すぞ~ happy02 ファイト!

|

« ツールド美ヶ原(前日) 2009 | トップページ | DUCATI 900 SS DESMO »

コメント

お疲れ様!!
 やはり大会になると、マイペースは難しそうですね、ジグザグ走行で進路を塞がれたり、オーバーペースに引き込まれるとか、在るのでしょうね。パンクもレース後で良かった。
 試走の時には咲いて無かった、山頂付近の花が咲き乱れ、とてもきれいな景色に変わっているではないですか。天気も良く最高!

投稿: sugi | 2009年7月 1日 (水) 04時44分

やはり本番は、思った以上に自己制御が難しかったです。ラインも自分の好きなところが走れるわけじゃないし、ついつい必要以上に力が入ってしまいます。
それでもなんかうきうきして、やっぱり苦しいけど楽しい。レースの中でヒルクライムが一番性に合っているのかなcoldsweats01

投稿: | 2009年7月 2日 (木) 02時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/45501870

この記事へのトラックバック一覧です: ツールド美ヶ原(当日) 2009:

« ツールド美ヶ原(前日) 2009 | トップページ | DUCATI 900 SS DESMO »